忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕方、外で打ち合わせ。
    折角だから食事をしてから帰ろうか…、と、それで弁天庵にくる。

    e1236b8f.jpgかき揚げセイロを選んでたのむ。
    お金を払った直後にそうだ…。
    鍋焼きうどんが始まってたんだ、と思い出して、でもしょうがない。
    もう注文は中に通って、蕎麦を茹でる準備ができてる。
    今日は少々、あたたかかった。
    だから冷たい蕎麦を食べ、軽めに仕上げてやるのもいいかと、それでそのままセイロを食べる。

    ここの蕎麦。
    角張っていて、断面少々、ゴツゴツしてる。
    喉ごしを邪魔せぬ程度の引っ掛かりがありタレをタップリ口に運んでくれるのですね。
    温かくしてもその存在感は消えぬ頑丈。
    けれど水でシャキッとしめると、口の中にて麺の一本一本がクッキリ姿をあらわすほどに、キッパリしていて食感あざやか。
    今日のお腹がスキッとさめる。

    辛めのタレにとプッとつけて、ズルンとやると唇わけいる、その食感がまずはゴチソウ。
    サクッと歯切れて、喉をスルンとかけぬける。
    タレの香りと、蕎麦の風味がフワッと鼻から抜けていく。
    麺がタップリ含んだ水が、噛むとほとばしりでるような感覚。
    みずみずしさに体が芯から潤う感じ…、これがセイロやザルの醍醐味だよなぁと思いながら、ズルズルスルスル、味わった。

    cabc75d5.jpgそれからかき揚げ。
    コロンと分厚いパンケーキ風。
    チリチリ、細かに天ぷら衣が花を咲かせるうつくしさ。
    箸を当てるとホロッとほぐれる。
    中から具材がコロコロ、転がり飛び出してくる。
    ごぼう。
    レンコン。
    三つ葉に玉ねぎ。
    小エビがたくさん混じって揚がり、それが口でホロホロコロコロ、サクッと歯切れる。
    最初は塩でかき揚げだけを一口食べる。
    それからタレにトプリと浸し、蕎麦と一緒にたぐると旨い。
    油の風味が蕎麦を一層、ゴチソウにする。

    ココのわさびには、細かく刻んだわさび漬けが混じってる。
    噛むと香りがパンッと際立ち、鼻から抜けてスッキリ消える。
    わさび自体を固形に保つ役目も果たし、タレに溶かして食べるのでなく、麺に直接のっけて食べる、粋な食べ方が自然にできる。
    蕎麦に天ぷら、それからわさび。
    どれが欠けてもこのおいしさにならぬ見事な組み合わせにて、夜のお腹をもてなす食事。
    今日も一日、ほどよく過ぎて、ほどよく終わる、アリガタイ。

    家にかえって少々、仕事…、それのお供にパリパリなげわ。
    最近、どうしようもないほどのオキニイリになってしまったスナック菓子でござります。
    東ハトのポテトスナック。

    nagewa.jpgかつて東日本では「ポテコ」が売られ、西日本では「なげわ」という地域で住み分けしてた商品。
    東ハトのウェブカタログでは「ポテなげ」ってカテゴリーでひとまとめにされている。
    今でも東京ではポテコの売り場が多くって、けれどファミリーマートのPBライン。
    「ぼくのおやつ」ってシリーズの中に「なげわ」がラインナップされてるのです。

    カリカリとした歯ごたえ、それから存在感はポテコの方が一枚上手。
    ジャガイモっぽさがありそれはそれでおいしかったりするのですけど、このなげわ。
    ポリポリ、奥歯で壊れていくさま。
    そして口にちらかる様子。
    塩の風味がたのしくて、それで最近、ハマってる。
    そもそも「ポテなげ」シリーズは、余計なフレーバーが使われてない。
    芋の風味と塩の味。
    ジャガイモ使ったお菓子としては、まん真ん中のストレート系。
    ポリっと砕けて噛んでくうちに、どんどんポテトの味がしてくる。
    食べはじめると止まらぬおいしさ。
    しかもこれ。
    封を切って放っておくと、すぐに湿気ってしまうのですネ。
    クネッとなってポリっじゃなくて、ムニュンとちょっと粘り気もってちぎれてく、その食感がまたオモシロイ。
    銚子名物の「ぬれ煎」ならぬ、四ツ谷名物「ぬれなげわ」的なる情けない味。
    テレビをみながらたのしんでます…、オキニイリ。

    仕事混じりではあったけれども、のほほんとした今日の一日を明るく彩るたのしい動画を一枚貼ります…、Facebookで教えてもらったモノであります、ステキです。



    ユニクロカレンダーっていう、あのユニクロが展開しているプロジェクトみたいで日本の四季をレンズシフト動画を使って表現している。
    ミニチュアみたいなかわいい景色と、ステキにアレンジされた音楽。
    クラシック音楽をアレンジしたものが多くって特にこれ…、ラベルのボレロをアレンジしたのが画像にあってて、なんともステキに愛らしい。
    これからお風呂に入ってのんびり、明日の準備をいたします。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ツナメルト HOME フレッシュバジルのパスタの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]