忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    表参道で朝から仕事。
    それで前から来たかった店で、朝ご飯を食べるコトにする。
    1f54bc66.jpegパンとエスプレッソと」っていう店名のパン屋さんの朝ご飯。
    コーヒーバールの付いたベーカリーというコンセプト。
    ベーカリーは、伝説のベーカリー「デュヌラルテ」の流れをくむ端正で、カチッとできた上等でオリジナリティーのあふれるパンが特徴で、それと一緒にバリスタのいれるおいしいエスプレッソがたのしめる。
    パンとコーヒー。
    和食で言えば、ご飯と汁。
    食事の基本をなす組み合わせ。
    その両方が等しき価値で揃ってるという、なんとシアワセでステキなお店。

    56b9fac0.jpeg場所は表参道を伊藤病院の角を入った脇道。
    ロイヤルホストを左に曲がり、まい泉本店をながめつつテクテク歩くと、ロータスという伝説のカフェを通り過ぎます。
    あとは住宅地の中をまっしぐら。
    昔はほとんど店のなかった裏通り。
    通り過ぎちゃったかなぁ?
    あるいは、見当違いで道に迷ったか?
    ちょっと不安になるくらい、街の外れ感がひしひしとする場所にポツンと。
    オフィスビルっぽいビルの一階にお店はあります。
    そう言えば、この脇道に入る入口の向かい側には、かつてモリハナエビルがランドマークになっていた。
    そこも今ではすっかり更地になって、再開発を待つばかり。
    表参道ヒルズで景色が変わった界隈。
    まだまだ終わらぬ新陳代謝…、それも時代というコトでしょ。

    ae730caf.jpegテクリと歩いて、やってきたらばとても気持ちのよいしつらえで、均整のとれたパンが主役のいい空間。
    扉を開けると、パンがやけてく甘い香りが鼻をくすぐる。
    パンが焼ける匂いって、なんでこんなに切なくやさしい気持ちにさせてくれる香りなんでしょう。
    お腹がグーッと自然と鳴ります。

    入り口部分にはパンの販売コーナーがある。
    シンプルな棚。
    種類は10種類くらいでしょうか?
    見た目の派手さはまるでない、素朴な姿。
    向かい側には小さなレジ。
    その後ろ側にはパン工場。
    朝から3人ほどの職人さんがテキパキ、パンを焼いている。

    座り心地の良い椅子たちと、ほどよきサイズのテーブルが整然とならぶバルの奥にはキッチン。
    大きなエスプレッソマシンとサンドイッチのショーケース。
    簡単な調理器具が並んでて、カフェとしても居心地のよい空間が用意されてる。
    隣の席との間隔も、気にならぬ程度の距離で座ると不思議なほどに気持ちが落ち着く…、いいお店。
    パンの売り場とホールを担当しているのはバルのスタッフ。
    背筋がしゃんと伸びていて、商品知識もシッカリしてて見た目ばかりじゃないプロフェッショナル。

    827a9883.jpeg朝食セットが3種類。
    サラダの付いたトーストセット。
    フレンチトースト。
    それからパニーニ。
    どれにもコーヒーが付いていて、特にエスプレッソはかなりの自信があるようで、それでパニーニもらってマキアート。

    お願いすると、甘くしますか…?と聞いてくる。
    泡をこわさずたのしめるよう。
    ミルクを注ぐ前に、エスプレッソに砂糖を溶かしてくれるのだというのですね。
    気がきいている。
    エスプレッソはそのまま飲むより砂糖をタップリ入れて飲むのがおいしく感じる。
    苦味、酸味、風味に香りも砂糖で引き立つ。
    けれどカプチーノやマキアートみたいなミルクフォームを乗っけたタイプのモノだと、砂糖と入れて混ぜてるうちに泡がこわれる。
    泡のズブズブした食感も味わいたい。
    けれど甘くしても飲みたい。
    そんなジレンマを解消できる粋なサービス。
    特別あまくしてください…、とお願いをしてやってきたのがこのマキアート。
    うつくしい。
    ポッテリとした泡がこんもり、カップの上にせり出した思わず拝みたくなるほどにうつくしい。
    ハートの模様もクッキリと、飲むとポッテリ、泡が最初にやってきて中から甘い、けれどビターなエスプレッソが流れこんでやってくる。

    c12c5eb3.jpeg一口のんで、グラスの水をコクっと飲むと、口の中に再びエスプレッソの香りと味がよみがえる。
    それも甘みとともになくなり、けれど鼻からコーヒーの香ばしい匂いが抜ける。
    美味の名残がいとおしい。

    ボローニャハムを挟んだパニーニ。
    他にも二種類パニーニがあり、ひとつはフォカッチャ。
    これを含んだ残りの二つはガッシリとした田舎風のパン。
    粉をタップリまとった、カサッとしたその表面。
    齧るとさすがにその表面は歯ごたえがある。
    ところが中は案外、フンワリ。
    最小限ながらシットリ感もあってフランス的なるパンとはまるで違った味わい。
    固すぎない。
    やわらかすぎない。
    たしかな歯応えがありながら、顎が疲れる前にきちんと噛み砕け、ユックリなめらかになっていく。
    適度にかわいて、みずみずしさを失わず、ほどよき中庸。
    ならばそれが無個性か?というと、むしろ個性的。
    日本人がおいしいと、思うように出来上がっている個性豊かなオリジナル。
    見事であります…、脱帽です。
    脂の香りが独特のボローニャハムにも負けぬ味わい。
    ムッチリとした肉のうま味と、甘みを持たぬディルピクルスと、それにパンの塩味、うま味が混じって食べててまるで飽きない。
    食べてたちまち、オキニイリ。

