忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっとお外で打ち合わせ…、スタバで一服、コーヒーを飲む。

    89bcab5a.jpegアイスドリップをコックリと。
    スタバのコーヒー。
    カスタマイズをたのしみたいって気持ちのときと、そんな面倒なコトをしないでただただ喉を潤しやすみたい…、って。
    そんな気持ちが行ったり来たり。
    スタバに対するバイオリズムって、勝手に名づけているんだけれど、今は面倒なコトをしないで、定番ドリンクで体をホッと休ませたい。
    そんな気持ちが強いのですネ。

    だから普通にアイスドリップ。
    カスタマイズしてたのしめるエスプレッソバーが沢山できた。
    あるいは、カスタマイズなんかしなくても、十分特徴があっておいしいエスプレッソバーも結構、いろんなところにあってこの東京のコーヒー事情はかつてのそれとは随分かわった。
    スタバでなくちゃ…、はその商品があってこそではもうスッカリ、なくなってしまっているかも。
    雰囲気、サービス、そしてなにより空気感。
    それらがスタバならではのステキなムードをつくりだしているからで、とは言えココのアイスドリップは他の追随を許さぬおいしさを持ってるように、思うのですネ。
    特に今日のような暑い一日にはゴクゴク飲めてオキニイリ。

    ちょっと甘いモノが欲しくて、それでペストリーケーキをひとつ。

    5b68dbc8.jpegポピーシード&クリームチーズパウンドってケーキであります。
    ケシの実がプチプチとした独特の食感をもつパウンドケーキ。
    もしこれが、正式なるパウンドケーキの作り方をしているとするなら、レシピはとてもシンプル。
    小麦粉、バター、砂糖に玉子をそれぞれ1ポンドずつ使って作る。
    だからパウンドケーキという、簡単だけど実際作ると、バターと砂糖の量にたじろいじゃうほどの高カロリーモノでございます。
    でも、いいもん。
    甘くてバタータップリなものは、頭の栄養。
    これからちょっと考えゴトをしなくちゃいけない、だから少々、奮発しコレ食べ頭の準備をします。

    パウンドケーキの中に一筋、色の変わったところがあって、これがクリームチーズであります。
    それがまるで笑顔を作ったときの唇みたいにみえて、思わずニッコリ。
    プチプチ甘く、けれどチーズのところを食べると甘酸っぱくて酸味が強いココのドリップコーヒーにピッタリしてる…、オキニイリ。

    それにしてもスターバックスの商品名。
    一度で絶対覚えられぬよう付けているんじゃないかしら?…、って思ってしまうほどに複雑、まるで呪文のよう。
    お店の人は全部しっかり空で言えるようになってるんだろうなぁ…、大変だなぁって思ったりする、しばらくユックリ休憩したら、本格的に頭を使う仕事とす。

    夜食にねぎ焼き。
    negiyaki.jpg関西の緑の細ネギをタンタンジャキジャキたっぷり切ります。
    2束分を刻んでそれに、粉と出汁、山芋とろろに玉子を落としてザクリ、ザクリと混ぜてあわせる。
    練らないように、軽ぅく、軽ぅく、空気をタップリ含ますようにあわせてそれを熱したフライパンにジュジュッと落として蓋してジックリ焼いて出来上がり。
    空気を含んで軽い仕上がり…、しかもネギがシャキシャキで粉物っていうよりも、ネギモノって感じの一品…、ソースじゃなくて醤油をかけて、七味をパラッと辛味をつけてパクパク食べる。
    体の中がキレイになるよな小腹満たしのオゴチソウ。

    ところで銀だこ…、値上げしたんだよって友人が言う。

    tako.jpg四谷三丁目の交差点にあるいつもの銀だこを覗いてみるとそこには「500円」の文字。
    昔のまんま…、けれど、よぉく見てみると、「6個500円」になっていた。
    前は8個で500円。
    いわゆる屋台のたこ焼き屋さんの値段は大抵8個350円くらいかなぁ…。
    それに比べて割高で、けれどおいしく、しかも熱々。
    お店の人の感じもよくてだから買っていたのだけれど。
    使い込まれたたこ焼き鉄板。
    凹みは昔のままだから、その大きさは同じでつまり、実質上の値上げでござる。

    値下げのニュースばかりが目立つ中で、値上げをするって勇気は評価したいけどあまりに唐突。
    他に目立った同業他社がないから安心して値上げする…、そんなふうに思ってしまうと、ちょっと気持ちがさみしくなります。
    沢山買うとお得です!って、表示があって、なるほどまとめ買いは安くなるのか…?って思ってみたら、12個1000円、18個1500円。
    まるで安くなってないじゃん!
    よく見たら、12個だったら2フレーバー、18個なら3種類選べますよ…、だからトクでしょってコトなんだけど、ボクにとってたこ焼きはソースにマヨネーズで食べるモノ。
    それ以外のフレーバーを試したコトもなかったモノね。
    チェーンストアがこうした仕組みを変えるときって、困っているから。
    それが正しい試行錯誤になればいいけど、迷走のはじまりにならなきゃいいけどって心配もする…、心配してもしょうがないけど、心配したくなるのです。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    魚卵の天金、新宿の朝 HOME 日曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]