忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    恵比寿で小さなイベントがあり、それで昼を恵比寿でします。

    tksm.jpgガーデンプレイスの中にある三越の地下。
    食品売り場の中に、イートインコーナーがありました。
    中国料理やベトナム料理、あるいは寿司や和食のお店がテイクアウト用の厨房を持ち、そこで作られたできたて料理をその場で味わいたのしめるという気軽なお店。
    中でも好きなお店が一軒。
    滋賀県で、近江牛専門の肉屋さんとして有名な「徳志満」さんがやっている店。
    たった5席の肉の天国。

    近江牛…、日本三大和牛のひとつでもある、黒毛和牛のプレミアモノ。
    世界的にも有名な、神戸ビーフは実は神戸から船積みされた近江牛だった、という、それほど見事で素性ただしい高級牛をお重でどうぞ、という趣向。
    ちょっと奮発。
    近江牛肉重、1470円なりを選んで食べる。
    ちなみに画像ののれんですけど、お店の内側からとった画像を左右反転しています。
    いろんなところが鏡面反転になっていて、間違え探しのようであります…、ご了承!

    c4a416ea.jpeg塗りのお重に塗りの蓋。
    一緒についてやってくる、汁のお椀も蓋付きでゴチソウ食べるぞ…、って気持ちがかなり盛り上がる。

    蓋をとったら、いきなり肉の匂いにむせかえります。
    熟成のほどよくきいた上等な肉。
    脂が焼けるときに発する甘い香りと、タンパク質が焼けてうま味に変わるときに、発するネットリ、粘るようなコクある香り。
    ご飯の上を隙間なく、ギッシリ埋める肉の姿に、否応なしに気持ちが上がる。
    たまらない。

    ご飯の上に甘辛く煮こまれた近江牛。
    脂と赤身のバランスが良いのですネ…、ヒラヒラ、まるでフリルのように透き通って縮れた脂がほどよい量で、しかも甘くて風味が豊か。
    肉だけつまんで、口に入れると…。
    旨いねぇ…!
    思わず顔がほころんでくる。
    ホツホツとした固めご飯に牛の脂がほどよく染みこみ、ご飯自体の格をあげてくれてるような。
    それほど肉のうま味に舌がよろこぶ感じ。

    eeab7685.jpeg箸で探ると、お肉の下にうっすらご飯の層があるばかり。
    肉とご飯が半分半分くらいなほどに肉がタップリ使われている。
    腹一杯にするのでなくて、肉をおいしくたべるため。
    熱々ご飯を下に少々、添えました!
    そんな感じがとても贅沢。

    味はスッキリ、醤油の風味が味のメインで、砂糖も味醂もかなり控え目。
    あくまで肉の旨味と脂のコクを召し上がれ。
    肉以外には笹掻きゴボウがほんの少々。
    これさえ風味と食感に変かをつけて、肉をおいしく食べる工夫でしかない感じ。
    堪能です。
    実はこれ。
    温泉玉子が本来、付いてる。
    けれど温泉玉子があまり好きでないので、抜いてくださいとお願いをした。
    さすがにコッテリ。
    容赦ないほどの肉のうま味に口が疲れてしまうほど。

    よければどうぞ…、と黒七味。
    なんと原了郭のでございます。
    ゴマの香りと山椒のしびれが肉の脂をやわらげる。
    よきパートナー。
    しかもなにげに、
    というのが粋でござんす…、お腹以上にココロがじんわり満たされる。

    食後に氷…、同じ三越の食品フロアに、今限定の売店がある。

    5380f9a8.jpeg日光自然氷を使っている、って言うのが売りで、思わずフラッと。
    自然に凍った天然氷。
    それを氷室で保管して切り出しそのままシャカシャカ削る。
    この氷室って、日本に5軒を残すのみ。
    そのうちなんと3軒が日光市内にあるんだそうです、そのひとつ。
    注文するとこもにくるんだ氷の塊を、そっと抱き上げかき氷器の上にのっける。
    いとおしそうに扱う姿に、思わずウットリ。
    シャカシャカ。とても軽快に氷が削れて、器の中に積もってく。
    とても涼しげ。
    みるみるうちに器の中に雪の小山が出来上がり、シロップまとう瞬間を待つ。

