忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷で夕方、軽くお腹をみたしましょうか…、とそれで「長崎飯店」にくる。

    1c43ed35.jpeg皿うどんやちゃんぽんが、結構、おいしい店なんです…、と教えてもらった。
    長崎飯店。
    秋葉原には「長崎飯園」なる店があり、そこもかなりの本格派。
    一品料理もおいしいけれど、そこの皿うどんはとても上等。
    天下一品においしくて、たまに食べたくなるゴチソウ。
    「店」と「園」が違ってけれど、なんだかお店の看板や、裏路地という目立たぬ場所にあるとこもちょっと似ていてオモシロイ。

    渋谷の道玄坂途中。
    丸亀製麺所ができた渋谷の中でもおそらく一番、人通りのあるにぎやかな角。
    そこからビルとビルの間の通路のような路地をずんずん入っていくとポツンとあります。
    知らずに表を歩いていたら、多分、わからぬそんな店。
    間口は狭く。
    けれど奥へ奥へとうなぎの寝床のように広がる、結構大きなお店で従業員のおねぇさんが二人、待っててくれるのですネ。
    「いらっしゃいませ」とキレイな日本語。
    最近、こうしたお店に来ると、中国人の従業員がサービスするのが当たり前のように感じてそれでホッとする。

    9418c8a9.jpegまずは餃子をたのみます。
    厨房の中からジューっとお鍋の上で何かが沸騰しながら焼けておく音がする。
    湿った音が、そのうちバチバチ、乾いた音に変わる。
    そろそろ餃子がやけますからネ…、と。
    小さなお皿に餃子用のタレを注いで、おねぇさんが持ってくる。
    そしたら厨房の方から油の香ばしい、焼ける匂いがただよってきて、ジリジリ、何かが焦げる音。

    お待たせしました!
    やってきた皿。
    ビックリします。
    見事な羽つき。
    餃子は5個で、1個1個が大きくてだから大きなお皿がスッポリ隠れて、とてもゴージャス。
    まずは羽をパキッと割って、ためしてみると油の香りがとても濃厚。
    ザクザク壊れる感じがたのしい。
    餃子はツルンととっても普通。
    中身は豚の挽肉とキャベツ、白菜、それからネギで香り自体はとても穏やか。
    肉汁タップリ。
    噛むとボタボタ、皮の中からほとばしり出る、それを残さず食べようとタレのお皿で受け止めて次の餃子にそれを足す。
    餃子がおいしいお店って、他の料理に期待が持てる…、さてさてメインは?と。

    aa39a78b.jpegたのんだメインは皿うどん。
    しかも太麺。
    この東京で皿うどんといえば、揚げた極細麺に野菜のあんかけがかかったモノとほとんど相場がきまってる。
    けれど長崎出身で、長崎流を守るお店には必ず太い麺のがある。
    ココも太麺が用意されてて、迷わずそれをたのんで食べた。

    むっちりとしたちゃんぽんの麺。
    固めに茹でて、それを一旦、脂と一緒に鍋で炒めているのでしょう。
    麺の表面にこげ色がつき、麺だけ食べても脂の甘さで十分おいしく味わえる。
    そこにあん。
    キャベツにネギ、玉ねぎなどの野菜をタップリ刻んで炒める。
    鶏ガラスープととんこつスープ。
    うま味を出すためのイカのゲソ、あさりに牡蠣まで入っててかなり濃厚な味わいがある。
    彩り豊かな長崎かまぼこ。
    それにもやしがシャキシャキ感をくわえて歯ごたえ、味わいどちらも最高。
    炒めちゃんぽんって風情で、飽きずに食べられる。
    実は最初、間違ったオーダーが入ったのでしょう。
    極細麺の皿うどんが来た。
    出てきた途端に、ごめんなさい!って指摘をしたら、そうでした…、って超特急でつくり直してくれたのですけど、その対応の気持の良さとスピーディーなところに感心します。
    いい感じ。

    ffe56020.jpegテーブルの上にはキレイに磨かれた調味料いれ。
    お酢や醤油にラー油に塩と、中華料理店にあるべきモノはひと通り。
    けれど、中華料理店にはほとんどなくて、長崎皿うどんのお店にかならずるべきものは、ウスターソースでここにもキチンと用意されてた。
    それをタップリかけまわし、食べるとスープのうま味がキリッと引き締まる。
    酸味にいろんなスパイス臭。
    甘みさえも引き立てて、特に太い麺にはピッタリ、おいしくさせる。

    ご飯料理もちょっと食べたくて、それでトンポーローの丼たのむ。
    メニューには、トンポーローじゃなくて「皮付き豚肉の煮込みご飯」って書いてあった。
    たしかに皮付き。
    豚バラ肉の一番おいしいとこが皮と身の間。
    脂がきれいで、しかもゼラチン質が豊富なところでそれをジックリ煮込む。
    脂はトロトロ。
    肉はシットリ、やわらかになる、それwに醤油のうま味を加えたいわゆる中国風の角煮ですな。
    ウーシャンファンや八角の漢方薬っぽい匂いが豚の油臭さを拭い去り、ご飯のお供にピッタリとする。
    青い菜っ葉を油とにんにくで塩炒めにして、それをタップリご飯と肉の間に敷いた。
    シャキシャキとした食感が、肉の歯ごたえ、味わいと真逆にあってその組み合わせがとてもおいしい。

    お店の人は作業を終えると、お店の中のテーブルに座ってニコニコ、おしゃべりをする。
    悪びれるところがまるでなくって、そんなところはまるで香港、あるいは台北。
    小さな旅行をしたような、得した気持ちになれる店。



    関連ランキング:中華料理 | 神泉駅渋谷駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ピラニア3D HOME ゴーファン@東京ドーム
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]