忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    おうちご飯で朝カレー。
    というのも、友人が岡山からレトルトご当地カレーを土産にくれてそれをちょっとためしてみようと。

    597e7ab4.jpegご当地カレーのレトルトパック。
    今、ちょっとしたブームなようであります。
    昨日も夕方の番組で、ご当地カレーの番付特番をやっていたりした。
    いろんな素材との相性がいいからなんでしょう。
    カレーと言ってもいろんな流儀、いろんなタイプがあるから素材の個性を殺さず独自なものを作れるってところもいいんでしょう。
    レトルトを温めるだけで食べられるってところも、手軽でその点がご当地ラーメンにはないアドバンテージかもしれないな…、なんて思ったりもする。
    で、今朝の岡山ご当地カレー。
    白桃カレーとピオーネカレー。
    さすがフルーツ王国であります、どんな仕上がりなんだろう…、ってワクワクしながら作ってみます。

    8faacbac.jpeg当然のことなんだろうけど、普通にカレーになっているのにちょっとビックリ。
    白桃カレーは甘酸っぱい、トマトカレーみたいな味わい。
    角切りの桃が煮込まれていて、それがシットリみずみずしい。
    画像はピオーネ。
    袋をあけると赤ワイン煮のようなコクある香りがポワン。
    味もちょっとそんな感じで、これはなかなかおいしく出来てる。
    言われてみないと桃やぶどうがはいってるってはなかなか思わぬ。
    遊び心を食べるよな、お土産物にはいいんだろうなぁ…、ってそんなことを思ったりする。
    例えばワインバーや居酒屋の〆の一品にこうしたご当地レトルトカレー。
    いくつか揃えてテイスティング気分で食べる…、なんてサービス。
    面白いかもしれないなぁ…、って思ったりもした。
    どうだろう。

    ad70e49c.jpegカレーの口直しもかねて一品。
    キュウリを細く千切りにしてツナの缶詰。
    塩と胡椒で下味付けて、芥子マヨネーズで和えたもの。
    サラダのような洋風おひたしみたいな感じの青いお料理。
    シャキシャキ歯ごたえたのしくて、カレーでホットになった口の中、涼しくさせる。
    なによりキュウリはみずみずしくて、食べ進むうちにボールの底に緑の水がたまってくるほど。
    朝の体が中からじわっと潤ってくる。

    実は昨夜、寝る前に玄米ご飯を炊飯器にセットしてタイマーかけて朝炊き上げた。
    だから今朝はご飯が炊ける匂いと一緒に目が覚める。
    なんだかそれだけで、ちょっと幸せな気持ちになった。
    日本人。

    ところで昨日、コンビニエンスストアーでみつけたこれ。

    ae12b2f3.jpegキリンの世界のキッチンシリーズの久しぶりの新作一本。
    グレープフルーツ・ビネガー&ミルクって、こりゃなんだかおもしろそう…、ってのを買って飲む。
    お酢を使った飲み物って、すっかりひとつのジャンルになった。
    黒酢とフルーツジュースの組み合わせなんて、確かにスキッとお腹や喉を爽快にする。
    ラベルに「ヨーグルト風の味わいです」とも書いてある。
    さてさて、どんな?って、飲んではみるけど、こりゃ複雑です。
    コッテリとした濃厚なまったりとした飲み口で、最初にグレープフルーツの苦みがきます。
    ここまではよい。
    そしてミルクの風味が出て来て、最後にお酢の直接的な酸っぱさがドスンと襲う。
    襲ってそれがしばらく居座る。
    居座った上、なかなかそれが消えていかないのに辟易しちゃう。
    ゴクゴク飲む飲み物じゃない。
    ユックリ、コックリ、味わいながら飲む飲み方がいいのかなぁ…。
    「これは体においしい飲み物なんだぞ」って頭にいい聞かせながら飲めばいいのか、って思ったりもした。
    むつかしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    酢ミルク
    お久しぶりでございます。
    お体の具合はいかがでしょう?


    このフルーツビネガー&ミルクは気になってたんですよ~(><)
    頭に言い聞かせて飲むものというのは
    ちょっと寂しい気もしますね。
    それにしても、ミルクとお酢で固まらないのが少し不思議です。
    setsunaさん / 2009/11/21(Sat) /
    ……
    なんといいますか……


    他の果物産地でもそうだと思うのですが,
    甘すぎて(おそらく流通に載せてしまうとだめになってしまう)桃やブドウをただで頂いたりすると,どうもお金を出して買うのがちょっとためらわれてしまいますね.



    フルーツそのものに酸味がもう少し足されると良いのになと思ったりします
    佐藤Rさん / 2009/11/21(Sat) /
    勇み足?
    > setsunaさん
    お酢が勇み足をするような、そんな味わいなんです。
    酸っぱいモノが好きならばこれはこれで面白い味なのかもしれません。
    乳製品+お酢の組み合わせ。
    確かにどうすればこんな滑らかな仕上がりになるのか、不思議でしょうがありません。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/21(Sat) /
    昔の果物
    > 佐藤Rさん
    昔の果物はもっと酸味や渋味。
    あるいは堅さや力強さがあったような気がします。
    食べ易さを追求しすぎた果物が失ったもの。
    大きいなぁ…、って思ったりします。

    フランスはベリーが日に日に美味しくなる季節ではありませんか?
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/21(Sat) /
    ワンパクでもいい
    たくましく育っちゃった味ですものね。
    庭なりのミカンだの柿、桃、杏etc.

    日本カレーって、守備範囲の広さが素晴らしいですよね。

    たばきちさん / 2009/11/22(Sun) /
    自由自在
    > たばきちさん
    変に気取りの無い、かたくななルールもない自由自在なたのしい世界。
    カレーって、遊び心に溢れたステキな料理だって思います。
    ラーメンとちょっとそこが違うところ。
    それにしても、最近ちょっとカレーづいているような気がします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/22(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ピッツァサルバトーレ HOME 鍋焼きで〆る寒い夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]