    何種類かのシロップがある。
    イチゴにメロン、レモンなんかのいわゆる普通のシロップや、トチオトメを使ったプレミアムジャム。
    変わったところでは、栃木名物のレモン牛乳をかけたモノまでいろいろあって、でもオススメは砂糖のシロップ。
    黒糖シロップ。
    あるいは和三盆を焚いてシロップにしたものがあり、後者を選ぶ。
    真っ白だった雪の小山が、コーヒー色に化粧する。

    kori.jpg氷なのに、乾いた感じがするのです。
    湿気を含まぬパウダースノーをシート状にした感じ。
    それが砂糖のシロップまとい、シナモンロールのように見えるのがオモシロイ。
    スプーンを入れると、キュキュッとくすぐったくなるような音がする。
    雪を足で踏みしめる。
    そんな音がして氷がフワッと持ち上がる。
    驚くほどに軽いです。
    空気をタップリ含んでて、けれどしっかり固まっている。
    氷と空気が折り重なって出来上がっている。未知の繊維の帯のよう。

    舌にのせると、あら、冷たい。
    舌が冷たいだけじゃなく、口の中全体の温度がストンとさがるほど。
    見た目はかなりはかなくて、なのに舌にのっけてもしばらくそのまま、氷のままでいてくれる。
    砂糖がやさしい甘みをにじませ、なのに氷の味がする。
    氷の味…。
    それがどんな味か?と聞かれると、説明するのにかなりこまるけど、水の香りと舌をギュギュッとつねられるような痛さを甘みと舌が勝手に思い込むでしょう。
    不思議なほどに味わい深く、しかも溶けても氷の味がするのがなんだかスゴいとこ。
    シャリシャリ、ふんわり。
    サラッと喉に流れこむ、冷たい氷にウットリします…、9月中旬までのゴチソウ、機会があったらまた来よう!
    体を中からカチッと冷やして、これから仕事といたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うらやましい
    つい宇治ばがり選んでしまいますが
    氷を楽しむのに一番いいのは
    黒蜜とかですよねぇ
    和三盆を焚く,なんて贅沢!
    佐藤Rさん / 2011/08/17(Wed) /
    あまりに優しくあまりに旨く
    > 佐藤Rさん
    口の中でサラサラとけていく、それがあまりに勿体無くて、もっと口の中にとどめおきたくなるおいしさでした。
    あまりに優しく、しかもおいしい。
    大人の夏…、って感じでした。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/17(Wed) /
    無題
    恵比寿三越、ここ何年も行っていませんが、この近江牛肉重はかなり惹かれます。

    そして日光四代目徳次郎の氷!
    よくいくスーパーにここの氷置いてあるのです。
    夏はたまぁに買ってうちでかき氷を作ります。

    今日は虎屋で宇治氷いただきました。
    宇治蜜もおいしいのですが、底の和三盆蜜が楽しみなんですよね。
    あーたさん / 2011/08/17(Wed) /
    無題
    このかき氷食べたいです!
    絶対、食べに行きます!
    サカキさんのブログを見る度に行きたい所が増えて、困っちゃいます。ww
    lovekuma69さん / 2011/08/17(Wed) /
    恵比寿
    > あーたさん
    ガーデンプレイスは実は、開発段階のマスタープラン作りに参加しておりまして、一際、思い入れの強い場所であります。
    この地下二階のフロアも、思い出深い。
    今日は本当に懐かしかったです。

    虎屋の宇治金時。
    今週末あたりが食べごろかなぁ…、なんて狙っております。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/17(Wed) /
    9月中旬
    > lovekuma69さん
    9月中旬までのおたのしみです。
    天然氷を食べるために小旅行をする人がいるくらいですから、恵比寿のこの店。
    ありがたいです。
    冷たい綿菓子みたいな食感。
    ぜひ、試してみてください。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/17(Wed) /
    すぐき漬け
    お久し振りです、サカキさん。
    いつも 楽しみにしていますが、ここは 驚きました。徳志満です。10年ほど前まで常連でした。お肉の美味しさは特上ですし 器も土もののあたたかい触感。そして 白いご飯には すぐき漬けが添えられていました。滋賀県を離れてから 一度も訪れていない懐かしい最高級の味です。紹介下さって有難うございます。早速 のれんをくぐります。
    ゆかさん / 2011/08/17(Wed) /
    たおやかな店
    > ゆかさん
    百貨店の食品売場。
    壁でシッカリ仕切られているわけでもなくて、ちょっと屋台で食べてるみたいな気軽な雰囲気。
    にもかかわらず、椅子に座るとたおやかな空気がフワッと流れてくるのがとてもステキで、ご飯も肉も、そしてお汁もとても上等。
    ステキなお店でありました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/18(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    歯を磨きましょ、そして夜 HOME ホントに最後の壁の穴
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]