忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を新宿つな八総本店。



    海外から一時帰国している友人に、何を食べたいと聞いたら天ぷら。それでできればこの店で、と。それで即決。
    開店と同時にお店にかけつける。
    開店前から何組かが並んで行列。それも海外からの観光客が多くてみんな写真をパシャパシャ、入店前から撮っている。
    たしかにこの店のしつらえは日本の昔という感じ。新宿三丁目というモダンな街にこの景色って、エキゾチックに違いない。



    お店もカウンターがメインで、いかにも天ぷら専門店って感じ。
    目の前で職人さんが揚げてくれる天ぷらに、ご飯に汁でランチならば1000円ちょっとで定食もある。
    旅の思い出にピッタリなのでありましょう。
    カウンターの奥に舞台のような置き箱があり、懐紙をひいたお皿が置かれそこに揚げたて天ぷらが次々やってくるという、儀式めいたところもステキ。

    お決まりの定食をまずはたのんで、厨房の奥の木札をみると季節の素材がおいしげで、それでいくつか追加でたのむ。



    まずは松茸。縦に割いて衣をまとわせ、サクッと揚げる。
    松茸独特の香りが衣にとじこめられて、塩をパラリで口に運ぶと、ホワッと秋の香りで口が満たされる。
    ザクザク歯切れる繊維の食感も痛快で、一足先に秋がくる。
    それから戻りハモの天ぷら。ムッチリとした歯ごたえで、さっくり歯切れる衣がハモの弾力ひきたてしみじみ旨い。

    蕪のぬか漬けをあてにしながら食べ進み、それからおきまりの天ぷら続々。



    エビを二本に帆立の柱。野菜さまざま。
    茄子にピーマン、レンコン、シイタケ。かぼちゃにさつまいもが続々。茄子はトロリととろけてなめらか。揚げたて食べたらおびただしいほどの湯気が噴き出し、ちょっと舌をやいちゃった。
    肉厚ピーマンは甘みすらを感じるおいしさ。あんまりかぼちゃやさつまいもを天ぷらにして食べるの好きではないのだけれど、体がまだまだ疲れているのか、これがおいしく感じる不思議。



    〆はいかがされますか…、というのでご飯と汁をもらって、そこにかき揚げ。
    エビときのこと玉ねぎを具材のかき揚げで、すべすべとした玉ねぎが甘くて天丼にしたらいかがと甘辛丼たれもついてくるんだけど、素材の甘さをいかして食べたくなっちゃった。
    それで天つゆと大根おろし、塩をパラリとふりかけてザブザブ食べて、お腹が満ちる。シジミの汁も上等で、「日本っていいなぁ…」としみじみ友人も唸る昼。


    関連ランキング:天ぷら | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    エジンバラのち千疋屋、そして尾張屋で〆る夜 HOME モカマタリ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]