忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチがとてもたのしくて、折角だからおいしいデザートをご一緒しましょ…、とそれで丸の内のパティスリアオキにやってくる。

    eea8ac0a.jpeg抹茶やアンコを使って和的なスイーツを得意とし、けれど基本はマカロンみたいな典型的なフランス菓子の伝統的な手法を守る。
    エキゾチックとオーソドックスがとても上手にバランスしてる、ここのお店の夏の商品。

    イチゴとバラのかき氷。

    今を逃すとまた一年、お預けになってしまう季節の味を、さぁ、味わいましょって。
    グラスの底にバニラのムース。
    ザックリ焼いたココナツ混じりの一口大のビスケット。
    バラの香りを閉じこめたジェリーをちらして、上にタップリ、イチゴの氷。
    フレッシュベリーとイチゴを飾った、パフェのようなかき氷。
    氷だけを食べると口一杯にイチゴの香りが広がって、たちまちストロベリージュースに変わってく。
    お店のお勧めの食べ方は、スプーンを上から垂直に入れ、上から下まで一気にすくって口に運ぶという食べ方で、その通りするとシャリッと氷がまず溶けて、続いてバラの香りがしてくる。
    イチゴの酸味を感じた途端にバニラクリームがそこに混じって、イチゴアイスクリームのようになっていくという一度でいろんな味がする。
    これも和菓子のようでありつつ、食べるとフランス菓子の味になってる。
    他にない味、オキニイリ。

    口と体を潤して、それから映画。
    今度の週末から本格的に封切られる「インセプション」

    inesption.jpg派手なCM。
    レオナルドディカプリオやKen Watanabeによるプロモーションとかなり気合いが入ってるようでしばらく遠巻きにしておこうと思ってた。
    けれどtwitterのアメリカ在住のフォロアーさんが面白かった。
    しかもエンディングが衝撃的で、劇場騒然でしたよ…っていうので、これは早めに観とかなくちゃいけないな…、って。
    ネタバレ情報が耳に入ってきてからでは面白み半減ではないかしら、とそれで今日。
    先行上映をしている劇場で観ることにした次第。

    スゴイ映画でありました。
    ストーリーのコトを言うのは無粋でござりますゆえ、触れずにおきます。
    なによりココでこの作品のストーリーを説明できる自信がボクにはまるでない。
    登場人物の背景や約束事など細かなコトがまるで説明されぬまま、勝手に物語が進んでく。
    暴走気味に、独りよがりに。
    けれどそれに必死に食らいついていこうと観ているうちに、グイグイ話に引きずり込まれる。
    わからぬままに、それでも飽きず観つづけられる映画なんて滅多にないです。
    怪作です。

    で、この作品を監督したクリスファーノーランという人。
    バットマンを題材としながら「ダークナイト」って重厚な人間ドラマを作り上げた人として有名だけれど、もともと彼がメジャーになったキッカケが「メメント」って作品。
    終わりから始まり、主人公が記憶をたどりながらその物語のはじまりに向かって進んでいくという、斬新な映画を作った人が作った映画…、とそう思うと、なるほどなぁ…、って納得できるさまざまがある。
    予告動画を貼っておきます…、この映像はあくまで序章。
    映画はもっとスゴイです。



    それにしても渡辺謙氏。
    いい役を演じています。
    コノ映画は誰の映画?ときかれれば、レオナルドデカプリオの映画でしょう、と答えるだろうけど、誰が一番印象に残る映画かと、そうきかれたら答えは文句無く「渡辺謙」で決まりでしょう。
    ハリウッドでデビューして、へんてこりんな役や不当に安い使われ方をずっとしていて、やっとこれ。
    がんばったかいがあって良かった…、ってなんだか観ててうれしくなった。
    日本人として誇らしくなる映画だったりするステキ。
    機会があれば是非、どうぞ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    渡辺謙
    好きなんですよ,ケンワタナベ

    個人的に硫黄島からの手紙の演技は渋くてよかったです
    クリント・イーストウッドもアンチハリウッド的な場所にいるのでよかったのかなと.

