忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼は渋谷でスパマッチョ。

    985eb9a1.jpeg炒めスパ。
    しかも大盛り。
    メインがナポリタンとミートソース+トッピングという、「パンチョ」って店がつくりだしたビジネスモデルとでもいいますか。
    行列ができるラーメン屋さんラブな人たちの、ハート鷲掴みにしたコンセプトにて真似する人たちが続々出ている。
    イミテーター。
    よきライバルができてはじめてそのコンセプトも一人前。
    特に渋谷はパンチョをはじめ、次々、同様のお店ができている模様。

    ラーメン男児も渋谷にきたら、ラーメンじゃなくスパゲティー。
    ちょっとお洒落に気取ってネ…、ってことかもしれない。

    この店もそう。
    公園通りをあがったところ、パルコの裏側。
    かつてここの近所には、壁の穴の本店があった。
    壁の穴が無くなったあと、チャールストンってアメリカスタイルのパスタのお店が出来たりあるいは、ちょっと先にいくと五右衛門、イタトマなんかがひしめいていた。
    パスタに縁がある場所なのかもしれません。
    路面に面した明るい造りのお店で見た目、雰囲気、渋谷的。

    お店に入るとズラッと並んだテーブルと、テーブルの上には赤と白のチェックのクロス。

    6c1fb313.jpegこんなところもパンチョ的。
    楽釜製麺所をやってる会社がパンチョを真似て作ったお店も同じクロスを使ってて、まるでこうした業態の目印みたいになっている。

    ただテーブルに実際つくと、思った以上にレストラン的。
    テーブルとテーブルの感覚がユッタリしてて椅子もしっかり、座りやすい。
    食券前売り制じゃなく、メニューを見ながらテーブルに座って注文するって言うのもレストラン。
    多分、この店。
    もともとカフェか普通のパスタショップを居抜きで使っているんじゃないかな?
    しかもスタッフの教育が行き届いていて、一緒に飲み物はいかがですか、って聞き、いや、いいですって答えたら食後に追加もできますからって、一言くわえて会釈をします。
    券売機にはできぬサービス。
    なかなかいけてる…、ってまず思う。

    38fe5334.jpegブログやTwitterでは人気の店で、レビューしているほとんどみんなが写真を撮ってる実寸大のターミネーターのフィギュアが、今日もナポリタンを食べている。
    コレに限らず壁にはポパイやスパイダーマンなどのヒーロー映画のポスターが貼られてて映画界的マッチョに囲まれパスタを食べると言う趣向。

    ここのスパゲティーは基本、味が3種類。
    ナポリタンにミートソース。
    それに和風の醤油バターが選べるというのがちょっと独特。
    麺の量をまずは選んで、それから好みでトッピング。
    他の同様のお店に比べて、このトッピングが多彩でたのしい。
    ハンバーグだとかソーセージは大抵どこでも用意されてて、ここはそれにチキンカツだとかまで揃ってる。

    まずはナポリタンをマッチョサイズで。
    麺の量にして450gほどと、これがここの標準サイズで、普通の洋食レストランなら2
    人前弱といった分量。
    トッピングとしてチキンフライを選んでのせる。

    大きなお皿をタップリみたすボリューム感で、けれど盛られたお皿が陶器…、しかも楕円でちょっと深めのオシャレなデザイン。
    他のこうしたお店はほとんど、ステンレス製のお皿を使っているのと比べて見た目がやさしくおだやか。
    太めの麺が、見事なケチャップ色に染まっているけれど、決して油でテカテカしてない。
    具材はタマネギ、ピーマン、缶詰マッシュルーム、それからベーコン、ソーセージ。
    どれもキレイに切りそろえられ、作りが丁寧…、香りも甘くて香ばしい。

    5ae2060e.jpegまずは麺をクルンと食べると…、おやまぁ、おいしい。
    ムッチリとしたまず噛みごたえ。
    芯はない。
    けれどブヨブヨ伸びてるワケじゃなくて、麺全体にシッカリトした歯ごたえがありちょっと筋肉質な食感。
    マッチョな感じでありますネ。
    トッピングしたチキンフライがまたおいしくて、ちょっとビックリ。
    衣サクサク。
    しかも油のキレがよく前歯に触る食感見事。
    肉そのものもフッカリとした食感やさしくかなりのサイズが負担にならない。
    ソースをかけて食べるとそれだけ単独で食べても十分魅力的に思える味わい…、感心す。

