忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は仕事の合間に、つまみ食いをしてお腹を満たす不思議な日。
    まずは、ひさびさサブウェイでおやつを食べる。
    打ち合わせ途中の街でちょっと小腹がすいて、目に入ったのがこのお店。
    さて、何を食べようか…、と思ってショーケースをみるとなんと。「当店は、パンのトーストをお受けできません」と、注意書き。
    b61534a8.jpegなんてこったい…、気持ちがかなり動揺するけどしょうがない。
    お腹はすでにサンドイッチモードになってる。
    タマゴサラダにツナを足し、トマトを抜いてもらってウィートブレッドで挟んでもらう。
    トーストしないパンで食べるのは実ははじめて。
    フッカリとした歯ごたえのない甘みを感じるこのパンは、口に入れるとちょっとモソモソして感じるも、噛めば噛むほどトロンとしてきて口の形に馴染んでく。
    これはこれにて悪くない…、ってはじめて思う、はじめての今日。

    仕事の途中でぶらりと寄った、「ナチュラルハウス」で買った夜。

    vegemaki.jpgベジロールっていう、肉や魚を使わぬ太巻。
    お米は玄米、巻いているのは、ニンジン、しいたけそれから小松菜。
    どれもコツコツ、シャキシャキ、ムッチリ食感正しく残して茹でて味を入れてる。
    焼いた油揚げ、煮付けたかぼちゃ。
    それから生のヤングコーン。
    酸味がシッカリした紅生姜
    キュウリと、昆布の茎を芯にして海苔でまいてる。
    具沢山であることと、玄米ご飯に粘り気がなく、だから普通の太巻みたいにご飯どうしがくっついてない。
    それでバラっと、つまみ上げると海苔が外れて崩れてしまう。
    壊さぬようにそっと持ち上げ、口に運んで舌に乗せ、こわれるままに玄米、具材がちらかるさまをたのしんだ。

    玄米ご飯の甘さとスベスベ感と、ホツホツとした歯ごたえに、具材の旨みが渾然一体。
    生姜の酸味と香りがギュギュッと味をひきしめ、これはおいしい。
    肉を使わず、魚も使わず、なのにこんなにおいしく料理はできるモノ。
    ちょっと感心。
    それにしてもナチュラルハウス。
    アメリカでならこうしたお店は街に溢れてもっと多様で、多彩なモノやサービスを提供していて当たり前。
    日本の食はまだまだ進化をしなくちゃいけない…、ってそんなコトを思ったりした。

    それから最近、ちょっとオキニナリの飲み物のコレ。

    pepsidry.jpgペプシドライ。
    「甘くないコーラ」って言うキャッチフレーズで5月24日に正式発売されたばかりの炭酸飲料。
    一つの味を比較的、長く大切に、かたくなに売り続けるコカコーラと言うライバル商品に比べてペプシは、いろんな味に挑戦をする。
    だからビックリたまげるコトはない。
    むしろ、シュガーレスとかカロリーゼロとかいろんなモノを「引き算」していく商品開発が多い中、「ドライ」って言う「味」の特徴で差別化をする。
    悪くないんじゃないの?って思い、それで早速、買って飲む。

    ボトルキャップをひねるとプシュッと、かなりの圧力がまず手を襲う。
    飲みます。
    すると、シュワシュワ、細かな泡が舌の上にのっかる。
    その泡がなかなか消えずに、ずっと長らく舌から喉を細かくつねって突っつくような刺激が続く。
    香りはペプシ。
    味もペプシで、コーラに比べて旨みは軽めでスパイシー。
    ダイエットモノにありがちな、ペタッとこびりつくような人工甘味の味がすくなく、スッキリしてる。
    そのまま飲むより、氷をギッシリ詰め込んだグラスに注いで飲むのがおいしい。
    これはかなりのオキニイリ。

    pepsidry50.jpgただ「甘くない」って表現が、ボクの中でかなりの勝手なイメージを作ってた。
    飲んだら結構「甘いじゃん」って、ちょっとガッカリ、拍子抜け。
    それが証拠に、カロリーだって結構あるし、通常のペプシに比べて糖質50%オフ。
    つまり立派に糖質使って作っているってコトなのですネ。

    「甘くないコーラ」は「甘さがないコーラ」じゃなかったってコト。

    確かに辞書で「ドライ」とひくと、味の部門では「甘くない、サッパリ、辛い」と意味がでてくる。
    例えばずっと前からあった、ジンジャーエールのドライタイプを、甘くないジンジャエールというかというと、多分、「辛いジンジャエール」と訳す。
    誤解を与えぬようにするなら、辛いコーラというべきところ、同じ辛さでも「HOT」な辛さと混同されたくないからでしょう。
    甘くないって表現をした。
    味をあらわす言葉選びはむつかしくって、主観的。
    甘さを味わう暇もなく、強い泡が舌を直撃して消える…、だかr甘みが紛れて甘く感じぬコーラ。
    そんな風に言ったら絶対、キャッチフレーズにはなりませんもの。
    なんだかちょっとオモシロイ。

    ペプシつながりで動画を一本。
    Pepsiが1989年からスタートさせた、「Pepsi for New Generation」って言う、キャンペーンのためのテレビコマーシャル。
    マイケル・ジャクソン、がんばってます。


    子供たちの踊りのウマさにビックリすると同時に、そうだ。
    マイケル・ジャクソンはこの頃までは黒人だったんだ…、って当たり前のコトに感心します、なつかしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝のパニーニ、ボンジョルノ HOME ポールバセット
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]