忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、赤坂見附の「やげんぼり」。

    0bd54e9b.jpeg実は昨日、とあるドラマにハマってしまう。
    9時からはじまる探偵もの。
    一昨日の睡眠不足がたたってかなり眠たく、そろそろ寝ようと思った頃にはじまって、結局、最後の最後まで見た。
    結構、オモシロかったのでありまして…。

    高島さんちの弟さん。
    いつもは七三分けなのに、アフロヘアでカメラマン役。
    で、この人が奇跡的な味覚の持ち主で、食いしん坊でもあるのです。
    フリーカメラマンで例えばパーティーでポートレート写真を撮って言われているのに、気づけば料理の写真ばかりを撮っている。
    料理写真を撮るときに舌なめずりする、その表情にシンパシーを覚えたりして、それで見始めたらばなんと、なんと。
    京都を中心においしいお店が次々出てくる。
    特にこのやげんぼりの京都のお店がかなり何度も出てきた。
    昭和な路地裏、鄙びた風情。
    エントランスの部分から、お店の中の真っ赤な漆のカウンター…、と京都のお店もここのお店も姿形が似ていてそれできたくてしょうがなかった、それで今日。

    オキニイリ席のカウンターの一番端っこ。
    今日もそこをもらって厨房の中をのんびりながめて、料理を待ちます。
    まずは漬物、小鉢がふたつやってきて、それにおひつご飯がやってくる。
    まずはご飯をよそおってご飯だけをパクリと食べる…、あぁ、旨い。

    65f76891.jpeg事件解決のキッカケを、やげんぼりでご飯を食べ比べしてひねりだす…、というドラマのいちシーン。
    たしかにココのご飯は旨い。
    けれどドラマの中ではご飯を、小さな羽釜で炊いてそのまま食べるんですね。
    炊きたてご飯もおいしいけれど、本当に旨いご飯は余分な水分を吐き出させ、うま味、風味を落ち着かせなくては生まれない。
    だからここでは木のお櫃に一旦、うつす。
    水にひたしたシャモジですくうと、ご飯粒がしっかり立って一つひとつがツヤツヤ光る。
    やげんぼりのご飯はおひつのパワーでつくられるのです。
    なのになんで彼らは、おひつに入れて出さなかったの?
    釜炊きご飯をそのまま食べて、うん、これが旨いって目を見開いて感動しちゃう高島くんがちょっと間抜けに見えたりしちゃう。
    モッタイナイ。

    それにしても探偵って人。
    洋の東西を問わずグルメな人って設定の小説、ドラマが多いです。
    同じ事件を扱ってても、警察の人はやっぱり公務員だからでしょうか…。
    牛乳片手にアンパン食べる…、っていうのが似あっていたりする。
    おみやさんとか、右京さんとか、オイシイものにこだわる警察関係者って、なんだか信用できないイメージあったりします。
    オモシロイ。

    甘み、うま味をシッカリ感じるご飯があまりにおいしくて、メインの玉子焼きが来る前に軽く一杯分の茶碗が空っぽになっていた。

    6aa74e38.jpegメインはここの名物のだし巻き卵。
    丁寧におりたたまれた分厚い玉子焼きでシットリ。
    黄金色して、湯気がゆらゆら。
    カメラをむけてシャッター切ると、不思議なコトに湯気まで卵色にうつった。
    光をやさしく跳ね返し、お皿の上までほんのり玉子の色になる。
    箸で一口大に割る。

    フルフル揺れて湯気に包まれ、それをそのまま舌に乗っける。
    ちょっと舌で上顎に落ち着けるだけで出汁がジュワッとほとばしり出る。
    限界にまで出汁をくわえて焼き上げた…、みずみずしくてやさしくて、しかも熱々。
    お腹の中があたたかになる。

    今日の小鉢は春雨明太。
    固く戻した春雨を、明太子と一緒に炒りつけたモノ。
    南蛮風味がシッカリしててヒリっと辛い。
    それにココの名物、ちりめん山椒、それから漬物。
    お味噌汁は夏が近づいて来てるからでしょう…、酸味の強い赤出汁で焼いたお揚げが具をなしていた。
    食欲見事に復活し、お腹一杯…、ウレシクなった。

    おいしい気持ちをもっとたのしく加速させよう…、それで甘いものを食後に食べにゆく。

    ydatz.jpgハーゲンダッツ。
    本当は、ソフトクリームをペロンと舐めてみたかった。
    けれど近所にソフトクリームの美味しいお店がなくってそれで、ハーゲンダッツ。
    タピオカ入りのココナツミルクに、アイスクリームを落として食べる、アジアンスイーツシリーズっていうのを前から食べてみたくてもあって、それでやってきてみたら。

    隣接しているサブウェイと客席部分が共用なのね、このお店。
    もともとこの店。
    サブウェイサンドイッチの日本一号店の場所で当時は大型店。
    今はそれほど大きなお店が必要ない…、って判断したのでありましょう。
    同じサントリーグループのハーゲンダッツが半分ほどを使うようになったのですね。
    けれどランチタイムはサブウェイでランチ取る人が多いから、ハーゲンダッツの客席を提供しましょう…、って経営的には賢い判断。
    けれどサンドイッチの匂いを嗅ぎつつアイスクリームっていうのはちょっと粋じゃない。
    アイスクリームは香りをたのしむ食品でもある。
    だからテラスに座って食べた。

    ランチタイムの赤坂はサラリーマンで通りあふれる街でもあって、昼からアイスクリームをうれしげに食べるオジサンが珍しいのでありましょうか。
    いろんな人と目があった(笑)。
    ココナツミルクの中にマンゴーのピュレが入ってエキゾチックな風味を作る。
    アイスクリームはストロベリーを選んでそれを溶かしつつ、ストロー使って飲むとポッテリ、アジアンシェイクのような味わい。
    そこにプツプツ、タピオカ混じって喉越したのしく、にぎやかになる。
    さてさて仕事の続きとしましょう…、いい天気。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    そばがき雑煮、志な乃にて HOME ホットドッグのマックの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]