忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、弁当を作ります。

    c82ce554.jpeg一人ご飯をたのしくさせる一工夫。
    玉子焼をクルンと焼きます。
    刻んだネギをちょっと混ぜ、白出汁と砂糖で甘めに味付け。
    出汁をタップリいれたからでしょう…、フワフワしっとり、砂糖で焦げ目もキレイについた。
    よく溶いたつもりだったけど白身がところどころで塊りマーブル模様ができあがる。
    魚肉ソーセージを細く切り、ケチャップで焼く。
    フライパンにケチャップ入れた直後はサラサラ。
    炒める間にどんどんそれにトロミがついて、テカテカしてくる。
    ピンク色したソーセージの表面にほどよく焦げ目がついてきて香りも甘くて香ばしい。
    冷凍焼売を揚げたモノ。
    ブロッコリを軽く炒めてアンチョビソースを絡めたモノを、ギッシリ詰めたご飯の隙間にカチッと詰め込む。
    目分量で作ったモノが、ぴたっと弁当箱におさまる。
    それが快感。
    熱々ご飯を丼軽く一杯分をギシッと詰めて、だから箸を直角に入れクイッと上げるとまるでおにぎりみたいな飯の塊、持ち上がる。
    いろんなおかずの味がまじってひとつになるのが、お弁当のおいしいトコロ。

    4f991941.jpeg一緒にお汁を作ります。
    砂抜きをした大ぶりアサリ。
    刺身の切り落としっていうのが大安売りで、シャケのハラスにマグロにハマチ。
    どれも脂ののった切り身で、鮮度抜群。
    形が半端なだけというモノ。
    出汁をひいた鍋にまずはアサリをいれて、うま味を存分にひきだしながら味噌をとく。
    田舎の甘めの白味噌を薄めに溶いて、そこに魚をいれてクツクツ。
    魚を入れた途端に脂がキラッとでてきて、そこにすった生姜を少々、お椀にうつし、ゴマと三つ葉をパラッとちらして出来上がり。
    ハフハフ、旨い。
    脂ののった鮭の香りとプルンとなめらかなたのしい食感。
    カチッと固まるマグロの食感、貝のうま味も見事なモノで、まるでこれがメインの一品。
    お腹の底からあったまる。

    ところで…、今、オリンピックで湧いているカナダがらみの話題をひとつ。

    人は先入観の生き物…、って言われますけど例えば牛乳。
    日本に住んでいると、それは紙のパックで売られるのが当たり前って思ってしまう。
    昭和の時代が長かった人には、「紙パックとガラス瓶」で流通するモノ…、ってなるかもしれない。
    ところがアメリカに行くと牛乳はプラスティックのボトルに入って売られるモノ。
    エンボス加工で不透明のハンドル付きの巨大なボトルがずらっと並ぶ光景をみると、この国の男の子はこれをガブガブ飲んでアメリカンフットボールの選手になってくんだね、って思ったりする…、アメリカ的。
    ところがなんとあのカナダでは紙パックでもなく、ガラス瓶でもプラスティックのボトルでもない方法でミルクが売られているという。



    日本人には分かりやすい英語でござった。
    いきなり「アメリカ人はバッグ入りのミルクを知らないって、ワタシ昨日初めて知ったのよ」ってすっとんきょうにはじまるビデオ。
    アメリカ人のみならず、日本人のボクも存じ上げませんでございました。
    でも、ビデオをみればなるほど結構、合理的。
    そう言えば、韓国ではこれほど大きくはないけれど小さなプラスティックのバッグに入ったジュースを売ってる。
    一部をちょっと切り取ってストローさしてチュウチュウすする。
    お国それぞれ、おもしろい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    英語
    悔しいけれど、ワタシにはまったくわからない英語でありました・・・
    放浪者さん / 2010/02/16(Tue) / URL
    非同時通訳
    > 放浪者さん
    ミルクはカートンか、リサイクル可能なプラスティックバッグで売られてて、専用のミルクジャグに入れてはさみで切れば、そのままグラスに注ぐことができるんですね。
    当然、はさみで切る角度や大きさで使用途が変わるの。
    使い終わったらクリップで止めるか、口の部分を中に折り込めば保存するのにも便利だし…、ってそんな感じのナレーションでありました。
    最後に、「乾杯」って一言がなかなかかわいい。
    この人、他にもいろんな食品関係の説明ビデオをアップしている人ですね。
    動画マニアかも…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/16(Tue) /
    無題
    タイなんかでも、露店のジュースはビニール袋ですよね。始めて見たときはぶっ飛びました(笑)
    合理的なんでしょうが、やっぱりボクは瓶入りの牛乳がいいです(笑)
    あっくんさん / 2010/02/16(Tue) /
    瓶入り
    > あっくんさん
    東南アジアはビニール袋。
    まるで金魚を入れて運ぶように、紐に指を引っかけてブラブラさせながら、チューチュー吸い上げるちょっとのどかな雰囲気ですよね。
    やっぱり瓶。
    風呂上がりに一本いっとく?って感じがいいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/16(Tue) /
    アメリカンミルクは・・・
    なぜかあのプラスチック容器に入った牛乳を見ると、途端に飲む気が失せてしまうのは私だけでしょうか。。。何となく洗濯洗剤などを思い浮かべてしまい食べ物には見えなくなってしまいます。
    それにしてもサカキさんは色々な面白い動画を探し出してきますね。先日のKGBとSamsungのアイススケートのCMは爆笑でした。また面白い映像紹介して下さい。
    nokwwhitfさん / 2010/02/17(Wed) / URL
    無題
    チェコも10年くらい前まではこれでした。私も別売りのミルクジャー持ってますよ、懐かしい!確かに初めて見た時、合理的!と思いましたけど、ビニールに入った牛乳はいかにもまずそうで悲しかったです。
    その後アルミ袋(ポテトチップの包装みたいの)になって、今は1Lのペットボトルか紙パック、たまにシャンプーの詰め替え用みたいなのもみかけます。
    余談ながら、ヨーグルトも生クリームも美味しいのに、当時の牛乳はまずくて、足もはやく、3日で腐りました。そうそう、乳脂肪は1.5~8%が標準で、3.6%は高ファットです。
    rondo_kさん / 2010/02/17(Wed) /
    白い洗剤
    > nokwwhitfさん
    たしかにアメリカのミルクのコンテナ。
    洗剤の容器を思い出させますよね。
    大きさ、形状、質感。
    どれをとっても「TIDE」っぽくて、合理的な工業製品だなぁ…、って思います。
    動画はいくつかのオキニイリサイトがあって、そこから引っ張ってきたり友人に教えてもらったり。
    ゴキゲンなのをよりすぐって貼っています。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/17(Wed) /
    なるほど!
    > rondo_kさん
    もっとも合理的に液体を運ぼう…、と思えばこうしたやり方に行き着くんでしょうね。
    でもやっぱりどこか、味気ない。
    そう言えば、醤油もこんな感じで売り始めたところがありますね。
    鮮度を劣化させぬようにというアイディアのようでちょっと興味をひかれて、スーパーマーケットで手にしましたが、ちょっと買う気にはなりませんでした。
    醤油は瓶。
    そんな感じがしますもんね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/17(Wed) /
    第2の月の17の日の呪いと洪水、そして朝 HOME ガッツ!
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]