忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    利久で牛たん…、渋谷のヒカリエの中の店。



    仙台に本拠地をおくチェーン店で、けれど東京にも続々お店が増えている。東京駅や赤坂、新宿、スカイツリーの下だとか。
    どこもほとんど同じメニューで、同じ仕組でやってるんだけど、お店、お店で風情が違いそれででしょうか…、味も違って思えたりする。
    基本的に混んでるお店はおいしく感じる…、その点、ココはちょっとのんびり。やってきた時間帯もピークタイムを外したからでもありましょう。待たずに入れてラッキーだって思う反面、おいしければいいのになぁ…、と思ったりもする。

     

    たくさん待つのは嫌だけど、ほどよき時間、ワクワクしながら待つのはたのしい。
    人の気持ちって贅沢なモノ。
    目当ての料理を注文し、まず牛たんの佃煮がでる。本来、ココでビールかなんかを飲むといいのだろうけどこれから人に会う用があって我慢。
    ほどなく麦飯、テールスープがやってきて、それをジンワリ食べながら、牛たんが焼きあがるのをゴキゲンに待つ。
    ホロホロになるまで煮こまれ、上顎と舌で潰れるテール。シャキシャキとしたネギの食感がそのホロホロを引き立てて、キレイなうま味にウットリします。

     

    「極み定食」、タンを八枚に増やしてもらったスペシャル版!
    上等なタンばかりを揃えて焼くこの店にあって、中でも分厚く上等なタン。炭の上に置かれて、自分の脂でコンガリ焼ける。
    ツヤツヤしていて、鼻をくすぐるおいしい香り。食べやすいよう深めに入れた切り口が、めくれるように焼けあがる。カリッと焦げたところがたくさん出来て仕上がるからなんでしょう…、サクッと前歯で歯切れる感じがなんとも旨い。
    肉汁豊富で、うま味も存分。噛んでるうちに口の中にタン独特のたくましいうま味が溢れて、ご飯をねだる。



    パラリと炊けた麦飯が、おいしさまみれになった口をサッパリさせる、よき組み合わせ。
    キャベツの浅漬、味噌につけた青唐辛子で舌に変化をつけながら、タンを食べては麦飯頬張る。そしてゴクリとテイルスープで口とお腹を潤してやる。
    なんたるゴチソウ…、オキニイリ。
    それにしてもタンの断面のうつくしきこと…、焦げた表面の茶色から芯の部分のロゼ色まで、見事にできたグラデーションにウットリしながらムチムチパクパク。
    やはりおいしい安定の味。今日も満足、また来よう。


    関連ランキング:牛タン | 渋谷駅神泉駅表参道駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ピザトーストで朝を始める今日のコト HOME ウォーム・ボディーズ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]