忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2020/04 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    かつ重弁当。

    katuju.jpgお店でカツ丼をたべるときは必ず一言「玉子の白身まで固まるようにしてください!」と注文つける。
    目玉焼きの時は「玉子の黄身まで焼いて」というけど丼玉子や卵とじにする玉子の場合は「白身をしっかり固めてください」と。
    溶いた玉子のブルブルとした生の白身の部分は生の黄身より厄介。
    苦手だからと箸でとろうとしてもヌルンと逃げていく。
    しかも黄身に比べて熱が入りづらくて白身を固めてもらわなくっちゃ食べられない。

    その点、カツ丼とかかつ重とかのお弁当。
    さすがに「生っぽい状態の玉子」は鮮度保全に問題があるからなのでしょう。
    キッチリ全部に熱が入ってて、玉子がフックラ、シットリしてる。
    なんだかウレシイ。
    しかもそれを電子レンジでチンして食べればウェルダン以上の状態になる。
    ヒレ肉使ったトンカツも、シットリやわらか。
    出汁を含んだパン粉衣がフックラ玉子と一体化して、スポンジみたいにフッカリする。
    別に煮込んだ薄切りタマネギ。
    ご飯の上に敷き詰めて、それがシャキシャキ、歯においしい。
    あっためますかと言われたけれど、肉が固くなるのが嫌で、冷たいままで食べたのだけど冷たい玉子がまるでプリンのように感じる。
    それも乙なもの、腹、ふくる。

    一緒にカップスープをたのしむ。

    katukongarisoup.jpg「じっくりコトコトこんがりパンのはいったコーンポタージュ」。
    ポッカが作ってる、長ぁい名前のカップスープで、今、ちょっとしたオキニイリ。
    そもそもポッカっていう会社。
    業務用のコーンスープや、クルトンでかなりのシェアを持ってる会社。
    ファミリーレストランのサラダやスープに使われているクルトンの、ほぼほとんどがポッカの製品って思っていいほど、業界筋では有名でそれを応用したモノでしょう。

    カップの蓋をペロンと開けて、お湯を注ぐ。
    10秒ほどグルグルかき混ぜ粉とお湯をなじませたらばしばらくそのまま放置する。
    なんともおおらかな作り方。
    けれどトロトロ、とろみがシッカリつくのですよね。
    甘み、うま味もバランスとれててなにより大きなクルトン状のパンが、フッカリ、シットリ、とてもなめらか。
    カップ半分位の量で十分、「食べた!」って充足感を得られるステキ。
    そういや今朝、モスで食べたコーンポタージュ。
    あれも十分おいしかったけど、もしかしたらばこっちの方がおいしいかもネ…、と思ったりした、コンビニ料理のスゴイとこ…。

    食後にスタバのラッテをゴクリ。

    katsussb.jpgお弁当を買ってきたのと同時に買った。
    もらったときには熱々で、スリーブを穿かせていないと手に持てないほど。
    注文するとき、エキストラホットでお願いしますって言ったら、期待以上にエキストラになっていた(笑)。
    リットをしたまま、テーブルの上にそっと置き食べ終わったら飲んでやろう…、と思って食べてた。
    食べたる間、ずっとコーヒーの甘い匂いがしてくるんですよね。
    レストランにいるような、そんな感覚。
    コーヒーの香りって、不思議と食欲、煽ってくれる。
    もしかしたらばコーヒーの、味より香りの方が好きかも…、って思ったりする。

    カツ重キレイに平らげて、そしてカップを手にしたら程良くあったか。
    スリーブ外して飲もうと思えば飲めなくもない程度の熱さで、だからゴクゴク。
    フウフウしないで飲むことできる。
    これを飲んだら、打ち合わせ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    後楽園で仲間と中華の雪の夜 HOME プリエビサルサなモスの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]