忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿の紀伊國屋書店の地下でランチをとる。

    7a7965a1.jpeg「ジンジン」という店。
    スパゲティーの専門店で、ずっと昔からココにある。
    10年くらい前までは、この地下街にはここにしかない個性的なお店ばかりが並んでた。
    博多うどんのお店であったり、スパゲティーじゃなくパスタを気軽にたのしめるお店であったりがずっと営業してたのだけどここ10年ほどは、そのテナントが出たり入ったり。
    落ち着かない中、ココを含めてあと数店ほどがずっとかわらずがんばっている。
    今の世の中。
    特に新宿のような街では、飲食店を成功させるより、その成功を長続きさせるコトの方がずっとむつかしい。
    だからこうしたお店は立派。

    7f3361e0.jpegタラコとしめじのスパゲティーをえらんで食べます。
    ココで一番のオキニイリ。
    柚子の風味がほんのり香る醤油味の炒めスパゲティー。
    スライスオニオンが透き通って茶色くなるまで炒められてて、それが甘みと風味を出してる。
    食べるとシャキシャキ、歯が痒くなる。
    しめじタップリ、タラコにしっかり火が通ってて魚卵の粒が麺にプチプチ、こびりついてる。
    海苔もどっさり。
    イタリア料理じゃなくってまるで和食な感じがちょっと、オキニイリ。

    ただこのお店。
    しばらくこないうちに、すっかり麺が変わっちゃった。
    昨日のサイゼリアのスパゲティーとおんなじような、いくら茹でても硬さをなくさぬムチムチしてて噛みごたえのある出来上がり。
    もうこうなると、スパゲティーと言うのがいささかためらわれるほど。
    うどんを思い切り補足して、ハリと歯ごたえ与えたようなかなり独創的な食感。
    ここまでくると、日本の料理もはるかに超えて、21世紀のニュータイプって思ったりする、それも良し。
    食事を終えて、払ったお金と引き替えに大盛り無料の定期券のようなカードをもらう。
    JinJin発で大盛り行きの定期券…、Pasmoを文字ってPastaと名前がついていた。
    洒落ゴコロ。

    家でちょっとまとめものがあり、早めにかえる途中で買い物。

    1eccab79.jpeg志乃多の寿司の詰め合わせ。
    仕事をしながらちょっとつまんで食べましょうかと、ココ名物のかんぴょう巻きとお稲荷さんの詰め合わせにしようかなぁ…、と思いもしたけど、今日はちょっと変わり種。
    おいなりさんと、太巻の入った詰め合わせ。

    ココの太巻きはちょっと独特。
    カンピョウ、キュウリ、桜でんぶに玉子焼き。
    一般的な太巻きの具材とほとんどおなじなんだけど、ひとつひとつの味が独特。
    カンピョウは甘辛味でカラメルっぽい焦げた香りがとても濃厚。
    一方、キュウリはかなり太めでみずみずしくて、青い香りが強くてさわやか。
    酢漬けのレンコンがカリカリとした歯ごたえ産んで、軽快な味。
    ボクは好き。
    シットリしててとっても甘いお揚げでくるんだすし飯が、ほとんど甘みをもたずスキッとした酸味。
    お揚げのサイズに比べてご飯が少なめで、だからとてもみずみずしい。
    これにも細かく刻んだレンコンが入ってて、それがコツコツ、奥歯を叩く。
    お茶を飲みつつ、パクリパクリと食べていく。
    手づかみすると、指が油と煮込んだタレでビショビショになる。
    仕事しながらのおやつには、少々、不適切だったかも…、って思いながらも指をチュバチュバ舐めながら食べてはキーを叩きます。

    それにしても志乃多の包装紙。
    シッカリみるとかなりハイカラ。
    モガな感じの装いの女の人が踊るように描かれている。
    今までまるで気付かなかった…、なんだかステキ、愛らしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ああ・・・志乃多寿司久々に食べたい。
    初めてカンピョウを美味しいと思ったのはここのだけです。
    そしてあの、おいなりさん。
    ああ今週末買いにいくか。
    れきさん / 2010/11/30(Tue) /
    志乃多
    > れきさん
    ボクも同様です。
    ココのかんぴょう巻きに出会ったとき、なんとおいしいモノがこの世の中にはあるものよ…、と思いました。
    おいなりさんもそうですが、余分なモノが何も入っていない、潔いのにとても深くて広がりのある味。
    驚きました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/30(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    師走のはじまり HOME おむす人
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]