忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂見附で昼の時間を迎える今日…、「河鹿別館」にて昼をとる。

    kajika.jpg赤坂という街。
    不思議と洋食屋さんに恵まれない。
    かつては老舗の洋食屋さんが結構あった。
    銀座線と丸ノ内線という、日本の地下鉄で古さでいえば一番、二番という両線が交わる駅が赤坂見附。
    その両線が完成したのが昭和20年前後ですから、その頃、はやりの料理が洋食。
    だからもっと、お店があってもいいようなモノ…、なのだけれども居酒屋、あるいは韓国料理のお店に駆逐されたのでしょう。
    数えるほどしか洋食の店が残っていない。
    そのひとつがココ。
    本店と、別館の二つがあって、どちらもほとんどおんなじメニュー、おんなじ値段。
    本店の方は正しく洋食メインの食堂風の店作り。
    けれどココは多分、かつてとんかつ屋とか天ぷら屋のような和食系専門店の跡に出店したのでしょう。
    和風の造りにカウンター…、なんだか落ち着く。

    この店一番の盛り合わせ、カジカスペシャルって言うのをとります。

    b2063c88.jpegランチタイムはちょっとお値ごろ…、100円お安く1000円ちょうど。
    エビフライにハンバーグ。
    豚ヒレカツという組み合わせ。
    揚げ物系の洋食レストランでは一般的なミックスフライで、けれどひとつひとつの料理が丁寧。
    キチンとしてる。
    合挽き肉をガッシリ固めて焼くハンバーグ。
    肉汁系ではない、歯ごたえたのしい昔ながらの洋食屋的ハンバーグ。
    混ぜ物、つなぎをあまり使わず肉の味を素直に食べる。
    ナツメグ、クローブ、シナモン、胡椒とスパイス臭がほのかにただよい、合わせるデミもコッテリ、濃厚。
    昭和で時間が止まっている味、なつかしい。

    エビフライのエビが見事にプリプリで、噛むとプチュンと歯ごたえ旨い。
    タルタルソースは手作りで、さらし玉ねぎ。
    細かく刻んだゆで卵。
    具材タップリ、贅沢な出来。
    豚ヒレカツは薄切りが2枚。
    細かなパン粉がビッシリ貼りつき、香ばしくってしかもカサッと歯ざわり軽い。
    噛むとクチャっと歯切れるヒレがとてもやさしい、オゴチソウ。

    植物油をメインに使った揚げ油…、だからカラッと軽く仕上がる。
    地下というのにお店の中の油の匂いも最小限で、だから女性のお客様も結構いるよう。
    とは言えやっぱりメインの客層はこうしたお店にノスタルジーを感じるおじさん。
    ボクもそんな中のひとりでございます。

    28c22856.jpeg千切りキャベツにスパゲティーのケチャップ炒め。
    ケチャップ入れる前にバターと油でかなり強めに炒めているのでしょうネ。
    ちょっとからから。
    乾いた食感。
    ちょっとモソモソしていてその分、麺のうま味が凝縮されてる。
    これを本当は鉄板の上にのっけやって、もう一度ジュジュっと焼いたらば、もっとおいしくなるのになぁ…。
    でもココはお行儀のよい昔ながらの洋食屋さん、お皿にチョコンとおとなしく。

    それにしてもお皿の横に缶詰チェリー。
    かつて喫茶店や洋食屋さんのお皿の横にはもれなく置かれていたノスタルジー。
    あら、おひさしぶりって思わず拝んだ…、プチュっと食べるとグシャッと潰れてなつかしいけどおいしくはない。
    それが昭和というコトか。

    f33729c5.jpegカウンターの上には岩塩。
    醤油に自家製の甘めのソース。
    調味料もキチンと吟味されていて、しかも器のキレイに管理されている。
    中でも芥子がパチッととまるパッキン付きの器に入ってるにはニッコリします。
    辛味を飛ばさぬ工夫なんだけど、すくいとるための小さなスプーンも一緒にパチンと密封される。
    ただ、かわいそうなコトにグニャッと、柄の部分が曲がっているのネ。
    思わず、がんばってネ…、って声援掛けたくなっちゃった。

    食べ進めるとお皿の模様が見えてくる。
    デザインされた文字で「河鹿」と描かれている、モダンで力強いパターンがハイカラ。
    只者ならぬ気配を感じる、感心す。

    それにしても赤坂見附。
    この昼時に街を歩くと、ランチの呼び込みでにぎやかなこと。
    お店の外に人がでて、お昼はお済みでしょうか?とたずねる。
    ちょっとでも歩く速度をゆるめたり、顔の表情かえるとここぞとばかりにメニューを突き出す、どこも大変なんだなぁ…。
    しかも「500円ランチ、いかがっすかぁ」なんて声もとんでくる。
    東京都心のランチの値段。
    地方都市よりずっと安い。
    家賃も人件費もずっと地方より高いのに、それでもこうしてがんばらなくちゃいけないなんて大変だなぁ…、って思ったりする、さて、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ふた晩続けて串揚げの夜 HOME メキシカンドッグ・ゴーゴー・ゴーゴー♫
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]