忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、赤坂見附で時間ができて、打ち合わせの前にフリッツで揚げ物ランチ。

    fritz.jpgプルーデンシャルビルの一階。
    トンカツが売りのお店ではあるけれど、洋食フリッツという名前の通り、いわゆるトンカツ専門店じゃなくて基本は洋食屋さん。
    メインは揚げ物。
    けれど他にも、カレーがおいしく、夜になると自家製ハムや煮込み料理のような洋食メニューが充実してる。
    トンカツ屋と思ってくるとサッパリしすぎてちょっと物足りないかもしれない。
    けれどお腹にもたれぬココの揚げモノ。
    ボクは大好き、でも久しぶり。

    長らく機会がなくってそれでどうだろう…、1年ぶりかもしれぬ本当に久しぶり。
    ランチメニューをみるとなんと、ラーメンをはじめていたりしてビックリ。
    昔はとても高級で、けれど今ではハムかつなんかを売っている。
    ハムかつランチを試してみよう…、と思って注文したらば売り切れ。
    時間が1時過ぎでしたから。
    とんかつラーメンにしようかなぁ、って思いもしたけど今食べないとなくなっちゃうカキフライをたのむことにした。

    e5f3c57f.jpegしばらく待ちます。
    その間にボクの回りに料理が次々やってきます。

    まずはハムかつ。
    ほぼ正方形のカツの断面が、肉感的なピンク色した絵に描いたようなハムのカツ。
    思わずお箸が出そうになる。
    それに続いてとんかつラーメン。
    スープの香りがあまりに良くて、思わず喉が鳴ってしまうほど。
    アレも食べたい、コレも食べたい病にかかってしまいそうな魅力的な料理の数々。
    これは近々、また来なくっちゃって思いながらもやってきたのが、このカキフライ。

    あぁ、うつくしい。
    ちょっと色白のココ独特の揚げ上がり。
    上野のポン太や蓬莱を彷彿とさせる昔ながらの江戸前フライの典型的な仕上がりで、実は肉よりエビとかアジとか海のモノを揚げると本当においしくあがる。
    例えばここのエビフライなんて、絶品中の絶品ですもの。
    経木の上に乗っかってくる、まるで天ぷらみたいな風情もご馳走感を駆り立てる。
    太った牡蠣。
    サックリとした衣に包まれ、噛むとプチュンと噛み切れて海の風味をドバッと吐き出す。
    パン粉と一緒になっても、牡蠣の食感、うま味がまるで損なわれない。
    むしろ牡蠣のフックラとした歯ごたえが強調されておいしく感じる。
    このシーズン、食べた牡蠣の料理の中でも出色の出来…、ナンバー1。

    3ac41465.jpegレモンを搾ってウスターソースで味わうフライ。
    ご飯のおかずにピタッとはまる。
    自家製ピクルスをタップリ練りこんだタルタルソースを乗っけるように食べるとシットリ、牡蠣の風味が引き立って、冷えた白ワインを飲みたくなっちゃう。
    手切りのキャベツ。
    シャリシャリしててみずみずしくて、けれどキャベツの風味をなくさぬ、おそらく切りたて。
    お店によってはあらかじめ千切りにしたキャベツを水でさらしてシャキシャキ感を強調させるところがあるけど、水にキャベツの風味が溶け出し、千切りキャベツの残骸を食べてるみたいなコトがある。
    ココはキャベツの風味がおいしい…、これだけでご飯が一杯、食べれるほど。

    ご飯のおいしく召し上がれという心遣いの海苔のふりかけ。
    香ばしい海苔の香りとゴマの風味が、固めご飯をおいしくさせる。
    コッテリとした味噌の味わい旨い味噌汁。
    口直し的にサッパリさせた漬物も、ほどよくおいしくご飯がすすむ。
    ソースもドレッシングも全部自家製。
    仕事がとても丁寧で、当然、油を大量に使っているにもかかわらずお店はピカピカ、空気までもがピカピカで油の気配をまるで感じぬ清潔さ。
    やっぱりこの店、好きな店。
    今度は何人か、連れ立ってきていろんなモノを食べなくちゃ…、って思ったりした、また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フリッツフリカケ!
    昨日は、白椀で麻辣牡蠣土鍋煮込麺
    のち、スタバほうじ茶ラテで舌を休めたお昼でした。
    麻辣味に負けない牡蠣の風味の力強さに、びっくりしました。
    カキフライの、カサカサの衣の下から溢れるジュースは、
    ほっぺがきゅんとなるほどですが
    スープに入った牡蠣の、ぷるるん・ツルツルと
    口内を撫でまわす感触がまた魅惑的で。

    プルデンシャルタワーのスタバ、長居はしないけど、
    ちょっと一息つくのに良いですよね。
    前にbenugoだったころも、あのパカンとひらけた空間が
    お気に入りでした。
    たばきちさん / 2011/01/06(Thu) /
    ベヌーゴ
    > たばきちさん
    白椀さんは確か、最近別館も造られたと聞きます。
    際さんのお店の中では料理の味作りがストレートで悪く無いですよね。
    牡蠣フライもおいしかったのですけれど、やはりハムかつを食べたくってしょうがなく、近日中にリベンジ予定。

    ベヌーゴのサンドイッチは嫌いじゃなかっただけに、無くなった時にはビックリしました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/06(Thu) /
    ムイカの前の日 HOME おむす人
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]