忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂見附で仕事があって、赤坂見附で朝にする。

    7f2d1350.jpeg一龍別館。
    24時間営業の店。
    韓国料理で、24時間、同じ料理で商売してる。
    昼は近所の韓国系のビジネスマン。
    夜中は酔客、あるいは韓国クラブのおねぇさんたちが栄養補給にやってくる。
    朝は徹夜明け的ビジネスマンが疲れを癒しにやってきたりもするお店。

    売っているのはソルロンタン。
    「雪濃湯」と書かれることが多いお料理。
    雪のように白くてコクのあるスープ。
    それで「雪濃湯」と書くようになったのでしょう。
    牛骨や肉の端材をコトコト煮立ててスープをとって、別に煮込んだ牛肉スライス。
    春雨、素麺、ネギをくわえて器に盛る。

    仕込みするのが前提のこれ。
    だからたのめばすぐに出てくる。
    栄養がある。
    体が中からあったまり、サッパリしてて食欲なくてもおいしく感じる。
    二日酔いにはぴったりで、本場韓国でもソルロンタンの専門店は24時間営業であることが多かったりする。
    食べたいときが食べ頃という、料理なのでありましょう。

    5cd4ab90.jpegお店に入って来る人は、ほぼ100%、ソルロンタンをたのむ人。
    茹で肉だったり、キムチ豆腐のような料理を最初にたのんで食べる人もいはするけど、それでも〆はソルロンタン。
    だから座ると自動的に、おかずが出てくる。
    お店の人が、ガシャガシャ、おかずの入った小皿をテーブルの上に並べつつ、「ソルロンタンでいいですか?」って聞いてくる。
    「はい、お願い」とそう答えれば、他になんにもするコトがない。
    そういやココで、もう何年もメニューを見たことがないや。
    朝からお店にやってくる、他のお客様もみんなおんなじ。
    なんにも言わず出てくるおかずを眺めつつ、ソルロンタンをたのんで食べる。
    みんながおんなじモノをモクモク、静かに食べる不思議なムード。
    ハマるとこれが、心地良い。

    手作りおかずは見た目、おだやか。
    韓国料理のお店でいつもでてくる例えば、芋の煮込みやイリコの飴煮。
    おでんの醤油煮、韓国海苔と全部で10種類くらいもお皿がギッシリならぶ。
    ひとつひとつが、やさしい味わい。
    辛さひかえめ。
    ご家庭味で、なつかしさすら感じるおいしさ。
    ここのキムチはいつもおいしい。
    酸味があんまり強くなく、調理用じゃなくてそのまま食べておいしい状態に、いつもあって見事と思う。
    イリコを口に含んでコツコツ、噛みしめる。

    ad236fb2.jpeg小さい頃。
    おやつと言えば小魚干したモノだった。
    だからおそらく骨太君に育ったんでしょう。
    いまだ骨格がらみの故障を一度もしたことがない。
    そんな体に感謝する。

    季節やその日の仕込みでおかずの種類は変わるけど、絶対変わらず必ずやってくるのは大根キムチのカクテキひとつ。
    ソルロンタンは味を加えず仕上げるスープ。
    だから塩や胡椒で自分の味にととのえ食べるのだけど、その味付けに必ず必要なのがカクテキ。
    クチュっと漬かった大根の歯ごたえ、酸味それから辛味。
    それらがスープに混じってスッキリ。
    スープ自体のうま味もキリッとひきしまる。

    それにしてもこのスープ。
    牛骨、あるいは筋の部分のゼラチン質が溶け込んでるんでしょう。
    飲んでいるうち、唇、舌先、スベスベしてくる。
    唇同士が貼りつくほどに、なめらか、しかも濃厚でこのスベスベが体の中に入ってくるんだ…。
    そして体のすみずみやさしく行き渡り、壊れたところをそっと修復してくれる。
    それならいいなぁ…、って思ったりする。
    クニュクニュとした春雨がおいしいスープにまみれて口にやってくる。
    茹でた牛筋肉がかなりタップリはいってて、噛むとムチュンとゼラチン質を含んだ繊維が力強さを発揮して、口の中に元気みなぎる。

    9bb22223.jpegご飯がつきます。
    スープを飲んで、それからご飯を食べてもいい。
    ご飯をスプーンですくってそれを、スープにひたして食べてもいい。
    スープが少なくなったらそこに、ご飯を入れてグルグルかき混ぜオジヤみたいにして食べるのもまたおいしい。

    ところでこの店。
    どんなときでも1テーブルだけ、絶対、座らせてくれないテーブルがあるのですね。
    テレビの前のとても落ち着く一等席で、聞いたら、ここじゃないとダメだっていうお客様があるっていう。
    その人は朝に限って。
    しかも10時前後にやってくる。
    毎日ってときもあるし、週に一回くらいってときもあるけれど、その人のためにとってあるんだ…、って。
    香港の陸羽茶室っていう朝の飲茶で有名なお店があって、そこにもいくつか、お茶のポットとお箸がちゃんとセットされてるテーブルがある。
    来ても来なくても一ヶ月分のお代を振り込んでくる人もいるっていうからステキ。
    いろんな朝の外食の仕方、あり方があるというコト。
    さてさて仕事といたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フィッシュンチップス HOME セニョールどいちゃん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]