忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっとオキニナリにて、かなりオキニイリのこのビール。
    「白濁」って書いて、「しろにごり」って読む変わったビールで、ナチュラルローソンで販売中にて、しかも売り場では逆さにおいてる。
    開封するためのプルトップがついてる面が下側で、ラベルも逆さに印刷されてる。

    sironigori.JPGナチュラルビールを作るとき必ず混じるいろんな雑味。
    成分が、下にたまってしまうのを防ぐため。
    抜栓するときに自然とクルンと上下逆さまにして、中の成分を混ざらせてから注いで飲んでくださいな…、という配慮。
    まずインパクトがあって買うのがたのしい。

    冷やしてグラスに注いでやるとポッテリとした細かな泡と、明るいレモンクリーム色のビールがでてくる。
    ビール自体も良くみると、濁りがあってたしかに「白濁」。
    ベルギー直送というラベルの通り、まさにベルギービールの風合い。
    香りをかぐと、軽く華やかな花の香りがまっている。
    ベルギー風の白ビール。
    ヒューガルデンに近い香りに気持ちがパッと明るくなってく。

    唇つけて、グラスをそっと傾ける。
    するとポッテリ、泡がやさしくまずやってきて、泡がはじけて甘い香りが口に広がる。
    酸味が強めで、やさしい苦味とほのかな甘み。
    ヒューガルデンのようにはうま味は少なくて、サラッとさわやか。
    ホワイトビールにレモンを搾ってかなり強めにかき混ぜて、発泡分を軽く飛ばしたような味わい、飲み心地。
    ビール風味のカクテルを飲んでるみたいな感じで食事のお供に最適…、夏よりできれば秋から冬にユックリ時間をかけて味わいたくなる飲み物…、オキニイリ。

    ところでこれを輸入している「日本ビール」という会社。
    へんてこりんなビールをたくさん販売してます…、坂本龍馬なんて名前のビール、一体どんな味がするんだろう…、って思ったりした、オモシロイ。

    昼を近所で中国料理…、「福錦」というできたばかりのお店をのぞく。

    f18a3a53.jpegうちの近所に「カニビン」というお店があって、個性的にして本格的な中国料理を気軽に食べるコトができてた。
    ところがそこが突然閉店。
    あまり流行っているようにみえない店で、大丈夫かなぁ…、といつもくるたび思ってた。
    閉店の張り紙が出た数日前に、店の陽気なおじさんと街ですれ違って挨拶をした。
    そのときの、そのおじさんのちょっと淋しげな表情が、今でも忘れられないそんな哀しい思い出。
    今度の店はいかがでしょう…、と。

    夜は全品300円均一というシステムで、だからかかなり流行ってる。
    昼は何種類かのセットがあって、どれにもサラダと飲み物が取り放題でついている。
    最近、いろんなところでみるのがこうしたスタイル。
    サラダといっても刻んだキャベツにレタス、ニンジン、それからキュウリ。
    それをあらかじめ混ぜくちゃにしてボウルにたっぷり盛っている。
    ソフトドリンクはカフェオレ、それから烏龍茶。
    ペットボトルがそのまま置いてあるのがまるで給食的で笑っちゃう。

    ce04c366.jpeg定食用のメインディッシュが4種類。
    それらの中から2種類を好きに選べるようになっている。
    今日の料理は回鍋肉。
    青椒肉絲に麻婆豆腐。
    それから酢鶏という品揃え。
    たまたま二人でいっていたから、全部の種類をたのんで食べた。
    一人前がなんと640円。

    トレーの上に料理が2つ。
    ご飯にザーサイ。
    それからスープ。
    ご飯はお替り自由になってて、量は値段の割に充実してる。
    ザーサイは塩を抜きすぎ…、味がない。
    笑っちゃうのが、スープが中華風じゃなく味噌汁だったこと。
    具材やモヤシとわかめで出汁は、シッカリ和風。
    味噌の風味もほどよくて案外おいしい。
    おふくろ的な味噌汁と、レンゲですくって飲むという、その飲み方が面白くってまた笑っちゃう。
    味はほどほど…、日本の中国料理というか、あるいは家で作る中国料理というか…。
    麻婆豆腐は甘くて丸美屋っぽいファミリータイプ。
    けれど豆腐はキッチリ水抜きされていて、食感シッカリ、味もシッカリはいってる。
    回鍋肉の味噌も甘くて、大衆中国料理屋的なる砂糖のうま味で味の骨格ぼやかすやり方でそれも流行りだからしょうがない。

    11a227b0.jpeg青椒肉絲はなかなかの味。
    何より酢鶏がおいしくて、これでご飯がぐいぐいすすむ。
    昔ながらのケチャップっぽい甘酸っぱさがおいしい酢豚の味付けで、豚の代わりに鶏をつかっている分、フックラ。
    脂っぽくなくご飯のおかずにかなり良い。
    アメリカのフードコートにある中華料理のデリにいくと、酢豚よりも酢鶏の方がメジャーだったりするのですよね。
    健康的なイメージがあるからなのかもしれません…。
    豚の脂は揚げるとおいしくなりはするけど、噛んだ瞬間、ヒヤッと唇すずしくなるようなあの食感だけは罪悪っぽく、だから鶏で作った酢鶏はどこかやさしく、おとなしい。

    夜のメニューを見せてもらうと、ほとんどすべての料理が見慣れたモノばかり。
    個性的よりみんなが知ってる料理を優先して作る。
    大きくしかも安定している市場を相手に商売するため大切なコト…、ではあるけれど、そうした料理で差別化するには結局、値段を魅力的にしなくちゃいけない。
    それでこうしたお店ができてしまうんでしょう。
    あのおじさんはどこに行ってしまったのかなぁ…、なんだかとっても寂しくなった、日曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夏のビール
    こんばんわ
    お久しぶりです

    坂本龍馬と言うビールはノンアルコールです
    プリンタイ0%ですが結構美味しいです

    白濁はまだ見たことありませんが、探して飲んでみます

    暑い夜のビール‼
    ビヤガーデンとかで飲むと更に美味しく感じます
    比嘉さん / 2011/07/25(Mon) /
    坂本龍馬
    > 比嘉さん
    おひさしぶりです。
    ビールの美味しい季節になりましたね。
    とはいえ、痛風が怖いのでビールは乾杯分だけと心がけておりますが…。
    なんと、坂本龍馬クンはプリン体ゼロなんですね。
    これは飲んでみねばです。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/25(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ニチヨウノヨノアレヤコレ HOME アサンドイッチに昨夜のガッパ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]