忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    おそめの朝をユックリとります。

    e1fb7007.jpegうどんを茹でる。
    讃岐うどんの半生タイプ。
    パックに入って冷蔵状態ならば1週間ほど持つというコレ。
    うどん用のタレまでついてて、とても便利。
    茹でると膨れて、しかもヌルンと喉越したのしい食感になってくれるので、冷たい麺がうれしい季節に重宝してる。

    東京で、おいしいうどんを食べようとしたらばひと難儀。
    …、ってそんな時代ははるか遠くになりにけり。
    セルフうどんのお店をはじめ、いろんなところに気軽でおいしいうどん屋さんが次々できて、かなり状況は改善しました。
    むしろ、いまだに昔のかたくなをなかなか捨てぬそば屋の方が、時流におくれて苦労をしているような気がする。
    おいしいそば屋は沢山あっても、たのしいそば屋はとても少ない。
    勿体ない。

    a7c98dc7.jpeg茹でてそのあと、冷たい水でギュギュッとしめたうどんに、きざんだ胡麻をまんべんなくまぶして麺をコーティングする。
    鉢にタレ。
    そこにクルンと山に盛り、他の具材を散らして飾る。
    甘ぁく焼いた薄焼き玉子を錦糸よりも太めに切ったの。
    焼けた香りと縁の部分が焦げてサクサク、乾いた食感がたのしめるオキニイリ。
    刻んだ三つ葉。
    胡麻脂にて軽くいためて冷ましておいたエノキダケ。
    これのトロミでタレが麺にしっかりからむ。
    旨みとシャキシャキとしたキノコ独特の歯ごたえも、とてもたのしいアクセント。
    サイコロにしたキュウリと細くほぐした蟹カマボコを彩りにして、ちらしうどんの出来上がり。

    目に鮮やかで朝の食卓にピッタリうどん。
    ズルンとたぐる。
    胡麻の風味がとても濃厚。
    うどんの食感、ヌルンとなめらか、喉をしたたか撫で回す。
    カツカツ、シャキシャキ、フルフル、シットリ、具の食感に味わいにぎやか。
    多彩でおいしい朝になる。

    それから朝のおやつにフレッシュとうもろこし。

    2efae61c.jpeg生のとうもろこしを買ってきて、それを電子レンジでチンして茹でる。
    皮を剥ぎ、ラップでくるんでそのまま5分。
    2分ほどしてポンッとラップがはぜる音がする。
    ちょっとビックリ。
    それで電子レンジに近づくと、甘い匂いが漂ってくる。
    あぁ、おいしそう。
    5分の時間が待ち遠しくなるたのしい香りに電子レンジの前から離れずジッとしばらく中を見る。
    チンとベルがなって5分を告げたら一旦、電子レンジからとり出して、そのままそっと、熱がとれるまでラップの中で休ませる。
    ここでラップを剥いでしまうと、折角の湯気が蒸発しちゃう。
    みずみずしさが失われ、実がシワシワになってしまうのでありまして、それでそのまま。
    あら熱とれてラップをとると、プクッと粒のひとつひとつが盛り上がり、ちょっと揺するとそのままポロッとこぼれ落ちそうにみえてくる。

    カプッと食べます。
    塩も醤油もなんにもつけずにそのまんま。
    サクサク、甘い。
    噛みしめるとジュワッと口に甘いジュースと日なたの香りがやってくる。
    スイートコーンって言葉があるけど、ほんとにスイート。
    まだほんのりとあったかだけど、まるでお菓子を食べてるみたいな、そんな甘さにウットリとなる。
    両手で掴んで、前歯にあててグルンとまわしてこそげとるようにして食べる…、けれど前歯にカスがほとんどはさからないのがなんだかうれしい。
    歯がすいてないのはまだまだ若い証拠かも…、って6月最後の日曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    天丼、夜のちらし寿司 HOME 金のスプーンに蟹に鮨
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]