    こちらでは水曜封切り
    初週は10ユーロと高いので来週ですかね(笑)
    佐藤Rさん / 2010/07/19(Mon) /
    ケンさん
    > 佐藤Rさん
    高倉健さんとは違った、今のカッコ良さをぶんぶん、発散されてらっしゃいました。
    英語の発音がちとぼんやりとしていたのが、ちょっと残念だったかな?
    でもそれもまた味。
    ハリウッド的でない、けれど世界で活躍できる俳優になってくれそうな気がします…、彼。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/19(Mon) /
    バラ
    梅雨明けしてからずっとこのかき氷のことを考えていました(笑)。
    去年食べそこなっているのです・・・。
    実は明日明後日と自由な時間が持てるので食べに行くつもりでした。
    今年もやっているということが分かって安心しました、ありがとうございます!
    あーたさん / 2010/07/20(Tue) /
    ご覧になったのですね!
    日本では、ラストの場内はいかがでしたか?
    こっちは「おいっ!!」「あ゛~!!」「それでっ!?」な状態でした。
    コレ書いちゃうと、これから観る方によくないのかな・・・。
    『ダークナイト』の時みたいに、拍手は起こらず でもみんな満足はしてる。観終わった後も、考え続けてしまう。そんなかんじでしょうか?

    私は時代劇での謙さんを見過ぎなのかもしれません。
    彼の眼力のドアップが欲しかったなーと。
    そしてやっぱり殺陣を期待しちゃっているんだな、って気づきました。
    それがなかったから、「ちょっと、謙さんっ!?」な印象になっちゃったのかなーと。

    この映画、ディカプリオが主役なんでしょうけど 彼だけの映画じゃなくって、チーム全体が主人公なかんじがよかったなって思いました。

    今年もバラのかき氷の時期なんですね。
    食べたことはありませんが、本当にキレイ。
    ネットで香りが嗅げる日が待ち遠しいです。(笑)
    ねえねえさん / 2010/07/20(Tue) /
    相変わらず
    > あーたさん
    この商品。
    とても手間がかかるということで、今年も提供するかどうかなかなか決まらなかったみたいです。
    でも、このかき氷を楽しみにされているお客様が多いのでしょうね。
    今年も嬉しいことに戻ってきたというこのシアワセ。
    是非。
    シアワセになれるスイーツです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/20(Tue) /
    あぁぁぁぁ…。
    > ねえねえさん
    劇場中が、「あぁぁぁぁ」って感じでしたね。
    いろんな観方、受け取り方ができるこのエンディング。
    アメリカの映画なのに、随分、大胆なエンディングを用意したものだなぁ…、って感心しました。
    チームの映画。
    たしかにそんな感じがしました。
    中でも一番、ウジウジしているのがディカプリオ。
    エヴァンゲリヲンに代表される日本のジュブナイルアニメの主人公みたいな描かれ方だなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/20(Tue) /
    無題
    わー。1年ぶりに拝見する薔薇のカキ氷。再会出来てうれしいです。

    っていうか、もう1年経ったのですね。早い!

    インセプション。心待ちにしていた映画です。楽しみです。
    こぱん。さん / 2010/07/21(Wed) /
    今年も夏
    > こぱん。さん
    ココのこのかき氷に出会うと、あぁ、今年も夏なんだなぁ…、って本格的に思います。
    これを食べながら虎屋の杏氷を食べに行かなきゃ…、っても思いました。
    インセプション。
    スゴイですよ。
    キツネにつままれたみたいな、でも名作。
    ぜひ、早いうちに。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/21(Wed) /
    無題
    素敵なランチ&ティータイムをどうもありがとうございました。

    またお目にかかれるのを楽しみにしております。
    キョーコさん / 2010/07/23(Fri) / URL
    たのしかったです
    > キョーコさん
    今日、実はkoutagawaさんと一緒の出張で、移動の間中、キョーコさんの話題で持ち切りでした。
    ぜひ、今度お目にかかるときにはもっとにぎやかな集いを…、と思っています。
    楽しかったです、ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/23(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    小洞天で焼売ご飯 HOME ヴィロンなランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]