忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    おはようございます、と水曜日。

    37896135.jpeg昨日と打って変わって寒い朝。
    しかも雨まで降っている。
    午前中の早い時間は家でちょっとまとめ物。
    それで近所で朝にしましょう…、とグレイスにくる。

    オキニイリの喫茶店。
    道路を行き交う傘の花。
    街はシットリ濡れていて、建物、景色の輪郭がクッキリしている。
    茶色、緑がドッシリとしてみえるステキにニコリとなります。
    お店に入ると、いつも以上のお客様の入り。
    みんなおなじみさんばかり。
    雨だから、オキニイリのお店で朝をとりましょう…、とみんなの気持ちがシンクロしたのかもしれないです。
    いつものテーブルがもらえずそれで、厨房の前の小さなテーブルもらって着席。

    ハムエッグの定食を作ってもらう。

    b5c27162.jpeg玉子2個のハムエッグ。
    ハムを一緒に焼く焼き方と、卵とハムを別に焼くここの焼き方。
    どちらかと言えば、ハムをまずやきそこにかぶさるように玉子をポタンと落とし、一緒にクチュクチュ焼くのが好き。
    けれど玉子をよく焼きで…、とお願いするとその焼き方はちょっと厄介。
    だからこうして焼かれることを、当たり前とおもいましょ。
    ハムはササッと汗かく程度に焼いているのでプルンとさっぱり。

    それと一緒にグリーンサラダ。
    ドレッシングが定期的に変わるようで、今朝はサウザンアイランド。
    マヨネーズっぽいコッテリとした味が朝の体にしみる。
    キュウリのキュウちゃん。
    今日の小鉢はじゃがいも、ゴボウのマヨネーズ和え。
    胡椒がたっぷり、風味を添えてサラダのような和え物みたいな不思議な味わい。
    オモシロイ。
    こっくりとした味噌汁をふうふうしながら、食べると気持ちがあったまる。
    ご飯の上には黒い胡麻。
    ココのマスター。
    胡麻がオキニイリのようでして、洋朝食をたのんでもかならずついてやってくるヨーグルトの上に胡麻をパラパラ散らしてる。
    健康的なおもてなし。

    4ee8a617.jpegそれにしてもココの玉子の焼きあがり方。
    ウットリするほどのオキニイリ。
    白身がガリガリ、底の部分が焦げるほどまで熱がくわわりサクサクしてる。
    ここまで熱を入れられると、白身が甘くなるのですね。
    タンパク質がもともと持ってる甘みがズシッと濃厚味。
    ちょっと苦味も感じるけれど、それが嫌じゃないのは多分、旨みを含んだ苦味だから。
    黄身はシットリ。
    口の中でなめらかになる…、オゴチソウ。

    セットの飲み物をホットミルクに。
    「ホットミルクをくださいな」と、お願いするとお店の人がニッコリしながら、「今日はちょっと肌寒いですものね」って相槌。

    手鍋でやさしくあたためた、ホットミルクは目にもやさしい。
    そのまま飲んでもほのかに甘く、砂糖を入れて味わうと、体に染み込む朝の栄養。
    しばらくそのまま放っておくとミルクの膜が表面につく。
    それをペロンと舌に移して、ユックリ溶かして味わうとなんだか昔のコト、思い出す。
    コーヒー、紅茶は大人の飲み物。
    子供はホットミルクかココアを飲みなさい…、と。
    でもその頃のホットミルクはもっとお乳の匂いが濃厚だった。
    ムワッとちょっとむせ返るような匂いがしたけど、そんな匂いを今は感じぬ、ボクが大人になったということ?
    それともミルクが変わってしまったということなのか、どうかなぁ…。

    ところで定食のお盆の上にのっかるキッコーマンの「しょうゆ卓上びん」。
    gkikkoman.jpg1961年に発売されて以来、まるでかわらぬデザインで変わる必要のない美しさを変わらずこうして50年。
    瓶メーカーが企画したり作ったりしたものではなく、醤油メーカーが自らの醤油をもっとも効率よく、衛生的にうつくしく注ぐことを目的に作ったボトル。
    このボトルの形をみると、日本人なら醤油のコトを思い浮かべる。
    しかもそれはキッコーマン。
    日本だけじゃなく世界のどこに行ってもキッコーマンの醤油はこうした形の中で息づいている。
    なんてステキで、凄いコト。
    栄久庵憲司(えくあん・けんじ)さんていうインダストリアルデザイナーの初期の作品なんだそうです。
    後に新幹線や成田エクスプレスの車両をデザインすることになる、モダンデザイン界の巨匠の作品を、こうして気軽に使えるシアワセ。
    これも一つのおもてなしかなぁ…、と思ったりした、雨の日の朝。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ショウユ
    アメリカでも「ショウユ」はこのボトル、っていうイメージのようです。
    注ぎやすく、こぼれたり、漏れたりしないし安定性があり、しかも一目で醤油とわかる 世に浸透しきったデザイン・・・考えてみたらすごいことですね。
    今まで当たり前だと思っていましたけれど。
    日本ってステキって改めて思います。

