忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを渋谷で。

    89fb627f.jpegパンチョっていう店。
    ナポリタンとミートソース限定の、男児系スパゲティーの専門店で、御徒町にも、もう一軒。
    そっちの方は2年ほど前に行ったコトがありけれど渋谷のお店ははじめて。
    そもそもこうした大食い系のスパゲティーの店。
    次郎系のラーメン屋さんとニーズが似ていてだから、御徒町という街にはぴったり合うだろうと思ってた。
    けれど渋谷はいかがなものか?
    あそこはギャルの街でしょう…、と思っていたら、なんのなんの。
    渋谷はある意味、ガッツリ系のラーメンの聖地のひとつでもあるという。
    新宿の麺屋武蔵の支店もある。
    街のはずれにいくと大盛り万歳系のラーメン店も結構あって、ギャルな渋谷は駅前、あるいは109の周辺だけと今日は実感。

    だってお店にはいると満席。
    早めのお昼で、12時前であったのにしばらく待って入店となる。
    お店の入り口に置かれた券売機で、チケットを買いお店の人に手渡して、一旦、お店の外にでて階段部分で並んで待ちます。
    お店の中はほぼ男性。
    ネクタイ系のサラリーマンが結構いるのにビックリします。
    ボクらの後に続いて並ぶ人たちも、ほぼ100%営業系の人たちでしょうか…、渋谷の街の意外な一面。

    4eda2a41.jpeg5分ほど待ち、席の準備が出来ましたと。
    お店に入ってテーブルにつく。
    テーブルの上にピタリとビニール製クロス。
    ここを真似して楽釜製麺所がやっている、池袋の「東京スパゲッチ」ってお店ではこのビニールクロスが熱でベロンベロンになっている。
    まるでおんなじ柄のクロスで、けれど素材や貼り方を真似るコトをしなかったのか。
    形は真似たが、その本質はわからなかったというよくある出来事。
    かわいそう(笑)。

    テーブルの上にはあれこれ調味料が並んで、あなた好みに食べて頂戴ってサービス精神ひしひし感じる。
    お冷は自分で注ぎなさい…、と。
    客席の真ん中にウォータークーラーがあるのだけれど、そこでお水を注ごうとしたら「今日は冷えていませんから、製氷機から氷をとって冷やしてください」と。
    なんたる自由自在なコト。

    d215d6a3.jpegお水を飲みつつ待ってると、やってくるのがこの一品。
    麺650gという重量級のナポリタン。
    そこにドテッとハンバーグ。

    細めのうどんくらいもある、ど太い麺。
    よく茹で。
    しかも茹でおき。
    それを油で良く炒め、麺そのもののところどころが焦げている。
    小麦粉麺をコンガリ焼くと、ただそれだけで小麦の甘さと旨みが際立つ。
    そこにケチャップ。
    それからソース。
    ジャジャっと焼いて、そこにドッシリ、ハンバーグ。

    このハンバーグ自体がおそらく200g近くはありそうなシロモノなんだけど、麺が多くて小さく見える。
    お腹いっぱい食べてって…、そんなサービス精神感じる、ウットリです。
    ナポリタンの甘酸っぱいおいしい香りが鼻をくすぐり、よし食べてやる…、って気合が自然に入るシアワセ。
    ムッチリ、ムチムチ。
    麺が口を満たして歯茎を撫でていく、充実感がまずゴチソウ。

    1823728e.jpeg大食い仲間と一緒にいって、それで厚切ベーコンをトッピングしたのをたのみ、わけあった。
    確かに分厚いベーコンをコンガリ焼いたのがベロンを一枚。
    大きなお皿の端から端を埋め尽くすような存在感に、これはこれで目のゴチソウ。

    ピーマン、玉ねぎ、それから大量のソーセージ。
    具材もたっぷり。
    モサモサムチムチした麺に、コッテリこびりついたケチャップソースと一緒に口に入って食感にぎやか。
    かなりの量をグイグイむさぼる。

    ただ相当の分量で、やっぱり途中で味を変えたくなるのであります。
    そんな時のためにテーブルの上の調味料。
    タバスコ、パシャッ。
    酸味を帯びた尖った辛味が麺をピリッと引きしめて、ソースの甘みを引き立てる。
    粉チーズをパラッ。
    チーズのコクと旨味が麺にからみつき、モソモソ感を際立たせ口の中でグラタン味が出来上がる。
    辛味ソースという特製の調味料が用意されてて、それをかけるとにんにく醤油の旨みと一緒に食べるラー油のような風味がからむ。
    そしてチャチャッとマヨネーズ。
    結局すべての調味料をドサドサかけて濃い味にして、グイグイ食べてお腹を満たす。
    ナポリタンっていうナツカシイ味。
    子供の頃に、お腹いっぱい食べたいって憧れていた気持ちをこうして満たすシアワセ。
    さてお仕事へと向かうなり。




    関連ランキング:パスタ | 渋谷駅神泉駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    パンチョ
    やはりこの量を食べれるサカキさんはスゴい!
    自分は普通盛り(普通の店では大盛クラスですよね)プラス、ハンバーグでアップアップでした。
    サカキさん、まだまだイケる口ですね~(笑)流石です。
    オレンジさん / 2011/05/11(Wed) /
    ギャルだからこそ
    スマしているのは気のなる男の子の前だけで、女子だけとなったら、食べる、食べる。650gは、さすがにちょっと多いでしょうが、ガッツリ系は渋谷でもそれなりに需要有りです。
    波留さん / 2011/05/11(Wed) /
    でへへ
    > オレンジさん
    食べちゃいかんとは思いながら、やっぱり食べちゃう。
    炭水化物ってなんでこんなに美味しいんだろう…、って。
    しかも夜にはきっちりお腹がすくというのが不思議なところ。
    まだまだ頑張れるって思いましたw
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/11(Wed) /
    たしかにギャルも
    > 波留さん
    ボクたちが表に出るときに、階段のところで女子が一人待っていました。
    普通に痩せた女性で彼女も、同志なんだとなんだかニッコリなりました。

    お店で働いているスタッフはまさにギャルで、その子もモリモリ食べそうなたのもしい雰囲気でもありました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/11(Wed) /
    無題
    パンチョのスパゲティー大好きです!上野に行ったときはよく食べに行きます。アルデンテとは違う、あの食感が好きです。量も値段も満足のいくお店ですよね。ぼくは大盛りまでしか食べたことないです。
    チキンさん / 2011/05/11(Wed) /
    大盛りで
    > チキンさん
    大盛りがお腹の中に収まれば十分大食い同志ということではないか…、と。
    ここのスパゲティー。
    なぜだかお腹の中に収まってくれるんですよね。
    不思議です(笑)
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/11(Wed) /
    今日の仕事と今日の夜 HOME ホットミルクにキッコーマン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]