忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、ちょっと散歩をしようと思い、四ツ谷に向かっててくてく歩く。途中でお昼。



    サルサカバナ・バールというメキシコ料理のお店をたずねる。
    小さなお店。オープンキッチンでちょっと屋台な感じがするのがたのしくて、お店の外観もラテン的でかわいらしい。
    デリバリーをやっているんでしょう…、コロンとしたバイクが置かれているとこもかわいらしくて、これでギラッと晴れてればメキシコっぽさがグイッと際立つ景色になるに違いない。



    お昼時にはバフェ付きランチをやっている。
    キッチンの前のカウンター。夜にはショットバーのようになるとこに、料理がズラッとならんでそれが食べ放題。
    豆と牛肉を煮込んだトマト風味のチリコンカルネ。
    ブロッコリや鶏肉をチーズと一緒に煮込んだモノに、ざく切りにしたレタスにサルサ。チーズクリームにトマトスープとスパイシーで野菜をタップリ食べられる料理が昼のお腹にウレシイ。テーブルの上にハラペニョオイルが置かれて、それで辛味を整えながら、ハフハフ食べてメインを待ちます。



    メインは三種。ステーキ、タコス、そしてブリトー。
    ブリトーたのむ!
    最近、ちょっとオキニナリ。
    ココのは小麦のトルティアで豆の煮込みや肉をくるんでトマトソースとチーズをのっけて鉄板の上でジュウジュウ焼きつつやってくる。
    ちょっと厚めの生地ととろけたチーズが渾然一体。鉄板に触れた部分がネットリまるでお餅のように粘って仕上がる独特さ。



    割ると中からゴロゴロ、チキンのむな肉が転がしだしてやってくる。豆の鶏肉もスパイスのフレーバーがしっかりついててけれど薄味。それをトマトソースやテーブルの上のスパイス調味料を使って好みの味に仕上げる。
    バフェカウンターの上のレタスやサルサ。シラントロライスをのっけて、ワシワシ混ぜてタコライスみたいにして食べてみる。
    ライムをもらって酸味を足して、できればこれにタップリのコリアンダーがついてくれてたら言うことなしのオキニイリ。
    今度は夜にまたきましょう…、と思ったりした。いい感じ。


    関連ランキング:メキシコ料理 | 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅



    それから歩いて家に帰る途中でお茶。辛いお昼で燃えるお腹に、スターバックスのエスプレッソマキアート。



    テラスっぽい屋外席のある店で、そこにワンちゃん連れのお客様が集まりちょっとした社交場みたいになっている。
    見ればワンちゃんオーナーにもちょっとしたヒエラルキーがあるようで、この界隈で大型犬を飼えてる人はとても自慢げ。ちやほやされててオモシロイ(笑)。
    ただどうだろう…、犬を椅子に座らせる人の多いこと。
    土足で椅子に人は座らぬように、本当は犬を不特定多数の人のためにある飲食店の椅子に座らせるのっていいんだろうか…、って思ったりした。ワカラナイ。

    ちなみに今日はいろんな日。
    大人の事情で年に何回かあるアイスクリームの日のひとつが今日。メイ(May)9の日というコトで、メイクの日。こ(5)く(9)ばんで、黒板の日。
    それから呼吸の日でもあるらしい。…、で、思い出したのがこの映画。



    2008年の韓国映画。「息もできない」。
    社会の最底辺に生きるということは、人間的である感情を棚上げすること…、とそうココロに決めた若者が、あるコトをキッカケに人間としての感情を取り戻す。
    けれどそれもつかの間という、もう切なくて泣ける一本。
    ひさしぶりに見返したくもあり、けれどココロが元気なときでなくてはみられいないなとしばらく我慢のオキニイリ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    わらやき屋 HOME オワリトハジマリ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]