忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷でお昼を迎える今日。

    hikarie.jpg気になる場所にやってきました。
    今、話題沸騰の渋谷のヒカリエ。
    あまりの人に大変なコトになっているというのでしばらく遠巻き。
    ゴールデン・ウィークに行きたい場所のベスト3の中に入ったという商業施設。
    超高層ビルではあるけれど、展望室があるわけでなく。
    あるのはお店…、小売のお店と飲食店。
    ぶっちゃけ、オフィスビル付きショッピングモールって具合で、たしかにココにしかないお店もある。
    でもそれ以外は、同じ渋谷の他のところにある店ばかりでなんでこんなに人が集まる?
    それほど他にニュースがないのか。
    どうなんだろう…、わからない。

    この東京の東側。
    スカイツリーが今日オープンで、人の気持ちは多分向こうに行ってるだろう。
    そう思って来たらばなんの…、こちらもかなりの人出でびっくり。
    特に飲食フロアーはどこも行列。
    ここに来ないと食べられないような特別なものもあるけれど、別にココでなくてもいいのに…、って思う店にまで行列できてて「ヒカリエでランチをしたのよ」って思い出買いにみんなココにきてるんだなぁ…、って。

    その中でちょっと穴場なお店が8階…、アートギャラリーやワークショップが集まるフロアーにあるレストランで「d47食堂」って名前がついてる。
    68ba00c8.jpegディーヨンナナショクドウと呼ぶのだそうで、名前からして普通の店じゃないんだよってメッセージ性をプンプンさせてる。
    「d deign travel」っていう旅行雑誌の編集部が運営している飲食店。
    編集部の人たちが取材先で出会った生産者の人たちから、直接仕入れた四季折々の食材や調味料に食品をおいしく食べていただこう…、というそんなお店なんだそう。
    47は日本を構成する都道府県の数であります…、大きな窓から渋谷の街を見下ろしながらいただく日本各地のゴチソウ。

    da9c76fd.jpeg食堂という名前の通り定食メニューが何種類か。
    扱う食材の出身地の都道府県名がついていて、例えば長崎定食は小アジのフライ、香川定食はうどんだったりするオモシロサ。

    大阪定食っていうのをたのむ。
    大阪のおいしい野菜とおいしいお出汁を使って作った煮物がメイン。
    じゃがいも、インゲン、大根、ニンジン。
    出汁はカツオと昆布がベースのはんなり味で野菜の持ち味引き立てている。
    野菜をみんな一度に煮るのじゃなくてそれぞれ。
    それぞれの野菜がおいしくなるように炊かれて最後に煮合わせられてる。
    手間もシッカリかかった料理。
    芋は甘くて、ニンジン、豆は香りがたかい。
    キャベツはキュッキュと前歯が痒くなる歯ざわりで、「野菜を食べてる」って気持ちがしてくる。
    ご飯もおいしく、油揚げと菜っ葉の味噌汁も出汁が旨いから当然旨い。

    ただいかんせん、量が少ない。
    メインの料理と言われるそれが、普通ならば小鉢の料理といわれてもそうかと思う程度の分量。
    ボクは大喰い…、やってきている人はほとんどオンナの人でだからいいかと思いもするけど、体にやさしくおいしい料理こそお腹いっぱい、タップリ食べたい。

    e65ac2b7.jpeg小さな鉢に酒の肴程度の分量やってくるのが「小鉢」の土手煮。
    牛すじ肉とこんにゃくをコッテリ味に煮込んだモノで、クニュクニュ、すじが奥歯にまとわりつくオゴチソウ。
    それがあまりにおいしくて、小さな茶碗1杯分のご飯を食べてしまいそう。

    ここのお料理。
    主菜=副菜。
    副菜=肴…、とそれぞれサイズがダウングレードされて、それをお洒落と表現している。
    そもそも食堂と言いながら、用意されてる料理はほとんど定食で、好きな料理を組み合わせ自分好みの定食作って食べるコトが許されていない。
    献立作った人の思想を召し上がれ。
    あるいは「◯◯県の定食」という商品コンセプトにがんじがらめにされてるようで、食べ手の自由な気持ちを忖度しない、かたくなメニューになっちゃっている。
    おいしいのにネ…。
    食堂という名前のカフェと思ってしまえばいいのだろうけど、カフェにしては行儀よく座るコトを強要される椅子、テーブルはあくまで食堂。
    一体気持ちをどちらに向ければいいんだろう…、って思ってしまう、勿体ない。
    7f81c259.jpegそれにしても野菜はおいしい。
    大阪からきた水なすは、フカッと歯ざわりやさしくて噛むとジュワッと甘くて青いナスの香りをたたえたジュースがほとばしり出る。
    季節野菜の漬物も、カリッと状態最高で、やっぱりコレでご飯をモリモリ、お腹いっぱい食べたかったなぁ…、ここの高い家賃を払うためにはしょうがないことなのかってつくづく悔しく思う昼。


    日本全国から集めた上等で男前の食材を手にしながら、ココロが温まらなければお腹も満たす量すらない、おままごとのような料理を出す。
    しかしながらおいしい。
    にもかかわらずお腹を満たすコトが許さ
    れないというなんとも悔しい今様の店。
    東京に住むとはこういうことなのか?って思いもしました
    …、勿体ない。
    だから田舎に旅しなさい…、ってそれが本当のメッセージだとしたらば彼らの本業、旅行雑誌の出番だよね、なるほどそうかと思ったりもした、さぁ、仕事。


    関連ランキング:定食・食堂 | 渋谷駅神泉駅表参道駅

     

    拍手[9回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スシタベルヨル HOME サミダレノアサ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]