忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    気持よく肉でお腹をほどよく満たし、やっぱり〆でなにか食べたい。



    そうだ、近所に「はしご」があったはずだよなぁ…、と、ちょっと歩いてやってくる。
    銀座界隈に何軒かある担々麺のおいしい店で、赤坂の店は初体験。
    場所としてはそれほど良くはない場所で、だって後ろ側には首相官邸。赤坂の街の外れでしかもメインの通りの反対側と、よくこんな場所にお店を作ろうと思ったよな…、というような場所。
    時間は9時も過ぎていて、ところがお店に入るとこれがなかなかニギヤカ。



    感心したのがお店の作りで、外からみるよりずっと大きい。だからテーブル席を作ろうと思えばできなくないはずなのに、カウンターだけ。
    厨房はかなりコンパクトで一番奥に作られていて、カウンターの中はまるで舞台のような広場の様相。
    テーブル席を作るとサービスを期待される。あくまでうちはラーメン屋。だからカウンターだけで勝負するんだという決意なんでしょう。潔い。
    明るく清潔、機能的であるコトこそがよいラーメン店の店作り。



    まずは焼売たのんで食べる。
    4個で400円。一個単位でたのむこともできるというのがありがたく、けれどやっぱり蒸籠に四個というこの状態が見てみたかった。
    ズッシリ大きい。粗挽きにした豚肉を薄い皮で来るんだ焼売。
    お酢に醤油に芥子で食べる。
    ココのお酢がキリッと酸っぱく、豚の脂をスッキリさせてなんとも旨い。これでビールを飲んだら旨いに違いない…、と思いながらも、これは〆。冷たいお茶で我慢して、やってきたのがこの一品。



    ダーローサンホンメンというオキニイリ。
    「太肉」と書いてダーロー。「酢紅麺」と書いてサンホン麺。
    担々麺が名物ではあるのだけれど、最近、コレにハマってる。酢に紅いと書くとおり酸っぱくしかも赤唐辛子で辛いスープがスキッと旨い。
    担々麺と違ってポッテリ感とか甘みを持たず、サラサラスッキリ。中華スパイスの香りも強烈で、一口ごとに元気がみなぎる力強さにニッコリします。



    麺は細めん。ストンとストレートでザクザク歯切れる食感が良い。
    麺そのものの存在感をうたうのでなく、スープと馴染んで一体感を生むのが目的の麺の食感。味わい深い。
    ダーロー部分は、煮込んだ豚で脂はほとんど含まない。箸で触れると崩れるほどにやわらかで、噛むとバッサリ。ほぐれて歯茎にまとわりついてずっと居座る。存在感がオモシロイ。



    サービスでご飯がついてくるのだけれど、最初はさすがにスキップしようと思ったのだけど、やっぱりもらう。
    サービスでカウンターに置かれた千切りたくわんのため。
    カリコリ歯ごたえたのしくて、塩の風味がおいしいたくわん。スープで疲れた舌をリセットさせる役割もありがたく、それをカリコリ。
    友人がたのんで食べた担々麺。しかも排骨入りで、それもちょこっと分けてもらってあぁ、シアワセと夜が更ける。


    関連ランキング:担々麺 | 溜池山王駅国会議事堂前駅、赤坂駅


    ところでコレ。今年公開40周年になるのを記念に作られたジョーズのダイジェスト動画。



    たった3分でも見事にこの映画の怖さが伝わってくるものだなぁ…、って感心します。この後、いろんな動物系パニック映画ができてブームになったけど、やはりコレにかなうモノなし。ひさしぶりに見てみようかと思ったりする。オキニナリ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    官邸下のはしご
    酸紅麺のバリエーションがあるのは、このお店だけかな?と思います。
    はしご、ざっと計算すると200〜300回くらいお世話になっています。
    いま北の大地で、恋い焦がれるお店ナンバーワンです。また写真みせてくださいませ。
    tonamiさん / 2015/08/05(Wed) /
    お店それぞれ
    > tonamiさん
    お店それぞれに持ち味があって、東銀座のお店に行くとサンホン麺じゃなく担々麺を食べたくなっちゃう。
    ずっとこのままでいて欲しいお店のひとつですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/08/05(Wed) /
    大忙しの寿司清の朝 HOME めでたき肉源
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]