    追加でおろしたチーズをもらう。
    テーブルの上にあらかじめ置いてある、調味料は実はタバスコだけなのですね。
    塩も胡椒もチーズもなくて、それだけ味に自信があると言うことでしょう。
    ただトッピング的にチーズやガーリックマヨネーズなどが用意されてて、有料ではある。
    けれどお金を取るだけのコトはある。
    クオリティ高いフレッシュなのがやってくるのがいい感じ。
    しかも実は、一緒に行った人とシェアしたオリーブオイル味のペスカトーレが先にやってきたのですけどそのときワザワザ、チーズはナポリタンと一緒でいいですか?って聞く。
    オイルベースのシーフードものにチーズはあんまりあわないものネ。
    確かな知識と、自信をもってお客様に食べ方おすすめできる店ってカッコイイなぁ…、って思ったりもした。

    8b6da530.jpegで、もうひとつ。
    今、限定の「ぺぺマッチョ」っていうのをたのんで食べる。
    サイズは控えめ、ミスマッチョ。
    これでちょうど普通のお店の一人前の程度の分量。
    ペペロンチーノとペスカトーレの、ペとペをとってつけたのでしょう。
    ガーリックオイルに赤唐辛子が辛味をそえるペペロンチーノに、エビに帆立、イカといったシーフード具材が混じった料理。
    せっかくだから厚切りベーコンのトッピングをのせ、ちょっと豪華をよそおってみる。

    このパスタ…、本格的です。
    ホットソースやタバスコをかけなくっても十分辛くて、しかも辛味が持続する。
    赤唐辛子をあらかじめオリーブオイルに入れて煮こんで、だから油にしっかり辛味が移っているからなんでしょう。
    しかも炒めて仕上げているから、麺そのものに味がシッカリ入ってて香ばしくってとてもおいしい。
    まずはオリーブオイルとガーリックの味。
    次に徐々に塩の味が輪郭をまし、最後にはじめて辛味を感じる。
    海の香りも味わい深く、シンプルな味であるのに飽きず最後まで食べられる。
    ナポリタンもそうなんだけど、ココのスパゲティーは「大食い用」にできているわけじゃない本格的。
    普通においしく、しかもとてもシンプルでなつかしい味。
    だからもっともっとと自らすすんで多くの量をお腹の中におさめたくなる…、そんなステキにウットリしました。
    ミートソースもおいしそうだし、なにより横の人が食べてたバター醤油のソースの香りのすばらしいコト…、その上そこにガーリックマヨネーズまで足してグリグリしながら食べてた。
    こんどはアレにしなくちゃネ…、ってココロに誓って店をでた、いい店一軒、また発見!



    関連ランキング:パスタ | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    パスタ美味しそうデスねo(^▽^)o
    大食い系なのに本格的なんて素敵です!
    でも、パスタ以上にターミネーターが気になりますww
    lovekuma69さん / 2011/07/01(Fri) /
    オキニイリ
    > lovekuma69さん
    この店、大食い系としては並外れたクオリティ。
    いって、たちまちオキニイリになりました。
    ターミネーター君。
    絶妙な座り姿、そして目線で思わず話しかけたくなっちゃうほどでありました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/01(Fri) /
    イタトマ
    カビが生えそうに大昔ですが、
    鎌倉の小町通にイタトマができたとき、うれしかったなあ。
    今のようなファーストフード的ではまったくなく、
    アメリカのアットホーム系パイレストランを日本風にやさしくしたみたいで。
    喫茶店ほど大人空間ではなく(鎌倉はまた、そういうオトナ店が多かったですね)、
    とはいえ脚をちゃんと揃えて座らなくてはいけないような、
    おませちゃんにはぴったりの場所でした。
    たばきちさん / 2011/07/01(Fri) /
    大人のイタトマ
    > たばきちさん
    まだ若いボクたちがちょっと大人な気持ちになって、背伸びしながら行くお店。
    それがイタトマだった時代がありましたね。
    イタトマができる街。
    そして場所って、意識の高い女性がワザワザ行きたくなるような場所だった…、っても言われます。
    今だったら、どんなお店がそれにあたるんでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/01(Fri) /
    東京駅で寿司清の朝 HOME 朝と夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]