忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ドトールコーヒーでちょこっと休憩。

    a7bc37ba.jpeg季節の冷たい飲み物。
    「ヨーグルン」っていうのをためす。
    フローズンヨーグルトと言うよりも、ヨーグルト味のかき氷みたいなちょっとシャリシャリした食感。
    これ専用の太いストローで、ズズッとすすりあげてたのしむ飲む氷菓みたいな感じ。
    ストローの中ではまだかき氷。
    口の中に入った途端に、サラッと溶けてドリンクヨーグルトになっていく。
    甘みひかえめのやさしい味わい。
    ヨーグルト独特の淡い酸味が、ジンワリ喉にしみてくる。
    勢いついてゴクゴクやると、頭の奥がキーンといたくなってくる、そんなところはかき氷似でとてもさわやか。
    かなりの上出来。
    飲んでたちまち、オキニイリ。

    それにしてもこれ。
    かなりブレークしているように見受けます。
    たまたまだったのかしれないけれど、3人に1人の割りでヨーグルンをたのんでく。
    これだけ暑いと、アイスコーヒーレベルの冷たさでは間に合わないのかもしれません。
    夏休みがはじまったというこのタイミング。
    子供の喉に適した飲み物。
    それからシニアの人たちが連れ立ってこれを飲みにきていた。
    苦くないし体にやさしいような気がして…、ってユックリ時間をかけてたのしむおじいさまやおばあさま。
    駄菓子な感じがするのがいいのかもしれません。

    a74114a7.jpegホットドッグをおやつに食べる。
    相も変わらずプチュンとたのしい歯切れの食感。
    フッカリしたパン。
    けれど表面、サクッと軽く焼き上がっててムッチリ前歯に抵抗するよな噛み応えがある。
    今日はお店の人にちょっとお願い。
    フレンチマスタードを多めにのっけてくださいな…、ってそれでタップリ。
    酸味を帯びたやさしい辛さで、口と頭をシャキッとさせた。
    顎がおいしく不思議と元気がやってくる。
    食べて、ゴクンとヨーグルンにて仕上げをします。
    ほとんど溶けてシャバシャバすると、溶けてしまったかき氷感がにわかに高まる。
    今日飲んだのはミックスベリー。
    ヨーグルンにはもう一つ、マンゴーパッションという味のもあった。
    次はそれだな…、って思ったりする、また来よう。

    ところでちょっとたのしいコレ。
    フリップやボールまでもが全部CGというフルデジタルなピンボールマシンがまもなくできる…、らしいのですね。
    マドリッドとバルセロナのナイキショップにおかれた試作機。
    実際にプレイしている動画をみると、ボールを弾く感触がデジタル的に作られている。
    テクノロジーってなんだかスゴイ…、って思ったりする。



    ゲーセンにある、デジタル的なるアーケードゲームが苦手なボク。
    けれどピンボールマシンは大好きだった。
    音に振動。
    体に直接伝わってくる、「生の機械」と触れ合っている実感とでも言うのでしょうか。
    デジタル的なマシンにはない生々しさにかなりハマった。
    アメリカのバーの片隅に必ずあって、バドワイザーを飲みながらみんなでワイワイ、盛り上がるのがたのしかったりしましたなぁ…。
    なつかしい。
    あの生々しさがもしこうやってデジタル的に再現できるとしたらばこれも、ひとつのバーチャル。
    どこまでいくの?…、テクノロジ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ドトール
    ドトールと言えば、オルゾーラテ!と思っていましたが、新たな好敵手が参上しましたね。ヨーグルト好きには堪らないかも知れませんね。
    近いうちに絶対試してみます。
    オレンジさん / 2010/07/27(Tue) /
    コーヒーだけじゃない
    > オレンジさん
    コーヒーだけじゃない、たのしい飲み物。
    ドトールコーヒーの商品開発って、日本ならではを良くしったうえの心憎さを感じさせますよね。
    これ、本当においしいです。
    ぜひ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/28(Wed) /
    夏の楽しみ♪
    ドトールでこんなものが出ていたとは!
    驚き and 是非試したいですo(^-^)o

    今秋の資格試験勉強でこの手のコーヒーチェーン店には
    よくお世話になりそうなので、ことあるごとに飲むことになるかも…(笑)
    setsunaさん / 2010/07/28(Wed) /
    無題
    ドトールってほんとに開発がうまいといつも思います。
    といっても昔アルバイトをしてたことがあるので、ちょっと贔屓目になってしまってるのかもしれませんが。
    限られたカウンター内で、複雑すぎないメニューを増やすのはすごいですね。
    しかも味も納得いくようにして、価格も手ごろ。
    10年ぐらい前に、ロイヤルミルクティーのフローズンドリンクがあったのですが、復活してほしいと今でも思います。本当にうまかったから。
    ドトールは気軽だけど、結構記憶に刻まれてることを改めて認識しました。
    Emmanuelさん / 2010/07/28(Wed) /
    夏らしさ
    > setsunaさん
    日本の夏にピッタリな味わい。
    スタバのフラペチーノとはまるで違ったおいしさがあります。
    本当にオキニイリ。
    毎日でもOKかなぁ…って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/28(Wed) /
    フローズンミルクティー
    > Emmanuelさん
    覚えています、フローズンロイヤルミルクティー。
    おいしかったですよね。
    まろやかな中に紅茶の渋味が上手に溶け込んで、適度な甘さにコクあるうま味。
    あの小さなカウンターの中でまるで魔法のように出来上がっていく、さまざまな飲み物や料理。
    がんばってるなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/28(Wed) /
    ドトール恐るべし
    ドトール、やりよるなーと思うことがシバシバですねー。ヨーグルン、激うまし!! タリーズのロイヤルミルクティースワークルに匹敵。もうひとつ私のマイブームはミラノサンドタイ風チキンです。週に3回くらい食べてる。。気泡多めの軽いパンがベトナムのバインミーを思わせます。大根なますみたいのもちゃんと入ってるとこがニクイ。
    イトーユキさん / 2010/07/28(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    魚久・あじみせ・昼ご飯 HOME 朝のスープにおむすびの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]