忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事途中の友人と、打ち合わせしつつ食事をしようとサイゼリヤ。



    いつもはマグナムワインをとって、飲んでは食べてたのしむのだけど、今日は車で来ているんだとそれでドリンクバーにする。
    ドリンクバーとは言ってもそんなに種類があるわけじゃないのだけれど、炭酸水が自由にお替わりできるというのがありがたい。

    メニューが変わっておりました。ココは季節おきにきちんとメニューを変えるところがなかなか立派。表紙をみればそのときどきのおすすめメニューがわかるところもいい感じ。
    それにしても秋の色は明るい茶色というコトなのでありましょう。メニューの表紙がどことなくハロウィーンカラーというのがたのしい。



    季節のおすすめメニューをなんだかたのみたくなり、それでふたッつ。
    とろとろ玉ねぎのスープというのと、新ジャガのチーズグラタンっていうのをたのむ。
    玉ねぎを炒めて甘みをだしたのをベースのスープにポーチドエッグとチーズをのっけて、オーブンの中でこんがり焼いて仕上げたもの。
    これが立派にオニオングラタンの味がする。けれどオニオングラタンとは言わぬところが謙虚というか、いい感じ。ジャガイモグラタンはじゃがいもグラタン以外の言葉が浮かばぬ程よさがいい。



    ここの料理はそもそも、間違いのない組み合わせとか味付けだとかを守ってて、いつも当たり外れのないのが取り柄。

    必ずたのむ小エビのサラダもそういう料理で、プチプチとしたエビの食感、レタスのシャキシャキ、サウザンアイランド系のドレッシングがよき相性。
    ただ今日のはドレッシングがいささか多くて、エビの風味が消えていた。一度だけドレッシング無しでたのんでみたらそれはそれで哀しい結果。



    ほどよきことは素晴らしきこと。そしてそれは同時に、何よりむつかしきことだったりするのでしょうね…、ムツカシイ。

    スパイシーなポークソーセージのグリルをたのむと、サイドにハッシュブラウンとカポナータ。不思議なほどにカポナータがサイドにあるだけで、イタリア料理にみえてくる。蒸気で膨らんだように仕上がっていて、噛むとプチュっと中から肉汁ほとばしり出る。
    他にもあれこれ、いつもの料理。



    セロリのピクルスは最近食べて、オキニイリ。奥歯をコツコツ叩いて歯切れる食物繊維のたくましさ。セロリ独特のハーブの香りがおいしくて、食欲すすむ。
    酸味がおいしいサラミとルッコラ。
    鶏手羽揚げはムッチリとして、かなり太った鳥なのでしょう…、身がふっくらとみずみずしい。甘めの味付け。揚げずに焼いて仕上げているからなのでしょう…、シットリジューシー。オキニイリ。

     

    マルゲリータのピザをたのんで、そのまま食べるのもつまらないから、サラミをのっけてルッコラ散らす。そこに刻んだ赤唐辛子をパラリとかけて4つに切った。
    最近、変わったココのピザ。
    フックラしてて、タピオカ粉でもつかっているのか噛むとスベスベ、口の中を滑るような感じがピザではないけど心地よい、なにか不思議な食べモノ食べてる感じ。
    ドリンクバーに行く途中の大学生のグループ客が、そのピザを見て、あんなピザがあったっけ?って不思議そうに見て言った。
    食べたいものは自分の力で手に入れるもの…、とおじさん言いたくなったけど、そういうことは自分で学ぶモノでござろう。言わずにおいた、夜のコト。

    秋色といえば松田聖子の「風は秋色」。



    1980年のヒット曲。夜のヒットスタジオで歌った時の動画であります。
    いろいろ、趣深くてじっと見ちゃいます。
    芳村真理のヘアスタイルとか衣装って、この後、おそらく楠田枝里子に受け継がれたんだろうなぁ…、であるとか、ダン池田の指揮って時代の様式だな、だとか。
    なにより松田聖子の見事なO脚っぷりと、この顔をどこをどうすれば今の彼女の顔になるのか、興味深くてオモシロイ(笑)。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    台風気配の日曜日 HOME ツツミコム
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]