忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日観たDVD、「恋するベーカリー」の影響じゃないけれど、おいしいパンが食べたくなって、それでヴィロン。

    9145d340.jpeg丸の内の東京ビルディングの一階にあるベーカリーが併設されたビストロに来る。
    かなりの繁盛店というコトもあり、開店と同時にすべりこみましょう…、と11時半に待ち合わせ。
    まだやっと日が高くなったばかりというのに、焼けつくような日差しにクラクラ。
    お店にやって来るともう、表のテラスのカフェのとこには何組ものお客様。
    店の入ったビルの隣の郵便局の本局のビル。
    再開発にむけ外壁だけを残してキレイサッパリなくなって、クレーンが何機も立ちはじめてる。
    基礎が出来れば間もなくビルが姿を現しはじめるんでしょう。
    ちょっとワクワク。
    お店に入るともう何組もの席待ち行列が出来ていて、おやまぁ、やっぱり繁盛店。

    362ea5c2.jpeg開店と同時にテーブルもらって座る。
    黒板に書かれたメニューをみながら、さてさて、何を食べましょう…、とたのしく悩む。
    ランチの料理は全部で3種。
    他にいくつかのメインディッシュやアペタイザーがありはした。
    季節のホワイトアスパラガスなんて、本当においしそうに思えたけれど、でもココで一番おいしい目当てのモノはパンであります。
    そのバゲットが食べ放題でたのしむコトができるランチがやっぱりいいよネ、とそれで決定。
    魚と肉がメインのランチをそれぞれ選びシェアして食べることにした。

    さてまずは、そのバゲットがやってきます。
    バスケットにコロンコロンとタップリ山盛り。
    それと一緒にエシレバターを追加でとって、それをのっけてカプっと食べる。
    塗るのじゃなくて、のっける贅沢。
    口の中が一瞬バターでヒヤッとなって次の瞬間、それがとろけてポワンと口があったかになる。
    バターの旨みと小麦の風味がひとつに混じって、口の中に火が灯る…、そんな感覚。
    ガッシリとした頑丈な表面で、覆われやさしく守られたモチモチとしたふんわかな生地。
    奥歯で砕けて顎を直接叩くよな、その噛み応えにウットリします。
    それと同時に焦げた小麦の香りが鼻から抜けるたのしさ。
    しばし味わい、タンノウス。
    メインがスッとやってくる。

    26afc16b.jpeg魚のポワレ。
    クロダイとサーモンを、まずはフライパンに蓋して蒸して、最後に油でパリッと仕上げる。
    皮目、ウロコはだからパリパリ。
    皮をキレイにとってから焼いたサーモンですら、自分の脂でカリッとやけてところどころに気泡があいてる。
    そこからバターが忍び込みサクッとまるで揚がったように焼き上がってる見事なさまに、まずはウットリ。
    フレッシュトマトで、ヒヨコ豆やら緑豆やらを煮込んだソースを下にひき、それと一緒に味わうと、スキッとこれがおいしく感じる。
    オクラと大きく育ったエンドウ豆がサイドに添えられて、その食感がよきアクセント。
    魚の香りが鼻をくすぐる、よき一品。

    1bd7127f.jpeg一方、肉は鴨のコンフィが今日の一品。
    低温の油の中で煮るようにして仕上げるコンフィという調理法。
    素材そのものに力がないと油に負けてただの油漬けになってしまう、かなり危険の料理のひとつ。
    ただシッカリした調理人が作るコンフィは、肉の持ってる旨みを外に吐き出させずに仕上げるコトができるから、それはそれはおいしく出来る。
    特に骨付きの鶏の肉を、ビストロ的に一番おいしく仕立てる料理は多分コンフィで、今日のコレ。
    なかなかの出来。
    ネットリとした肉の食感、脂にキチンと熱が通ってそれが旨みに変わってる。
    ガルニのポテトグラタンが、またおいしくてドッシリとした一皿をなす。
    お皿の縁にタップリのっかるディジョンマスタードのスキッと酸味が際立って、辛味おだやかな味わいも良い。
    魚も肉もパンが進んでしょうがない。

    7000aaee.jpegそれにしてもココのバゲットを食べてると、料理の味ってやっぱり「塩」が決めてくれるものなんだよなぁ…、ってしみじみ思う。
    野菜にしても肉にしても、ただの素材を料理に変えるそのキッカケが塩をそこにほどこすコト。
    その塩の効き加減が料理の味の基本の基本。
    ここのパン。
    ズバッと塩味がきいていて、それを土台に小麦の甘みや火の香ばしさが姿を次々あらわしてくる、見事な味わい…、オキニイリ。

    ちなみに今日のこのランチ。
    twitterのフォロアーさんがひさしぶりに東京にきた…、というのでそれじゃぁ、食事をしましょうと。
    会話が進むお店がいいなぁ…、とココを選んでとてもよかった。
    気軽でそこそこおいしくて。
    なにより食事をたのしむ間中、ずっとテーブルの上にあるパンがおいしい。
    手持ちぶさたや口寂しさが無縁なテーブル…、いい感じ。

    なにより一緒に食卓かこむ、ステキな笑顔とたのしい会話が今日一番のゴチソウで、食卓の上のパン屑までもがシアワセげ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    もうもう
    小洞天→バラのかき氷、のつもりだったのに、
    ヴィロン→バラのかき氷も捨てがたい!!!

    先日ちらっとみたテレビで、芸能人が作った料理に対してプロの料理人が、
    「プロと素人の違いは塩をぎりぎりまでうてるかということなんです」
    と言っていてなるほどぉと思いました。
    あーたさん / 2010/07/20(Tue) /
    ごめんなさい(笑)
    > あーたさん
    この界隈は迷わせるお店が沢山あって、ランチ選びもたのしく、かつなやましいような感じですね。
    小洞天→バラかき氷、のち、ヴィロンでパンを買っておやつに備える…、というのはどうでしょう?
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/20(Tue) /
    バラの氷にインセプション HOME 夜家ご飯にDVD
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]