忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿ではじまる今朝の朝ご飯。
    303b837b.jpegひさしぶりに「天金」に来る。
    最近、仕事のエリアが東京という街の東半分、あるいは青山、渋谷が中心になってきていた…、だから新宿という街は素通りする街。
    あるいは中継地点になっていて、朝にわざわざ途中下車して食事をしようって感じになっていなかった、それでかなりのひさしぶり。
    好きなお店ではありまして、だから心の片隅にいつもひっそり顔を出してた。
    ご無沙汰でした、ごめんなさい!って感じでお店の暖簾をくぐり、中に入ると働く人はまるで変わらずかつてのままで、それにかなりホッとしました、こんにちは。

    2adf8dce.jpegこの前、来たときちょっと気になった朝の定食。
    明太子定食ってのをたのんでみよう…、と。
    先日は、魚卵をちょっと控えようかとブレーキかけて、別の定食。
    でも今日は、やっぱり食べてみなくちゃと、気持ちが上がってそれでこれ。

    どんな姿の明太子がやってくるのか?
    生なのかなぁ…。
    それとも焼いているのかなぁ…。
    どのくらいの量があるんだろうなんて思って待って、やってきたのが「なるほど…、これか!」。
    袋を割いた魚卵そのものがトロンと器にやってきた。
    目がさめるような真っ赤な色で、前知識の無い異国の人がこれをみたら、おそらく食べ物とは認識しないであろう代物。
    けれどこちとら明太子を食べ慣れた立場であります。
    口の中に粒粒、小さな魚卵が転がるさまが思い浮かんでウットリ。
    これでパスタを作りたいなぁ…、って思ってそれで今朝のコト。
    ご飯に乗っけて、海苔で包んで明太おむすびのようによそおい口に運んだ。

    うん、おいしい。
    冷奴を追加でたのんでそこに、この明太子をトロンとのっけて明太奴にして食べてみる。
    スベスベとした豆腐の肌に魚卵の粒が混じっておいしい。
    背徳的なる朝となる。
    d7b59843.jpegそれにしても冷奴って、自分の家で作って食べるとあんまりありがたみがないのになぜだか、こうして店で食べるとひとつの料理に思える。
    湯豆腐もそう…、家で作ると豆腐をお湯に沈めただけのように感じてそれほどおいしく感じない。
    人に作ってもらうべき料理なんだなぁ…、ってボンヤリ思う。
    しらすおろしに味噌汁、漬物、ご飯に海苔で一揃え。
    どれもそれほど手間がかかった料理ではない…、けれどこうして揃えてくれるコトがウレシイ、そんな朝のオゴチソウ。



    関連ランキング:定食・食堂 | 新宿西口駅新宿駅新宿三丁目駅

     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    雨の原宿、食工房眞 HOME オヤツと夜食、銀だこのコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]