忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    遠くから友人が来て酒を飲む夜…、ゴキゲンに。渋谷で待ち合わせをして、予約をしてた目的の店に着いたらオープン15分前。
    どうしようかなぁ…、と思って周りを見てみたら、たまたま隣にこれまた来たくてしょうがなかったお店があった。



    「ピザスライス」っていうお店で、店名通り、大きなピザをスライスしワンピースごとに売るお店。
    アメリカ。特にニューヨークではこのスタイルのお店が普通。
    イタリア風に薪で焼くんじゃなくて、コークス使って超高温でパリッと焼き上げハフハフ食べる。
    そんなお店ができたからって、ブックマークをしていたところ。



    おしゃれな店です。表からみると、飲食店にはちょっと見えない。
    中に入ればテーブルがあり、奥にカウンターがあってショーケースの中にピザが置かれているから、レストランだとわかるんだけど、少々、入りづらいかも。
    雰囲気でいえば、アバクロンビーフィッチでピザを売ってる感じ?
    シンプルで、高い天井に抜け感のある広い空間がカッコいいうえ、居心地もいい。



    ビールをたのむと、ペーパーバッグにクシャッと包んで出してくる。
    ひゃは、オモシロイ。
    アメリカではお外でアルコールを飲むのはご法度。紙袋の中に瓶を隠して持ってる人は大抵、アルコール依存症だったりするのだけれど、それを遊び心でパロってこうして出してくる。
    カッコいいです…、いい感じ。

    一度焼いたピザを注文してから再び焼く。チーズが焦げてトロンとなったところでやってくるのだけれど、香りがアメリカ。オレガノとトマトの香りが鼻をくすぐりもうおいしい。



    薄くて、しかも底の部分はカリッと固い。ナポリピザなんかと違ってフックラ感がまるでなくって、ソースとチーズが直接舌にのっかる感じ。
    箸の部分はカリッとちょっとクラッカーのような感じで、軽い癖して顎にガツンと存在感がとてもたのしい。
    トッピングもペパロニ、イタリアンソーセージとアメリカ人の好きなモノがそろってて、この後もしも予定がなければ一人で十分、2枚は普通に食べられるよなってこれはかなりのオキニイリ。
    この生地を紐状にしてくるんと丸め、エスカルゴバターを乗っけて焼いたガーリックノッツっていうスナックも、凶暴なほどにおいしくて、また来なくっちゃと思うココ。


    関連ランキング:ピザ | 渋谷駅代官山駅恵比寿駅



    ちなみに愛すべきNYスタイルのピッツェリア。ジョーズピザの紹介動画。



    まさにこんな感じでござる。グリニッジビレッジの店にはかなりお世話になった。ココのお店も違う場所で、もっと気軽な売り方すればいい線いったんじゃないかなぁ…、って思いもしました。夜のコト。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オステリアウララ HOME CHABUTON
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]