忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    スープストックトーキョーにて朝。
    駅ターミナルがあるところ。
    あるいは駅の改札口からつらなる地下街やアーケード街の中に、かならずみかけるようになったココ。

    7e7687d0.jpegほんの数年前までは、港区ブランドの代表みたいな店だった。
    外資系のオフィスが入った大型ビルや、地下鉄の駅。
    ちょっとクセのある商業ビルがココの定位置。
    あぁ、ココにもあったんだって遭遇するとなんだかゴキゲンな気持ちになれた。
    そのありがたみがちょっとなくなり、不思議とそれが足を遠ざける理由になってる。
    利便性を高めるコトが、来店頻度を高めぬ不思議がオモシロい。
    今日もオマール海老のビスクにしようと、やってきたらば季節のメニューにトムヤンクンっていうのがあった。
    あたかも外は熱帯のごとき湿気に温度。
    フランス的よりアジア的なるスープがボクを大声で呼ぶ。
    それでコレ。

    スッキリとしたクリアなスープ。
    程よき酸味と程よき辛味。
    程よき旨味とバランス良くて、優等生的におだやかな味。
    商品開発スタッフがほぼ女性であります故の、女性好みにできた味。
    それが支持され、こうして繁盛してるんだろうけど、習慣性を生まぬ端正。
    心に残らぬ理論派な味。
    まるで食品メーカーが研究室で作り出した、カップスープのような味わい。
    女性至上主義が確立する前にできた、ビスクやボルシチなんかが持ってるしぶとい個性がほんの少しでもあればいいのに…、って思ってしまう。
    しょうがない?

    23b804f2.jpegコリアンダーの葉っぱが2枚。
    オクラが2本にヤングコーンがこれまた2本。
    エビのダンプリングが2個入ってて、どれもスープと一緒に煮こまれたモノじゃない。
    スープをはった陶器のカップに、トングでつまんで入れて沈める。
    律義なほどの「個数・本数潔癖主義」で、チェーンストアって奴…、って思う。
    スープは大きな鍋をグルッとかき混ぜて、レードル一杯、二杯とボウルに注ぎ込むモノであってほしいなぁ…、ってやっぱり思う、なやましい。
    胡麻をタップリ含んだご飯。
    塩の風味が絶妙で、もしかしたらばココで一番好きな料理かもしれない(笑)。
    これだけ食べても十分おいしい。
    ホツホツとした胡麻の食感、硬めのお米がまたおいしくて、まるでにぎらぬおむすびみたいな食感すらする。
    さてさて仕事…、と移動する。

    今日は朝からちとせわしなく、それで朝を四ツ谷でとったついでにおむすびを買う。

    bcb9c25e.jpeg自分で好きな具材を使って、わざわざむすんでもらったおむすびで、お弁当を作ってもらうコトもできる。
    ちょっと時間はかかるけど、正真正銘の出来立て弁当が買えて当然、それもよい。
    けれどお店の棚に事前に作って置かれてる、お弁当パックも売っている。
    おむすび2個に玉子焼だとか揚げウィンナさん。
    それから鶏の唐揚げがつき、これでポッキリ、500円。
    ワインコインという値段がちょっと魅力的にて、棚を眺める。
    もし、好みの具材の組み合わせがあったらこれもいいかなぁ…、とちと真剣に。
    そしたらあった!
    梅干しのおむすびに、おかかとしらすのおむすびが一緒になったモノ。
    よっしゃと買って、それで昼。

    ここのおむすび。
    不思議なほどに冷めてもおいしい。
    海苔がシットリ。
    ご飯にはりつき磯の香りが容赦なく、おむすびの中の中にまで染み込んでいる。
    ご飯がホツホツ。
    口の中でハラッとほぐれて一気にちらかり、なのに噛むとムチッとひとつにまとまりはじめる。
    手塩の味が馴れて旨みにキチッとかわり、甘みさえ持つ。
    オゴチソウ。

    d52a4003.jpeg今日は満員電車の車両に特攻隊のごとく突進して乗った。
    買ったばかりのおむすびを入れた鞄を両手に、人と人との間にスッと体をすべりこませて、よし間に合った。
    ホッとした瞬間、電車が動いて体がぐらっと傾いて、隣の人と軽く触れ合う。
    それに合わせてグシャって何かが潰れる音が足下でする。
    イヤな予感に、それでも鞄の位置を変えるコトがかなわず、一駅過ごす。
    それで会社で鞄をあけたら、あぁ、やっぱりネ。
    おむすび入れたお弁当パックが半分ゆがんで、潰れてた。
    中のおむすび。
    梅のは無事で、けれどしらすの方はグシャッと潰れていびつになってた。
    ゴメンなさいネ…、って言いながら口に含んでいとおしむ。

    甘くてプチュンとプリンもような玉子焼き。
    生姜の風味が元気を誘う鶏の唐揚げ。
    噛むとクチュっと肉の旨味を吐き出すウィンナソーセージ。
    どれも子供の弁当の定番中の定番で、遠足気分にしてくれた。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ヨーグルン HOME 丸トの夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]