忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    天ぷら食べて話は尽きず、喫茶店でおしゃべりしましょ…、と、珈琲貴族エジンバラにくる。



    新宿三丁目の中心地からちょっと離れたロケーション。飲食店がありそうに思えぬビルの2階にあって大型店。いろんな条件が重なってでしょう。この界隈には珍しいほど、のんびりしてていつも大抵座れるステキ。
    しかもスタッフの笑顔がキレイで、明るい空気に満ち溢れてる。
    オキニイリのカフェオレたのむ。



    銀製ポットにコーヒー、ミルクを別々に入れカップの上にかざして落とす。まずはミルクから。おいかけコーヒー。高く高くポットを持ち上げ、空気をタップリ含ませ注ぐ。カップの上に泡がふっくら。
    泡が蓋して、カップの中がずっとしばらく熱いまま。
    唇つけるとプチプチ泡がはじけて中から、コーヒーのビターな香りとミルクの甘い香りが一緒にやってくる。
    泡がふっくらしている以上に、カフェオレの味もふっくら。なんだかやさしい気持ちになって、話も弾む。午後のコト。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅



    家に帰る途中で伊勢丹の地下。千疋屋さんのフルーツサンドを買って帰った。



    完熟マンゴーのサンドイッチと、ミックスフルーツのサンドイッチが半分づつという今の季節の盛り合わせ。
    フルーツタップリ、クリームタップリ。ふっかりとした食パンとポッテリとしたクリームが一体となり口の中にやってくる。この食パンの塩味が、他のすべての甘みや酸味にくっきり鮮やかに縁って、舌の上でとろり、なめらか。
    イチゴの香りにキウイの酸味。パイナップルの歯切れ感。ツルンとハリのあるマンゴーとすべてのフルーツがよき状態。さすが果物のプロの仕事と感心します。
    オキニイリ。

    夜は近所の「尾張屋」にした。



    きしめんの店。地下鉄駅上の交差点の角。目立つ場所にあるんだけれど、夜になっても看板の電気もつけずひっそりしてる。
    最初はやる気がないんだろうか?と思ったんだけど、実際、お店の料理を食べるとこれがなかなかおいしくて、知ってる人にだけ来てもらえばいい…、だって小さい店なんだからってコトなんだろうと、合点しました。
    今日は不思議と、おなじみさんたちでテーブルひとつ残して満席。にぎやかなコトはすばらしきコト。



    味噌煮込みきしめんを選んでたのむ。ココで一番好きな商品。
    鉄鍋に鶏肉、白菜、ニンジン、青家にごぼうにお揚げ。味噌味スープでコトコト煮込んで、そこにきしめん。きしめんに味噌の色が移るくらいまで煮込んでどうぞとやってくる。
    すべすべしててなのに噛むとムチムチ、奥歯に抵抗する麺。平打なのにほどよい弾力があって味噌出汁と相性がいい。
    野菜たっぷりで健康的な感じもステキ。なによりココのニンジンが強い香りで、なんだかハーブを食べてるみたいな気持ちさえする。オキニイリ。



    友人はかつ丼たのんで互いに分ける。
    出汁を吸い込み、衣がふっくら膨れたカツ。衣が若干分厚くて、心置きなく出汁を吸い込みしっとりとした玉子とじと一体化する。
    とんかつ屋さんのかつ丼はカツを食べる料理だけれど、麺が売り物の店のかつ丼はあくまで出汁を食べるためのモノ。そういう意味でココのかつ丼は極めて麺のお店的なるふっくらかつ丼。
    エビのてんぷらを一本たのんで、煮込みうどんの上にのっけて汁を吸わせる。天ぷら衣が花を咲かせたように揚がった麺屋の天ぷら。これも出汁をタップリ吸い込みおいしくなっていくゴチソウ。出汁を堪能…、そんな夜。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    寿司清の朝 HOME 新宿つな八総本店
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]