忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四ツ谷の駅前にある喫茶店。「ロン」でぼんやり。



    コンクリートに磨いた鉄板。マホガニーの深い木の色。それに合わせたバーガンディの張り生地の椅子。昭和のモダンがひっそり息づく、名建築にウットリします。
    白いデコラ張りのテーブルは、互いに頭を寄せ合って密談するにほどよき大きさ。喫茶店とは、人と人とを親密にするこういうサイズ感が似合ってる。
    テーブルの上には灰皿。そこには挽いたコーヒー豆が消臭剤の代わりに置かれる。



    サンドイッチを食べたくなった。
    こういうお店のサンドイッチは期待し過ぎるとガッカリするから、いつも期待をしないでたのむ。
    具材は全部で3種類。ハムとチーズと卵サラダでそれとは別にハムとチーズのミックスサンドというのがある。
    そこでミックス。ミックスにしても値段が650円と他のサンドイッチと変わらぬところにニッコリします。



    白いお皿にサンドイッチがギッシリ互いに肩寄せ合ってやってくる。
    分厚い食パン。ふっかりとしたキメの粗めの食パンで、ハムとチーズを挟んだだけ。バターとマヨネーズを薄塗りにして、ハムは薄めのプレスハム。二枚重ねで挟まれて、噛むとザクッとハムが歯切れる食感たのしく、薄いくせして存在感がかなり強烈。
    一方チーズはスライスチーズ。とろりととろけてチーズというよりバターの口どけ。パンとたちまち一体化して、クリーミーになっていく。



    とてもシンプル。なのにおいしく、お茶のお供にしっくりくるのがオモシロイ。
    おそらくサンドイッチが英国ではじめて生まれた時にはこんな感じだったんじゃないかしら…、って思わせるほどの心地よさ。
    隅にポツンとトマトが一個。プチュリと弾けて口いっぱいを甘酸っぱくする。
    酸味強めのコーヒーにミルクを注いでコクリと味わう。ゆっくり、じっくり、時間をかけて飲みつつ時間を無駄遣い。


    関連ランキング:喫茶店 | 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅



    ところでこの店、いつもビートルズがBGMでかかってる。



    トマトを食べるその瞬間に、ストロベリーフィールズフォレバーがかかってて、これがトマトじゃなくてイチゴならもっとシアワセになれたのに…、って思いもしました。無い物ねだりのワガママオヤジ(笑)。
    たしかにお店の中を埋めてるおじさんたちは、見事にみんなビートルズ的世代の人たち。
    ボクが一番の年少者という、それもまたよし。オキニイリ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    刀削麺で汗をかく! HOME 骨までしゃぶって、シアワセな夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]