忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、勉強をかねちょっと気になるお店を訪ねる。



    赤坂見附。あいにくの雨で街はガラガラ。
    液から坂をあがって少々。歩いて3分ほどの近くにある店なれど、その周辺はまるでゴーストタウンのごとき。
    半年ほど前までタッカンマリのお店があったところにできた「LAカルビ」というお店。外から見るとお店は静かで、大丈夫かなぁ…、と思いながらも中に入ると元気な韓国系の女性スタッフがニコニコしながらやってくる。



    清潔で居心地のよいお店の造りも、一番奥で料理を作る丸まる肥えたオモニの姿にこりゃ当たりかも…、ってウキウキします。

    まずは店の看板メニューの「LAカルビ」。牛のばら肉を肋骨に逆らい切り分け甘辛ダレをつけて焼き上げる焼肉で、厨房の中で焼いて鉄板でやってくる。
    骨を掴んで歯でしごきつつペロンを剥がして食べるのが、貪っているって感じでたのしく、コリコリとしたスジやゼラチン質がもれなく肉と一緒にやってくる。



    肉の隅々まで染み込んだタレの味もなかなかなモノ。カランカランと残った骨をお皿に並べ、気持ちがソウルに向かってく。

    青唐辛子とニラのチヂミはトロンと生地がなめらかで、刻んだイカの旨みのせいかまるでたこ焼きみたいな風味。
    青唐辛子がヒーハー、舌をつねるがごとき。ニラの香りも鮮烈で、ひと口ごとに汗を誘って、お腹を空かす。



    メインにプデチゲ。
    寒い夜です。辛いものが恋しくて、それで迷わず真っ赤な鍋を選んでたのむ。
    鍋の中には豆腐に春菊、エノキに春雨、もやしにキャベツ。赤ソーセージに白ソーセージ、スパムにトックにチーズにラーメン。
    すべての具材をあらかじめ入れ、強火で一気にグツグツさせる。沸騰しようが、鍋からスープが溢れ出そうが、そんなコトで味が壊れてしまうようなヤワな具材でもヤワなスープでもないかわらでしょう。一切構わず強火でガンガン、煮込んでく。



    ラーメンがトロンとしたら出来上がり。
    ハフハフしながらまずはラーメン、たぐって食べて、豆腐をフルン。鍋の中の空間に余裕ができたらヒックリかえし、もやしやキャベツを食べていく。
    強火でグツグツ煮こまれたラーメンだったりトックだったりのでんぷん質で、どんどんスープにとろみがついて、ソーセージなんかの旨みも溶け出し、最初はさっぱりしていたスープにどんどんコクがついてくる。
    東京のプデチゲは甘いお子様味が多くて、けれどココのは酸味と辛みがスッキリしていてお酒がすすむ大人味。
    いいお店です。贔屓にしようかと思ったりした、オキニイリ。


    関連ランキング:韓国料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ニホンテキ HOME モンテクリスト、ティンフック
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]