忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    あぁ、最近、オステリア・ナカムラが足りていないなぁ…、と思って来ます。



    すごくひさしぶりのコトでして、ワクワクしながらやってくる。
    六本木のミッドタウンと新国立近代美術館の間というロケーション。…、と、書くと一等地のように聞こえるけれど、表通りから路地に入った裏側にある。大きなビルの足元に昔ながらの町並みがあるというのが、六本木という街のたのしいところでもあり、個性的で生き生きとしたお店に出会えるステキでもある。
    キッチンの前のいつもの一等席をもらってニッコリ。厨房の中がキビキビ動いておいしい料理が次々出来上がっていくのをみながらのたのしい時間のはじまり、はじまり。



    まずは前菜。白いんげんとイカの料理をもらって食べる。
    オリーブオイルにレモンにカラスミ。お皿の上からおいしい香りが湧き上がり、お腹をグーッとならすゴチソウ。
    上にこんもり盛られたルッコラをそっとどかして、中を覗くと軽く熱の入ったイカと白いんげんが顔をのぞかす。プリプリとしたイカの食感。コツコツ奥歯を叩きつつ、ホロリと壊れて口に散らかる豆の味わい。
    味は塩と素材の味わい。ルッコラ、オイルにカラスミはそのそれぞれをふくらませるためのよきアクセント。こういう料理はなかなか自分じゃ作れない。



    玉子とチーズの団子という、気になる料理がリストにあって、たのんでみたら本当に団子のような一品。
    チーズと玉子、それにパン粉をくわえて練って、二口大ほどの団子の形にして焼きつつ煮込む。トマトソースと一緒に食べると、もっさりとした素朴な食感。
    スベスベ感とか歯ごたえだとかをほとんど持たぬ、そばがきみたいな食感で、しかもモサモサ。そのモサモサ感がまるで嫌じゃなく、噛んでくうちにチーズやトマトの旨みが口に広がっていく。
    オモシロイなぁ…、しかもおいしく、ニッコリします。



    煮込み料理がおいしいこの店。今日は松阪牛のスジの煮込みがあるという。
    こりゃたのまねば、とたのんで見ると、なんとつややか。色っぽい。
    丁寧に、時間をかけて下ごしらえをしているのでしょう…、とてもなめらか、やわらかく、舌にのせるととろけるおいしさ。
    牛肉自体の旨みや脂の甘みが口に広がって、ワインをねだるオゴチソウ。
    食べ進めるうち、口、唇がツヤツヤしてくる、コラーゲン効果とでもいいますか。体が中から潤う感じにウットリとなる。オキニイリ。



    パスタを2つ。まずは仔牛のラグーを食べる。
    どっしりとした肉の旨みにトマトの風味。軽い酸味が後口軽く仕上げてくれるソースをからめるパスタはよじれたカサレッチ。
    太さ、厚さが不規則でだから短い個体にいろんな食感、噛みごたえ感が混じってとてもたのしい食感。コツコツ奥歯を叩きつつ、ソースと混じって、ユックリとろける。顎がよろこぶ贅沢さ。
    もう一種類はカルボナーラで、ねっとり。ムッチリ。玉子とチーズ、脂がパスタにまとわりついて、濃厚味に悶絶します。特にカリカリに焼けたパンチェッタが奥歯でガリッと潰れたときの背徳感にやられます。



    パスタがたっぷりまとった胡椒が、潰れるたびに辛味と香りがつきぬけて、舌をリセットしてくれるのもオモシロイとこ。

    そしてメインは豚の脛肉をコトコト煮込んで、最後にオーブンで焼き上げたもの。
    お皿一杯を埋め尽くすほどの大きさで、ジリジリ、脂の焦げる香りがなんともおいしげ。青いお豆のソテに、玉ねぎをとろとろになるまで煮込んで作ったソース。
    さぁ、どう攻略しましょうか…、と、骨の先っぽ。瘤のようになったところをワシっとつかみ、ナイフを当てて肉をこそげ落とすようにして剥がして食べる。



    旨いです。
    肉の部分は筋肉質でザクザク歯切れる。硬くて、けれど旨みは強く、たっぷり運動しているからでしょう…、噛めば噛むほど味が強くなっていく。
    関節の周りの部分には脂がたっぷり。ゼラチン質にそこに埋まった軟骨が、トロトロ、ムチムチ、クニュクニュゴリッと食感多彩で、食べてて飽きない。
    食べるところで味、食感がまるで変わって、料理方法はひとつのはずがいろんな料理を食べてる気持ちになっていくのがオモシロイ。
    結局最期は手づかみにして、前歯でこそげてキレイにしました。
    こんなにキレイに食べてくれる人は珍しいのよ…、とマダムにお褒めの言葉をいただき恐悦至極(笑)。
    エスプレッソに砂糖をたっぷり溶かしてのんで、シアワセな夜の〆とした。


    関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    朝のロン HOME おいしい週末
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]