忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事の仲間と一緒に夕食…、青山一丁目のビルの中に開店したばかりのお店に来ます。

    doichan.jpgセニョールどいちゃん」。
    「どいちゃん」という居酒屋が、実は東京駅の近所のビル。
    東京ビルディングの地下一階。
    TOKIAという飲食フロアに5年ほど前から営業している。
    立ち飲みコーナーとテーブル席を混在させたスペインバルのような居酒屋。
    ホルモン料理を中心にして、アジアンテイストの創作料理でお酒をおいしくめしあがれ的コンセプトにて、かなり繁盛させていた。
    そこが今回あたらしく、スペインバルを開店させた。
    もともとバルをイメージしながら作りあげたショップブランド。
    やっともともとのスペイン的なる本物バルに戻ってきました…、そんな感じでありましょうか。
    かなり繁盛しているよ…、っていうので見にやって来る。

    ここも他のお店のように、飲み物と簡単な前菜用のカウンターがあり、その周りだけ立ち飲みコーナーのようになってる。
    カウンターの中には厨房。
    どこに座っても、もれなく厨房の中の様子を見渡せる。
    50坪も無いでしょうか?
    客席数はとりあえず80席ちかくありますか。
    けれどホールのそこここに立ち飲みコーナーが作ってあって、全部入ったら入ったら何人くらい収容できるかわからない。

    3a22a7ca.jpegまずはタパスをもらいます。
    作り置きのきく料理を小皿に入れてお酒と一緒に召し上がれ。
    冷たいままでおいしい料理があれこれ揃い、だから座ってたちまちテーブルの上がにぎやかになる。
    たのしい食事をするにはこうしたスピード感が大切。
    いつまでたってもテーブルの上に料理がこない。
    それでは話も盛り上がらない。
    なによりお酒がたのしく飲めない。
    だからこうした「とりあえず的」料理がたくさん揃っているのはたのしく、とてもありがたいコト。
    今日のおすすめタパスはツナのムース。
    それから鰯の酢漬けにカポナータ。
    どれもシッカリ、メリハリのある味わいでお酒が進む。

    ハッピーアワーのシステムを取り入れているこのお店。

    ca2346e3.jpeg夕方開店時間から、7時まではビールやグラスワインが半額。
    それを目当てに…、かもしれません。
    次々、お客様がやってくる。
    6時前にはほとんどテーブルは埋まってしまいそれでも次々。
    どうするんだろうって思ってみてたら立ち飲みコーナーにみんなすんなり収まっていく。
    6時過ぎには40人くらいの人が立って飲んでましたか。
    飲むだけでなく、おつまみつまんで語り合いいい雰囲気を醸し出してる。
    立ち飲みコーナーで飲んでる人の半分くらいは、ほろよい気分で30分ほどでごちそうさまって帰っていく。
    残り半分はテーブル席があくのを待ってる。
    まるでアメリカによくあるカジュアルレストランのバーカウンターの周りの雰囲気。
    こうしたお店を作ろうと、いろんな人が試行錯誤を今までしてきた。
    けれどなかなか定着せずに、ところがココではそれが自然に行われている。

    場所に客層、それからサービス。
    商品の値段や気軽な品揃えまで含めてこうした立ち飲みムードを作り出すことに成功したのでありましょう。
    テーブルに座った人は自分たちで盛り上がることができる環境。
    けれど立ち飲みコーナーではその快適が味わえず、だから店長や熟練サービススタッフがそこに貼りつき笑顔をふりまく。
    良いサービスを受けたかったら立ち飲みコーナー…、上手いなぁって思います。

    d069946b.jpegそれからピンチョス。
    一口大のおつまみ料理がピンチョスで、スペインの大衆料理の根幹なすもの。
    その大抵が、串に刺さるか、パンに乗っかりやってくる。
    それというのもスペインの食。
    立ち食い、立ち飲み文化がメイン。
    立ったままいろんな料理をちょっとづつ、つまみながらお酒を飲んで満足したら、次のお店に移動する。
    店それぞれに自慢のピンチョがあるものだから、食べたい料理をもとめてうろうろ。
    夜中になると街中酔っぱらいが千鳥足してさまよっている。
    不思議な景色が毎晩、毎晩、繰り広げられているのであります。
    なんとシアワセなスペインの人。

