忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂で朝バフェにする。

    oh.jpgひさしぶりに空腹を目覚ましがわりの朝となる。
    しかもなんだか、どうにもこうにも野菜を食べたい。
    食べたいというか、「食べなくちゃ」って強迫観念に近い何かにせっつかれるように「オーガニックハウス」という店を選んだ。
    赤坂のTBSの向かい側にあるチサンホテルのコーヒーショップ。
    朝はバフェをやっている。

    ここ一週間ほど。
    食べられるモノばかりを食べてた。
    好きなものというよりも、食べられるもの。
    手っ取り早く栄養になる、炭水化物や甘いもの。
    もともと炭水化物は大好物。
    自分で自分を博物学的に分類するなら「哺乳類・炭水化物目・肉食科」とするであろうって思うくらいに炭水化物と肉が好き。
    だからまず、炭水化物が食べたくなるってコトは容易に想像できる。

    03ce2f36.jpegけれど野菜。
    普通めったに食べたいと思わぬモノが食べたく感じる。
    やはり体は今必要なものを求める、防御本能を備えているのでありましょう。
    朝の打ち合わせが赤坂であり、それで赤坂のこのお店。
    実は、オーガニックハウスという店は赤坂界隈に集中的に出店していて、それぞれ独自のスタイルで営業している。
    この店だけでなく、この赤坂にはオーガニック系のお店が多い。
    外国人が周りに沢山住んでいる…、というところがかなりの影響を与えてるんじゃないかと思う。
    この周辺だけ体のバランス崩していたり、不摂生で体が弱った人が多いワケでは決してない…、のでしょうね。

    明るいお店。
    ホテルが面した表通りに面しているのに、入り口部分がちょっと奥まって造られていてあまり目立たぬ隠れ家風なロケーションが秘密めいてて良かったりする。
    落ち着く感じ。
    バフェの料理は全部で20種類くらいでしょうか。
    決して種類は多くはないけど、バリエーションが豊富でしかもひとつひとつの料理にキチンと説明書きが付いていて食欲そそる。
    オーガニックがテーマのバフェのデフォルト的なる木をくりぬいて作ったお皿。
    そこにあれこれ、野菜の料理をちょっとづつ。

    2090ff9a.jpeg葉っぱ野菜に豆のサラダ。
    ポテトサラダに有機大豆の豆腐と茄子の煮びたしだとか。
    ローズマリーの香りを抱かせたチキンのロースト。
    玉こんにゃくと、どんこ椎茸の煮付けなどなど、お皿がどんどん華やかになる。
    見た目キレイでうつくしい。
    それはそのまま、体にやさしく心までもが華やかになる、正しい料理の姿かもって思ったりする。
    しかもそれぞれおいしくて、本当に体が潤っていく。

    中でもびっくりしたのがニンジン。
    千切りにしてオリーブオイルと塩にそれからレーズンまぜて作ったラペで、香り華やか。ハーブの香りがしてくるステキ。
    顎にコツコツ、食物繊維がぶつかり当たってちぎれてこわれて、頭の奥から目をさまさせる。
    驚くほどの情報量。
    舌も目覚める、オゴチソウ。

    玄米ご飯をお皿にもって、サイドにコーン。
    梅干、それから塩昆布。
    オリーブオイルをタランとたらしてスプーンで食べる。
    お茶碗じゃなくお皿で食べるご飯は、なんだか主食というよりお米の料理という感じ。
    ホツホツとした玄米ご飯のまわりをオリーブオイルがコーティングして、スベスベ、風味も明るくていい。

    68607cac.jpegどれを食べても体に染み入るおいしさで、けれど特に感心したのがスープ類。
    用意されていたのは2つの種類。
    一つは豚汁。
    もうひとつは野菜のスープ。
    ご飯にあわせて和風のモノに、パンに合わせて洋風とサービス精神がまずはうれしい。

    粗くすったゴマをタップリくわえた豚汁。
    豚汁だから当然、薄切り豚バラ肉が具材の主役。
    けれど豚肉以上に野菜がおいしい。
    ゴボウ。
    大根。
    ニンジン、タケノコ、しいたけと体によさそうな野菜がそれぞれ食感たしかに切り分けられて存在感を発揮している。
    ゴマの豊かな風味と味噌がどっしりとしたポタージュっぽい味になってる。
    今度作るとき、真似しよう!

    一方の野菜のスープ。
    ブロッコリにグリーンアスパラ、小松菜それからほうれん草。
    緑の野菜をグリーンピースのスープとあわせたグリーンポタージュ。
    トロンとなめらか。
    しかも緑の香りが鼻からほわんとたって体の中がさわやかになる。
    オリーブオイルをこれにも使い、緑の風味を拍車をかける。
    野菜は生で食べるより、加熱をすれば量をタップリ食べられるという。
    特にこうした野菜のスープ、あるいはお汁。
    朝の体に健康的な滋養をくれる…、ありがたい。

    61479180.jpegバナナを食べる。
    完熟バナナで甘くてしかも風味も独特。
    南の風が頭の中に吹いてくるような、朝のデザート。

    お店に入ってしばらくしたら、外国からの観光客風の6人連れがやってくる。
    聞けば、ドイツから来て近所の別のホテルに泊まってる。
    そこのホテルの朝ご飯は退屈で、散歩してたらここをたまたま見つけたんだと。
    「オーガニック」って言葉のマジック?
    どうなんだろう。
    大きな体の人たちがズラリ並んで、ワーキャーしながら料理を取ってる姿がとてもほほえましくて、イタズラゴコロがちょっと湧く。
    これ、日本人が大好きな健康食品なんですよ。
    そう言って梅干しすすめる。
    酸っぱいですから心して…、ってそう言いながら隣に座った彼らと一緒に、いちにぃさんでパクッと含む。
    クシャッと顔がしかめっ面に一瞬なって、お茶やお水で口の中をリセットしながら、これを食べたら日本の女性みたいに若くなれるのかしら…、ってご婦人方は種をチュバチュバしばらくなめてた。
    オジサンたちは大笑い…、ちょっとたのしい国際交流、さて仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    赤坂サカスでエビフライ HOME 東京老拉麺
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]