忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を赤坂、やげんぼり

    ybori.jpg東京でも、ここほど風情のあるお店ってなかなか他にみつからない。
    赤坂の街の小さな路地。
    表通りを歩いてて、ここにこんなお店があるなんて、まる思えないほど小さな路地に面して入り口。
    その入口の近所だけが緑に覆われ、柳の枝がユラユラゆれる。
    周りの空気までもがシットリしているように感じる。
    黒塀。
    打ち水。
    やさしく風に揺れて手招きするのれん。
    行燈から漏れる仄かなやさしい灯り。
    ココだけ京都って言い張っても、十分とおりそうな風情で、旨い物が待っているって予感がします。

    ガラガラっと引き戸をあけて、靴を脱ぐ。
    一階、二階と客席があり、かなり大きな店ではある。
    けれどやっぱりココで食事をするならば、厨房が見えるカウンターか掘りごたつ式のテーブル席でいただきたいもの。
    それで早めにやってきて、厨房の真正面の一等席をもらえてウレシ。
    キレイに磨かれた厨房の中。
    見るからに板前らしい姿、仕草の調理人がニコニコしながら働いている。
    お店の外も、お店の中も風情があるって、いいよなぁ…、って思いながらさて昼ごはん。

    0467e85e.jpegお昼の定食の一番の売りは「おひつご飯」と「お漬物」。
    よく使い込まれた檜のおひつ。
    洗いこまれて、ところどころがゴツゴツしている。
    蓋の上には木のシャモジ。
    これも同じく磨きこまれて、先のクルンと丸いところが濡れている。
    ご飯粒がくっつかないように、水に浸けてそれから使うこうした配慮。

    たしかに昔、ボクの家にもこうしたおひつがあった。
    今では保温機能付きの電気炊飯器におされて家からおひつはなくなった。
    けれど、炊いたご飯をこうしておひつにうつしておくと、余分な水気がおひつに吸収されるためご飯がベタベタしないのがいい。
    特にココのご飯は固めでツヤツヤしてる。
    ご飯だけでも十分おいしく、おかずがなくても茶碗一杯くらいは食べれる。

    それに漬物。
    大根、キュウリ、赤大根に芥子菜、しば漬けと全部で8種類ほどが、お皿にこんもり、かなりの分量やってくる。
    シットリとしたちりめん山椒のおいしいコトには、何度利用してもビックリします。

    出汁のきいたおいしい赤だし、それから小鉢の切干大根。
    これらに一品、メインの料理がついてなんと1050円というお値段で、12時ちょっと前にしてほぼ満席の大人気。

    159bdde0.jpegメインのメインはだし巻き卵。
    お皿一杯。
    あふれんがばかりにボリュームたっぷり。
    フンワリ、ふっくら、箸を当てるとプチュンと切れて出汁がジュワッと流れて出てくる。
    口に入れると熱々、シットリ。
    焼いて作った料理なのに、まるで焼けた気配がしない。
    食材を焼くというコトは、その食材の水気を飛ばしてうま味を凝縮させるコト。
    けれどこの玉子の料理はみずみずしさを失っていない。
    まるで蒸したか、茹でたかのような料理で、こんな料理はなかなか他に見当たらない。
    舌にのせるとそれだけで、舌の上にうま味が広がる。
    醤油で洗った大根おろしをちょっとのせると、その香ばしい風味が玉子の香りをひきたてうま味が甘みに変わってく。
    かなりの大きさ、分量があっという間にお腹の中におさまっていく。

    eb60cc4d.jpeg他にもとろろや湯豆腐なんかがメインに控える。
    湯豆腐って、自分の家で作って食べるとただの豆腐をお湯に浮かべただけのなんだか味気ない料理に思える。
    けれどこうした、和食のお店で作ってもらうと、なんだか違った料理にみえる。
    昆布のうま味がうつった鍋。
    そこでコトコト煮こまれた、絹ごし豆腐を網ですくってポン酢に沈める。
    上等な店のポン酢は、なんでこんなにまろやかなんだろう。
    ツンと尖った酸味もなくて、スキッと香りもさわやかで、豆腐の風味を邪魔しない。

    焼いた魚もまた見事。
    西京味噌につけた魚を皮目をガリッと焼いたモノ。
    ムッチリとした身のおいしさは、それひとかけでご飯を茶碗半分くらいはいけそうな、濃厚な味。
    汁に漬物、小鉢に料理と、どれを食べてもご飯が旨い。
    いくらご飯をお代わりしても足りなくなるんじゃないかしら…、って心配するほどおかずもご飯もおいしく感じる。

    気づけばカウンターには御婦人方のお客様でもう満席。
    テーブル席もほぼ満タン。
    宣伝をしている訳でも広告する訳でもなく、それでもこうして人がココを目がけてお客様がやってくる。
    同じことを正直に、ずっとし続けてるからこそのこうした繁盛。
    飲食店ってこうじゃないとネ…、って思ったりした、また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ガスの炊飯器からおひつに炊きたてご飯を移すときの
    あのご飯と木の香りが入り交じった匂いを思い出しますね。
    冷ご飯になってもそれなりに美味しかった気がします。
    れきさん / 2010/12/15(Wed) /
    ご飯の匂い
    > れきさん
    おひつを開けたときの、爽やかな香り。
    ゴチソウでしたよね。
    おひつの蓋に手ぬぐいをはさんでとっておく。
    ちょっと冷めたのを一口食べると、あまりの甘さにウットリしたものでした。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/15(Wed) /
    すごく良いお店
    素敵ですねぇ 
    こういうお店を普段使いしたいなぁ
    佐藤Rさん / 2010/12/15(Wed) /
    上等な店
    > 佐藤Rさん
    ただ高級なのでなく、上等な店。
    いいお店です。
    夜を普段使いできるような大人っていいなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/15(Wed) /
    嬉しい☆
    もうだいぶ前になってしまいますが、こちらのランチ、以前この界隈で仕事をしていたときには通ってました。
    とっても好きだったので、久しぶりに様子が見られて嬉しかったです。
    ありがとうございます。
    あいさん / 2010/12/16(Thu) /
    素敵
    このおいしそうなお料理がこの雰囲気で1050円、ため息がでます。
    通って色々なメニューを試したくなるお店ですね。
    >夜を普段使い
    あこがれます。
    あーたさん / 2010/12/16(Thu) /
    たまに
    > あいさん
    ここのお店。
    たまに無性に訪れたくなります。
    さすがに昼は近隣のお客様で一杯になりますが、このお店のためにワザワザ赤坂という街を訪れても十分に価値があるように感じます。
    ありがたいお店ですね。
    ステキな思い出が共有できてとてもうれしく感じます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/16(Thu) /
    しかもおいしい
    > あーたさん
    街のいろんなところで700円、800円とランチを提供するお店が沢山あって、けれどあとちょっとだけ余分に出すと、こんなにステキな食事ができる。
    たまの贅沢にこれほどコストパフォーマンスの高いお店はあまりないと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/16(Thu) /
    カニビンの正体みたり、最敬礼 HOME フードストラップに翻弄されるマクドナルドの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]