    ここも立ち飲みコーナーを充実させていてだから、ピンチョスメニューが充実してる。
    お通しからして野菜のピンチョで、けれど売りは「鉄板ピンチョス」。
    お店の中に大きな鉄板が置かれてて、そこでいろんな料理を作る。
    肉を焼いたり魚を蒸したり。
    それを細かく切り分けて、串をさしてピンチョス状にして提供する。
    鉄板という調理器具。
    大量調理に最適でそもそもスペイン料理の中にも「プランチャ」って言う鉄板使った料理がある。
    例えば鶏のセセリを焼いて、パンや野菜と一緒に串にさして出す。
    お腹にほどよくたまる上、気軽にポンポン、口の中に入ってくるのがたのしい感じ。
    これまた鉄板で焼いたトリッパ。
    オリーブオイルと塩で食べるシンプルながらネットリとした食感うまし。

    65d32312.jpeg鉄板の上で焼き上げる「鉄板パエリア」がここの名物。

    考えてみればパエリアって言う料理もある意味、鉄板料理と言えなくもない。
    ごはん料理でありながら、炊くのではなく、タップリのスープの中で焼き上げる。
    蓋もしないし、水加減も厳密でなく仕上がり具合をみながら臨機応変に焼き方加減をする料理。
    それがパエリア。
    だからココでも鉄板の上にお米をおいて、そこにサフラン、魚の旨みやハモンの出汁を加えたスープをとくとく注ぐ。
    注ぎながらよくかき混ぜて、お米に吸わせてフツフツと焼く。
    ご飯がスキッと透き通りほどよく熱が入るまで、スープを注ぎ焼きつつ水気をとばすを何度も繰り返し、最後はアルミホイルで覆って蒸らす。

    30人前を一度に焼いて、焼きあがったらそれを大きな皿に移して盛る。
    カランカランと鐘を鳴らして、そのパエリアを客席廻ってみんなに見せる。
    いかがですかと、そこでオーダーとって売り切る。
    おなじみさんは焼き上がりの時間をまずきき、予約をしてから飲み始めるのね…、ボクらも予約をして味わった。
    少々、シットリ…、お米に芯がない焼き上がり。
    エビやホタテに野菜にチキンといろんな素材の味がお米に染みこんでウマさは十分。
    レモンをタップリしぼって酸味を足すとスキッと、〆のお腹にピタッとはまる。

    コレ以外にもスペイン料理をアレンジしたたのしい料理があれやこれやと…。
    7f108db2.jpegむきエビをオリーブオイルで煮込んだスペインの定番料理。
    塩タコを薄切りにして鉄板で焼き、それをマッシュポテトの上に並べた料理。
    これもオリーブオイルとカイエンヌペッパーでアクセントつけ酒の肴にピタリとはまる。
    しかもマッシュポテトがガーリッキーで塩も十分、だから芋までお酒向き。
    干したタラをスープで戻し、それをほぐしてマッシュポテトと合わせてパン粉をまぶしたコロッケ。
    これはおそらくポルトガル的なる料理のなぞり。
    マッシュポテトに混ざったチーズがうま味とコクを発揮して、カサカサとしたパン粉も旨く、ディップ用に用意されてるアイオリソースもまた上等。
    スペイン産のオイルサーディンにトマトとニンニク、それから唐辛子オイルをタップリ入れて焼いたつまみも気がきいている。
    飛び上がるほどおいしい訳ではないけれど、どれ一つとして間違った味がない的確と、なによりお酒と会話が主役の食卓に程よき味がいいと感じた。
    おそらく今、東京という街で一番元気でにぎわっている、お店の一つじゃないかしら…、勉強のためまたこなくっちゃって思って帰る、また来ます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    てっきり
    僕が呼ばれたのかと(笑)
    それにしても美味しそうですね!みているだけでも元気がわき出てきそうです。
    美味しいものを食べて充電して仕事がんばる!そんなプラスなサイクルっていいですよね♪
    週末は美味しいもの探しに行こうかなぁ
    あっくんさん / 2011/04/21(Thu) /
    すてきなレストランですねー
    すてきなレストランですねー。行ってみたい!
    日本でもオトナな女性がひとり立ち飲みで
    気軽にワイン片手にタパス、ピンチョスが食べられるお店が
    もっと増えたら(できたら)いいなーと思います。
    サラぽんさん / 2011/04/21(Thu) /
    たしかに
    > あっくんさん
    セニョールどいさんでらっしゃいました…、あっくんさん(笑)。
    人をシアワセにするレストラン。
    いいなぁって思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/04/21(Thu) /
    女性の立ち飲み
    > サラぽんさん
    昨夜、ちょうどボクたちのテーブルの前で背筋の伸びた女性が一人でやってきて、ワインを片手にピンチョスつまんで、モノの30分ほどで出て行かれました。
    かっこ良かった。
    おっさん系の立ちのみの店は好きではないんですが、こうしたみんなが笑顔でニコニコできる立ち飲みバル。
    いいなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/04/21(Thu) /
    ソルロンタンで朝のコト HOME たん焼き一心
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]