忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    高松を出て、電車にのって瀬戸内海の上、走る。



    連絡橋ができるまではフェリーにのってエッチラオッチラ、海をわたってやっと本州。天候に左右されることが多くて、例えばボクの修学旅行。松山をでて船で本州という計画が、一度は台風、2度目は霧で延期になった。
    島の中は別として、「旅=船か飛行機」という少年時代が嘘のよう。
    ちなみに今日の瀬戸内海。ちりめん模様の波がたくさん。なんだかざわつく感じがします。

    岡山につき、車で北に移動をし津山のという街であれこれ仕事。企画や試食の仕事をしたのち、遅めのランチを「本陣」という店。



    この地で30年以上もずっとやっている、うどんのお店。
    最初は本当にうどんだけの専門店でスタートし、地域の人の食べたいものを揃えていったら、天ぷら、釜飯、寿司といろいろメニューが増えた。ファミリーレストランのような使い勝手で、でもひとつひとつの料理は丁寧。出汁や麺を含めてほとんど自家製、手作りという正直な店で長続き。
    うどんと寿司のセットをもらう。



    お膳の手前に茶碗蒸しがあるのがうれしく、さぁ、食べようとスプーンをとったらなんと首が直角状に曲がってる。
    ユリゲラーじゃないですよね…、って聞いたら最初からこの形。茶碗蒸しの器の底を自然にこそげて、キレイに全部食べられる形をしている不思議なスプーン。
    珍しいネ…、って言ったらうちは昔から、これが普通だと思ってました…、って。
    なんだかたのしく、オモシロイ。
    まったり喉を撫で回す系のやわいうどんに、一晩寝かせたまろいカエシのなめらかなタレ。瀬戸内海の対岸にある讃岐のうどんとまるで違った食感、味わい。日本の食は多彩でいいな…、と感心します。さぁ、移動。


    関連ランキング:うどん | 東津山駅



    岡山駅まで車で戻り、東京に向け、さぁ、新幹線。



    晩ご飯のかわりに弁当…、祭りずしはあるかしらって、売店のぞくとほとんど弁当売り切れ模様。
    最終電車に近い時間で売り切れ続出の中になんと、3個残った祭りずし。ありがたきかな…、ボクを待ってたみたいでそれで、1個買う。
    桃太郎の元気な笑顔に、ゴキゲン手下のパッケージ。中からスルンとプラスティックのモモがでてきて、パッカーン!開けると、にぎやかな寿司。



    ママカリ、穴子、酢じめのサバと地域の食材が食欲誘う。小鯛の酢漬けは、皮の食感がいささか苦手で、そっとなかったことにする。
    タコにアサリの佃煮に、エビにタケノコ、菜の花、生姜。
    分厚い椎茸はみずみずしくも、ドッシリとした甘辛醤油の風味に味で、ご飯がグイグイ進んでくれる。
    錦糸卵はふんわりと。甘みの強いシャリもおいしく、パクパク食べてお茶を飲む。
    明日も朝から忙しく、これからしばらく一寝入り。家に帰ったらお風呂に入ってバタンキューとまいりましょうと思う夜です、木曜日。

    ところで旅の徒然に、Facebookにあった性格分析みたいなアプリ。あなたの人生を代表している曲を探してあげましょう…、ってな感じのをやってみたらグロリアゲイナーの「恋のサバイバル」がボクにピッタリなんだという。
    まぁ、好きな曲でもあるし、たまに鼻歌で歌っていたりもするのだけれど、ただボクにとって恋のサバイバルはこっちの方。



    映画「プリシラ」でグロリア・ゲイナーの曲に合わせて主人公のドラァグクィーンご一行が砂漠で踊るというこのシーン。
    主役のヒューゴ・ウィーヴィングのこのときの印象があまりに強くて、マトリックスで無敵のエージェントスミスを園児用が、ロード・オブ・ザ・リングスでエルフを演じようが、このシーンの顔が思い浮かんで笑っちゃう。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    芸達者
    私はテレンス・スタンプを見ると「あ、バーナデット」と必ず思います。

    久しぶりにこのシーンを見ましたが、皆ダンスが板についていて上手いですね。"Finally"よりこっちの方がキレがあって、見ていて楽しいです。
    牡蠣羊羹さん / 2015/04/17(Fri) /
    愛はかげろうのように
    > 牡蠣羊羹さん
    シャーリーンの「I've Never Been to Me」をカラオケで歌うたびに、この映画を思い出すんです。
    サウンドトラックの出来がよくって、今でもオキニイリのアルバムです。
    サカキシンイチロウさん / 2015/04/18(Sat) /
    渋谷のトップ、亡きスバーロ HOME 徳島、讃岐、実家飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]