    先日近所のレストランで朝食を食べた際、目玉焼きを頼んだのですが テーブルには塩コショウしかなく、醤油は無いと言われてしまって・・・。
    目玉焼きには醤油なの!(たまに気分でウスターソースなの!)な、自分の日本人度を感じました。(笑)
    ちょっとうれしかったです。

    それにしてもサカキさんの写真と言葉があると、ものすごく美味しそうでおなかがすいちゃいます。
    サカキ・マジック・・・ステキング。
    今日もステキな日になりますように。
    ねえねえさん / 2011/05/11(Wed) /
    お醤油
    > ねえねえさん
    アメリカに研修旅行にでかけるとき。
    かならず忘れず持っていくのが醤油のパック。
    どんなお料理も醤油をかけるとなんとかなる…。
    本当はいけないんだろうなぁ…、と思いながらもモートンズのステーキに醤油をちょっとたらすと1キロなんてすぐにお腹の中に収まってしまう。
    ただ、ご飯が欲しくなるのが玉に瑕ですけれど…。

    この醤油のボトル。
    ほぼボクと同い年なんだと思うと、感慨ひとしおでもありますね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/11(Wed) /
    美しい・・・。
    まさにこのボトル、「芸術作品」ですよね・・・素晴らしい。「インダストリアルデザイナー」という職業に昔々、憧れて、そして惚れたのがデザインに興味を持ち始めたキッカケだったりする私・・・。とはいえ、その道を歩んでいるワケではないのですが(笑)、こういうものを見ている瞬間って、気持ちが良いですね。そして、「仕事」と「趣味」の違いを考えさせられたりもします・・・。深いですよね。モノのデザインって、ふっとした「遊び」から発想が生まれたりするでしょうから、感性も大事ですよね・・・。こういうモノを作り出せるヒトって、すごくカッコイイですよねっ!!
    りりこりあさん / 2011/05/12(Thu) /
    びんびん
    いいですね〜
    このかたち

    このまえ手に入れたのの
    中身はすぐになくなり
    いまは地元の醤油屋さんの
    おきにいりの醤油が
    はいっております。

    先日、鹿児島に仕事で行った折
    こんどは黄色い帽子の
    かわいこちゃんに出会っちゃいました。

    タカラソース
    いちき市にある
    吉村醸造さんのすてきなソース

    これオキニイリ
    ネコスタさん / 2011/05/12(Thu) /
    実用のデザイン
    > りりこりあさん
    見事な存在感でありながら、デザインそのものが主張しすぎない。
    あくまで醤油を入れる器。
    注ぐ道具としてそこに存在してくれる。
    実用のためのデザインというこれ…、本当にすばらしいと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/12(Thu) /
    いちき串木野
    > ネコスタさん
    まぐろの街、いちき串木野。
    焼酎のいい瓶元があったり、おいしいさつま揚げやさんがあったりと、ボクの大好きな地域でもあります。
    その街のソース。
    強烈にココロ惹かれてしまいました。
    早速ブックマーク。
    今度、お取り寄せでも…、と思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/12(Thu) /
    かわいこちゃん
    きいろいぼうしのかわいこちゃん
    なぜかHPにのってない。

    なんだかせっかくなので
    お姿おみせしたい!
    iphoneで撮影して
    どこかにのせるかなと
    おもいちゅう


    そういえば
    サカキさんの公式HPって
    あるのでしょうか?

    ネコスタさん / 2011/05/12(Thu) /
    HP
    > ネコスタさん
    ホームページは大昔、やっていたんです。
    その時のホームページの名前が、「サカキノホトンブ」。
    サカキシンイチロウノホトンドゼンブの略でつけたのの、ブログなんで、これは「サカキノホトンブログ」と名付けたんです。
    今はちょっとお休み中。
    いろいろ落ち着いたらまたじんわり始動しようかと思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/12(Thu) /
    渋谷のパンチョ、ナポリタン HOME ハルチカ・ハコズシ・ハムヤショク
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]