忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    金曜日の朝。渋谷ではじまる朝でもあって、それで渋谷の「トップ」にきます。



    朝ご飯を軽くとりつつ、のんびり時間までをすごそう…、とそれで昭和な喫茶店。スクランブル交差点の近くにあって、なのに表通りに入り口持たぬ隠れ家的なる小さなお店。
    カウンターにサイフォン並び、ズラリとテーブル。タバコが吸える店ということもあってでしょうネ…、昭和世代の喫煙おじさんが煙吐きつつウットリしてる。
    タバコの匂いが気になる店と、不思議と気にはならないお店があるのだけれど、ココはタバコの匂いまでもがお店の個性で気にならない。



    真鍮製のシュガーポットや塩の器の銀色キャップ。ガラスの灰皿とテーブルの上のモノがキラキラしていることもあるのでしょうか。
    清家を心がけてるお店は不思議と、空気もキレイと思ってしまう。

    サンドイッチやトースト類が充実してて、しかも個性的な品揃えというのがオモシロイここ。
    コッドローっていうサンドイッチを選んでたのむ。
    コッドの卵…、つまりタラコをパンで挟んだサンドイッチで、ほどよき厚さのよく焼きトースト。ほぐしたタラコをほんのすこしのクリームとマヨネーズでまとめた具材がギッシリはさまる。



    タラコのまとめ方が絶妙なんです。
    ペーストじゃない。半分、熱を加えたタラコで、だから生々しさもほとんどなくて口に入った途端にパラリとちらかる感じが、なんとも鮮やか。
    辛味控えめで、魚卵の旨味と海の香りが口に広がり、焦げたトーストの甘い香りと一つになって、鼻から抜ける。
    塩の風味も程よくて、パンの旨味を邪魔しない。
    これでおむすびを作ったとしても、そんなにおいしくはないんだろうなぁ…、パンと一緒に口にはいってくるから旨い。よくできてるなぁ…、って感心します。



    それに合わせてアイスコーヒー。
    ここのアイスコーヒーはオモシロイことに、ホイップクリームが浮かんでる。アイスウィンナみたいな感じ。アイスコーヒーは甘めのモノで、スタバのFrappucinoのくらいの甘さで元気がでます。
    しかも最初はホイップクリームがなかなか溶けない。ストロー使ってグルグルかき混ぜ溶けてくと、比重が重たくなるからでしょう…、そのストローが沈まずプカプカ浮いたまま。
    科学実験しているみたいで、笑っちゃいます…、朝のコト。


    関連ランキング:喫茶店 | 渋谷駅神泉駅



    食事を終えて次の場所へと移動の途中。見慣れた交差点の見慣れぬ景色。



    なんと「スバーロ」が閉店しちゃった。看板も撤去され、お店の中もキレイさっぱり取り払われて、DHCの直営店になるんだという。
    アメリカからやってきていたピザの店。実はかつてダイエー系の会社が日本に連れてきてあえなく撤退。運営会社を変えて二度目のチャレンジも、結局、ダメで逃げちゃった。
    それだけ日本のピザはおいしい…、ってコトなんでしょう。
    その一方で、アメリカから次々、レストランがやってくる。そのほとんどが渋谷や表参道を狙い撃ち。日本はジパング。宝の山って思うんでしょう。果たしてそうか?わからない。

    ところでこのビデオ。哀しすぎます…、笑っちゃう。



    アメリカのコンシューマーリポーツっていうウェブ雑誌で、全米最低ファストフードの座をスバーロが見事射止めたというニュースを受け、スバーロの社長が自ら搭乗。自分たちは貧困のどん底から起業して、新たなどん底を獲得したぜ…、と、コミカルに、でも悪びれることもなくアナウンス。
    たしかにおいしいっ!て飛び上がるような味じゃないけど、最低の烙印を押されるほどにはまずくなく、いろんなところにお店をたくさん作ってしまった有名税のようなモノだろうと思いもしました。食べられないって思うとなんだかナツカシイ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    3度目はないか…
    ここ、スキだったんですけどねぇ。
    以前もコメントしましたが、若い子がたむろす場所になってからどんどん客が減って行って、最近は日本人の客を見かけなくなってたような。

    まぁ、こうしてスバーロが撤退した矢先に今度はタコベルがやって来たワケで…聞いた噂では外食産業じゃない会社がmanagementしてるとかしてないとか…どうなりますかね(^_^;)
    めるばさん / 2015/04/17(Fri) /
    大人の事情と不思議な思惑
    > めるばさん
    日本は儲かるというアメリカビジネスマンの思惑。
    外食産業は儲かるという小金持ちの日本企業の思惑が重なりあって、そういう現象を作り出してる。
    なんだかいやらしい世の中です。
    サカキシンイチロウさん / 2015/04/17(Fri) /
    ゴリラなドッグ HOME I will survive
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]