忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    友人と打ち合わせにて待ち合わせ…、なぜだか無性に甘いものが食べたくなって、ケンタッキーで軽くお茶。
    ケンタッキーでちょっとフライドチキンではなく、ちょっとお茶。
    昔はあまりウェルカムされないお客様だったに違いない。
    客単価は上がらないうえ、長居をされる…、うちは喫茶店じゃないんだからっていう感じで、けれど今ではそんな心配無用になった。

    8a1d85bd.jpegココだけじゃない。
    マクドナルドもモスバーガーも、お茶のお客様ウェルカムってお店になってしまったようで、ファストフードは様変わり。

    ケンタッキーがそんなニーズに対応して売り始めたのが玉子のタルト。
    マカオ名物。
    あるいは中国料理の飲茶の甘い点心の花形料理のエッグタルトのようなお菓子。

    「のような」と但し書きをつけたのは、本当においしいエッグタルトの持ってるサクッと感とシットリ感。
    それにムッチリなめらかなカスタードクリームのコッテリ感。
    このお菓子をおいしくさせてるそれらどれもがひ弱で、口の中がバサバサしちゃう。
    かなり残念な出来栄えだったからのコト。
    半分食べて、ギブアップした。

    代わりにフライドポテトをかじる。
    サックリとしたマクドナルドのフレンチフライもおいしいけれど、ココのポテトはフックラとしてステーキハウスの鉄板の上にのせたくなるような「芋な感じ」がちょっと好き。
    アイスティーをゴクリとやって、甘さ、油をスッキリさせる。

    そして夜を寿司にしました。

    f12928d3.jpeg天下寿司。
    渋谷の駅の反対側にできたヒカリエ。
    人工的な街のようなテナントビルは、人工的でおしゃれな匂いに満たされている。
    ココは下世話な街じゃないです。
    夢見心地な気持ちになって、さぁ、お財布の紐をゆるめてお買い物!
    って、そんな香りのメッセージ。
    それはそれで、きらいじゃないけど、どこに行ってもおんなじ匂いに。
    人間味だとか生活感とか、人をホっとさせる匂いじゃないのが残念で、しばらくそんな匂いを嗅いでいるとうんざり。

    地上におります。
    昔ながらの渋谷の街の、行き交う人の人いきれ。
    統制されていない雑多な店から流れだしてくる雑多な匂い。
    これこそ街の匂いだよなぁ…、ってウキウキしながら坂道あがる。
    なんでもありの街の自由がない上に、一つの世界観でくくられた百貨店とも違った「売れるものだけ残ってく」テナントビルの寄せ集め感がやっぱりボクは嫌いなんだとシミジミ思った、今日の午後。

    さて、天下寿司。
    ネタの種類はそれほどはなく、一皿120円で売ることができるモノの中で最上級のモノばかり集まっている…、だからいつも同じようなモノばっかりをたのんでしまう。
    漬けのマグロに、茹でたエビ。
    あるいはイカやハマチにサバと、どれも普通においしく新鮮。
    a8d0d788.jpegただどうしても120円ではすまぬネタもあってそれらは1個120円でうられてる。
    ウニにイクラ、活きたホッキに赤貝と、お願いするとそれぞれ1個を2個盛り合わせ一皿にして出してくれる…、そもそもこうした上ネタはひと口食べれば満足するもの。
    だからこうした値段設定…、悪くはないなぁ…、と思ったりした。

    ちなみに今日は雨の日で、雨の日サービスっていうのがあった。
    あぶりサーモン、あるいは手巻トロタクがいつもは240円で、今日はそれが120円。
    サーモンを寿司のネタとして食べるのは少々苦手で、それでトロタク。

    b7ffc4c7.jpegカリカリとしたタクワンと、ネットリとしたトロの食感が混じっておいしくなる組み合わせ。
    しかもそれを手巻で食べる。
    実はココで手巻トロタクははじめて食べる。
    たのんでみたら、コレがびっくり。
    普通トロタクは細切りタクワンとトロの中落ちをあえて芯にして巻き上げる。
    ところがココの。
    太いべったら漬を芯にして、そこにトロをくわえて握る。
    齧るとバキッとべったら漬が歯切れる食感大胆で、最初はお新香巻きを食べてる感じで、そこにユックリとろのネットリ感が混じってとろたく巻きになっていく。
    たのしいゴチソウ…、オモシロイ。
    かんぴょうわさびを〆にして、お腹いっぱい堪能す。

    ところでココの穴子のにぎり。
    甘めのツメをタップリまとって、ウットリするような姿が見事。
    フックラとした炊き上がりにて、口の中でホロッとほぐれてご飯に混じる…、江戸前風のやわらか煮穴子と人肌のシャリの相性抜群、オキニイリ。
    いつもは120円のネタなんだけど、今日は240円の絵皿にのって回ってきます。
    穴子だけじゃなく鰻も同じく240円。
    原料が値上がりしている、だからしばらく240円でお願いしますと、こんなところにも品薄鰻の影響がでているんだなぁ、と思う夜。



    関連ランキング:回転寿司 | 渋谷駅神泉駅

     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホンモノの料理
    ファストフード的なお店って、結局は味に飽きるか、
    メニューの少なさに飽きるか…という感じが否めませんね。

    何を食べても似たような味付けで、なんだかなぁ…。

    節約指向もいいですが、やはり専門店レベルの料理を
    提供してくれるお店に定期的に通いたいんですよね。

    それなりの年齢なのに「あれも知らない、これも食べたコトがない。
    ホンモノの料理の味を知らない」となると、人間としてどうなの!?
    と思ったりします。まぁ、贅沢な料理に舌が慣れてしまっているのかも知れませんが(笑)
    りりこりあさん / 2012/05/23(Wed) /
    料理と食品
    > りりこりあさん
    日本中に食品が溢れてますよね。
    ファストフードもそうですが、コンビニで売られているさまざまな食品。
    料理になり損なった、食べることができるモノばかり食べていると、感度が下がってくるとおもいます。
    料理を食べたいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/24(Thu) /
    自虐的朝 HOME ヒカリエノヒル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]