    72ef5535.jpegそれにしてもこのマキアート。
    最後まで泡がこわれず、キレイに残る。
    それがちょっと勿体なくてズズッとすすって飲み込んだ。
    空気と一緒にエスプレッソの名残を含んだミルクの泡が、舌の一番、奥のところにピトッと乗っかる。
    軽いクセして、たしかにずっとそこにいる。
    存在感が豊かでしかもふくよかで、パンがメインか、こちらがメインか分からなくなるほどの充実感。

    不便な場所でなのに次々、お客様がくる。
    ボクがいた30分ほどの間にかるく10組ほど。
    半分の人がパンを買いそのまま外に出て行く人たち。
    残りはお店で朝食をとる。
    隣の人が食べていた、見事なトーストのうつくしさ。
    あぁ、次はあれ食べなくちゃと思ってお店をあとにする…、ココロに残るすばらしい店、今日は幸先よい朝となる、元気に散歩で仕事に向かお。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    次は「ムー」を
    サカキさま
    ずっと以前にコメントさせていただいたきり、ROMにてご様子のみ伺っておりました。
    今朝はなんと、我が家から最も近く最もお気に入りのパン屋さんにお越しになり、しかも絶賛なさっているのを拝読して軽く興奮しまして(笑)。
    次回はぜひテイクアウトで「ムー」という食パンを試してみてください。いわゆるバターたっぷりのホテルブレッドですが、そのままでもトーストでも美味しく、ちょっとウットリものの逸品でファンも多数いるようです(よく品切れしてます)。
    あまりパンを好まないオットですらワインのある夜は「ムーが欲しいね」と買いに走るくらいで。しかも値段がこなれているのがこの店のウレシイところでもあります。
    ご多忙の毎日のご様子ですが、また機会を見つけて試しにいらしてください。
    えみぞさん / 2011/02/03(Thu) /
    なるほど、ムー
    > えみぞさん
    ムー。
    隣のお客様が食べてらっしゃったトーストセットのトーストが、まさにムー。
    おいしそうでした。
    手を出して、食べてしまいたくなるほどに美しく香り高くて次は是非、と思っていたところであります。
    この店。
    長いお付き合いになりそうです。
    表参道には定期的に仕事に来るもので、次のその仕事がたのしみでしょうがなくなりました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/03(Thu) /
    無題
    このお店素敵ですね!
    好きですねo(^▽^)o
    最後まで泡が残るマキアート、飲んでみたいです。
    lovekuma69さん / 2011/02/03(Thu) /
    大人買い
    > lovekuma69さん
    パンもどれもおいしそうで、大人買いを思わずしてしまいそうになっちゃいます。
    いいお店です。
    表参道にきたら、パンケーキよりココのパン。
    そう思います(笑)
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/03(Thu) /
    無題
    このお店、雰囲気も名前も素敵ですね♪
    パニーニもエスプレッソもおいしそう~
    このお店と、ディーンデルーカ丸の内が近所にあったら、
    交互に毎朝いっちゃいます。

    デュヌラルテといえば、隠れ家的な、クールな店構えからいっぺん、MOMAストアと
    同じビルに移転してたのに気づいたのが年末、そして先日遅ればせながら
    伊勢丹に入っていることに気がついてビックリ!!!しました。
    デュヌラルテのパンがお好きならば、吉祥寺にお越しの際にはぜひ、
    ダンディゾンのパンをお試しくださいませ。
    どれもおすすめですが、中でも小さなきび砂糖の角砂糖を焼きこんだ
    クルスティヨンというブリオッシュ、おすすめです。
    小さいのでいくらでも食べられちゃうので、うちではいつも10個位まとめ買いします。
    持ち帰り不可の、買ったらすぐ食べてねのシガーショコラもおいしいですよ~。
    隣に小さな公園があるので、そこでいつも食べてます。
    他の商品も含め、売り切れになることも多く、予約しそびれた時はドキドキします(笑)。
    あーたさん / 2011/02/05(Sat) /
    一度だけ
    > あーたさん
    ダンディゾンのパン。
    一度だけ、いただいて食べたことがあります。
    地味にみえて、華やかな味わい。
    ステキだなぁ…、って思いました。
    おいしいパンがある生活。
    うれしいですよね。
    新しいお店の発見は、新しい惑星の発見に等しい。
    そんな言葉を思い出した朝でした。
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/05(Sat) /
    トースト@表参道
    この記事を楽しみにしておりました。どんなパンに出会われたのだろうと。
    おいしいマキアートって、出会えそうで出会えないのですよね。
    たまにしか飲まないからこそ、しっかりしたお店でいただきたいのです。
    しかも、トーストがおいしいなんて!
    表参道でトーストって、今まで選択できないと思っていたので、嬉しいです。
    スペシャルなモーニングを楽しみに、行ってみたいです。
    ryoko*さん / 2011/02/05(Sat) /
    おなじみさんになりたい
    > ryoko*さん
    いいお店でした。
    使い込むほどに、体になじんでくれそうな、そんな予感に満ちた店。
    おなじみさんになりたいなぁ…、って思いました。
    次は絶対にトーストセットです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/05(Sat) /
    鍋の昼 HOME サイゼリア、それからアオキのエクレアの夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]