忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    咳がまだまだなかなかとれず、それで「リコラ」。

    ricola.jpg機能性キャンディー…、という分野を日本ではじめて作った商品じゃないか?
    って、思うのですネ。
    これ。
    キャンディーといえばお菓子でしかなく、とはいえ舐めるといがらっぽい喉がちょっと楽になる。
    おばあちゃんの家で、激しく咳き込んだりするとカンロ飴を一個くれて、はい、お舐め…、って。
    だからゴホゴホ。
    おばあちゃんの前でわざと咳してみせて、しかられたりした。
    でも、飴は飴。
    お菓子は、お菓子。
    何か効能を訴えていた飴…、といえば、浅田飴かなぁ…。
    代表的なの。
    せき、こえ、喉に浅田飴…、でありましたから。
    でも浅田飴はどちらかというと、薬より。
    これが欲しくて咳する子供じゃ、ボクはなかった。

    ricolas.jpgさて、リコラ。
    かつてヘビーローテーションでかかっていたテレビCM。
    アルプス風の景色をバックに軽快なコマーシャルソング。
    今でも歌うコトができるほどに、テレビをつけるとかかってた。

    喉にさわやか♪
    ハーブキャンディー、ハーブキャンディー♪
    スイス生まれの♪
    ハーブキャンディー♪

    時はアルプスの少女ハイジが流行った前後じゃなかったかなぁ?
    それでスイス。
    かなり新鮮。
    しかもハーブという、当時は珍しい言葉がなんともキャッチーで、ちょっとあこがれたものでありました。
    久しぶりに発見をしてそれで買って、喉、癒す。
    一つひとつがきれいに小分けに包装されてて、昔も果たしてこんなだったかなぁ…、って思う。
    どうだったんだろう。
    スーッとほのかな薄荷味。
    甘さ、控えめ。
    確かにハーブの緑の香りがしてくるようで、喉にさわやか。
    歌、歌いたくなっちゃった。

    夜、twitterのサーバの調子がよくなくて、つぶやきたいコトがたくさんあるのにつぶやけず、ちょっと残念。
    ストレスたまる。
    例えばデジカメのコマーシャル。
    相も変わらずカメラの機能そのものよりも出てる芸能人の方が目立って良くわかんない。
    しかも、キャノンのオダギリジョー君も、ニコンのキムタク、パナソニックのアユもみいんな片手撮りでシャッターを押す。
    オリンパスのデジカメのイメージキャラクターになったときにはキチンと両手で構えてた、宮崎あおいちゃんまで最新作では片手撮り。



    これじゃぁ、ろくな写真は撮れませんコトよ…、って誰かが言ってあげた方がいいんじゃないかって、思ったりする。
    テレビはテレビ。
    コマーシャルはコマーシャル。
    それもいいけどテレビコマーシャルでやってた通りに撮ったら手振れ写真になった…、って損害賠償求める人もこの日本にはいないというコト。
    それもよし!
    お風呂に入って、さぁ、寝よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うちは国産
    おはようございます。
    おかげんいかがですか?

    カンロ飴のおはなし、懐かしくて頬がゆるみました。
    そういえば祖母がくれたなぁ、って。
    でも我が家では、のど飴といえば那智黒、でした。
    濃厚な黒蜜の味。
    大好きで、祖父(なぜか祖父の管轄)に頼んではもらっていました。
    黒砂糖が好きになったのは、そのせいかもしれません。

    そして咳といえばVICKSのVepoRab。強烈でした。

    自分で買うようになってからののど飴は、梅のど飴でした。
    あぁ、ネイティブジャパニーズ・・・。

    我が家の子どもたちも、ここ数日咳き込んでいます。
    わりと長引く感じですね。
    サカキさまも引き続きご自愛ください!
    ryoko*さん / 2010/03/15(Mon) /
    無題
    家族全員が心配しています。
    佑君は、結核で無いかと心配しています。
    妻は、喘息ではないかと心配しています。
    聡美は、早く病院行きなさいと
    怒っています。
    韓国のように、かりん・ゆずの
    蜂蜜と混ぜて飲むと直るか!!
    本当に体に気をつけてください。
    問題児(岩手)さん / 2010/03/15(Mon) /
    薬じゃなく「おくすり」
    > ryoko*さん
    おばぁさんって「おくすり」を一杯知っていましたよね。
    熱が出始めの頃には、大根おろしをすってそれにはちみつを混ぜて、はい、おくすりって。
    薬にたよるまでもない、けれど体を労り元気を出してくれるようなおいしいおくすりをたくさん。
    懐かしく思いました。
    お子さんたちも早く元気になられますよう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/15(Mon) /
    お医者様も
    > 問題児(岩手)さん
    食欲、元気ともに十分なのです。
    お医者様にも定期的にいって、塗り薬をほどこしてもらってるんですが、なかなか良くならない。
    昔、喘息を患ったコトがあるんで喉に負担がいっちゃうんですよね。
    ユックリ、体をいたわりなさいって言われているのですが貧乏性でなかなかユックリも出来なくて。
    ご心配おかけしてすいません。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/15(Mon) /
    新宿・アリア・フレンチトースト HOME I'm on a horse!
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]