忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    水道橋で小さなイベント…、それでお昼をイベント会場の近所でとった。

    is.jpg「一心」というたん焼きの店。
    仙台風の牛たん焼き。
    今でこそ、東京では珍しいモノじゃなくなった。
    専門店がいろんなところにお店を出した。
    本場仙台から次々、有名店が進出してきたということもある。
    けれどこの店。
    そんなブームが起こる前から、ずっとココでお店をやってる。
    もう30年以上になりますか…。
    当時は焼肉店でも牛たんという焼き物メニューは一般的ではなかった中で、おそらくボクが生まれてはじめて焼いた牛たんを食べたのはこの店だった。
    そう記憶する。

    それにしても、今朝はあれほど寒かったのに日差しが強くて気持ち良い昼。
    丸の内線を後楽園でおり、ちょっと歩いた坂の入り口。
    そこに小さなお店があります。
    時間は11時半ちょっと過ぎ。
    ランチ営業の開店直後というこの時間で、続々、お客様がやってくる。
    地域に根づいた繁盛店には、お客様が待ちかねてくる…、というコトなのでありましょう。

    c5084a94.jpeg牛たん定食。
    牛のたん焼きに、漬物、それから麦ごはん。
    テールスープがついてそれでひとそろえ。
    追加で山芋とろろをつけるコトができるというので、それを追加する。
    東京でどこよりも先にチェーン化した牛たん屋さんがなぜだか、山芋とろろをセットのデフォルトにしちゃったもので、ここ東京ではとろろがつくのが当たり前になっちゃった。
    けれど本場仙台では、とろろは必須アイテムじゃない。
    だから追加が当たり前。

    しばらく待ちます。
    うんざりしない程度のしばらく。
    いくら急ぎのランチといえども、注文をしてすぐにくるのじゃ味気ない。
    ちょっと待つ。
    自分のために作ってくれてありがたい…、とそう実感できる程度の時間を待って、それでやってきたのがこの一品。
    つやつやとした牛タン3枚。
    表面こんがり香ばしく焼け、網の模様がシッカリついてる。
    炭の香りもおいしくて、思わずヨダレが湧いてくる。
    かつてはもう少し、枚数があったように記憶します。
    今、牛たんを手に入れるのはかなり大変。
    品質落として量にこだわるより、ココは分厚さ、品質ともに昔のまんまでその分、ちょっと量を減らしてる。
    これも一つの選択肢…、おいしい本物が食べられるのならこれで十分、ボクは好き。

    1c179ba3.jpeg歯ごたえミッチリした牛のたん。
    程良く固い。
    けれどサクッと見事に歯切れて、しかもたん独特の濃厚なコクがほとばしり出る。
    噛めば噛むほどうま味がにじむ、顎がおいしいオゴチソウ。
    実は朝。
    パンケーキというふんわりとしたモノを食べてて、昼は絶対、顎を動かす料理にしよう…。
    どこにしようか、と一番先にやってきたのがココのたん。
    初心貫徹…、ニコリとなった。

    ここのとろろは玉子抜き。
    そもそもとろろに生の玉子がポトンと落ちてる…、これは反則ってボクは思う。
    「とろろに玉子は入ってますか?」ってそっと聞いたら、「うちのは月見じゃないですから」って。
    たしかにそうと思って、パンっと膝叩く。
    タプタプタプタプ、醤油をたらしてよく混ぜて、粘り気たのしみそれを麦のご飯にのっける。
    一緒にざぶっと口に運ぶと、まずはとろろの粘りが歯茎を撫で回す。
    麦独特のホツホツとした食感が、とろろとまじると際立って情報量が一挙にあがる。
    分量以上に気持ちが満たされ、体に良さを味わった。

    テールスープもかなり濃厚。
    テールの肉はひとかけで、だからほとんど水分なんだけど、一口含むと肉の塊が入ってきたような充実感に満たされる。
    何度来てもシッカリしてる、キチンと満足、さて仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    セニョールどいちゃん HOME エッグスンシングス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]