忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕食がちょっと遅くなりそうで、おやつ代わりに大阪鮨。



    家の近所の「八竹」にくる。
    たいていはこの店の前を通って駅に向かっていくのだけれど、朝早くから穴子やしいたけを煮る、甘辛くて香ばしい匂いがお店の前にただよっている。
    朝からお腹がグーッとなるほどおいしい匂いがやってくる、その張本人のお店の扉をガラリと開けて、中へと入る。
    お店の中には、その甘辛い匂いと一緒に、お寿司屋さんらしき酸味の効いた香りがやってきて、ますますお腹がグーッとなる。



    奥へと長い鰻の寝床のお店の奥には大きな厨房。
    入り口側にはテーブルが4つほどおかれたスペース。そこで食事をすることもできるのだけど、ほとんどの人がテイクアウトで買っていく。
    おつかいものやおみやげ用には立派な折り詰め。
    普段使いでとお願いすると、簡単に紙でつつんだモノを作ってくれるのだけど、50円ほど安くなる。器代は定価の中に含まれていて、余分にかかるのじゃないというのがとてもスマート。考えられてて、いいなと思う。



    茶巾寿司と押し鮨、それから中巻の盛り合わせにする。
    これをお皿に並べれば、ちょうど一人前という分量でしょう。汁を炊こうかと思ったけれど、ちょっと急の企画書仕事ができちゃった。
    それでお茶をかたわらにおき、仕事の合間に一口、そしてまた一口。
    茹でたエビに玉子焼き。
    穴子に鯛と押し鮨の多彩な風味と食感に、気持ちがホッとおだやかになる。



    握りや巻き寿司に比べてシャリが、キリッときっちりよりそって、噛むたのしさがあるのもウレシイ。もし和風サンドイッチというモノがあるとすれば、多分、押し鮨なんじゃないかと思ったりする。
    焼いた穴子とキュウリを芯にした中巻。
    茶巾の中には酢蓮に穴子、しいたけ、かんぴょうと食感にぎやか。ジュブっと潰れる空気をたっぷり含んだ玉子が甘くて口の中でとろける。
    仕事もたのしくはかどる、火灯し頃のおたのしみ。

    ところで茶巾寿司を作るところをおさめた動画がありました。



    それにしてもこの薄焼き卵という料理。
    なんと繊細で、やさしくそしてデリケートなモノでありましょう。シットリしていて口の中でフワッととろける。
    ご飯や具材をやさしく包み込む様が、まるで風呂敷。形あるものに無理やり収納しようとするカバンの文化と違った文化。形ないものならどんなモノでも包めるんだよと、それが日本の文化なんだと思ったりもする。オモシロイ。


    八竹 四谷店

    関連ランキング:寿司 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    美味しそうなお寿司ですね。

    アメリカでのパーティに、薄焼き玉子を使った料理を持っていくと、
    必ず驚嘆され、どうやって作るのかと聞かれそして、
    わたしが家で作ったのだということを絶対に信じてもらえません(笑)

    わたしが作ったへたくそな薄焼き玉子ですらそうなのですから、プロが作ったものを見たらさぞかしびっくりされることでしょうね。
    tribecaさん / 2014/10/05(Sun) /
    玉子だけなのに
    > tribecaさん
    粉が入っているんだろう…、ってアメリカの人は大抵いいますよね。
    何度か、目の前で作ったコトがありますが、もうそれからはマジックハンドシンイチロウの名をほしいがままにしました。
    これも日本の文化のひとつでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/10/05(Sun) /
    秋色のサイゼリヤ HOME 汗が噴き出る、四川流
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]