忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    焼肉食べて、〆に何を食べましょうか…、と、赤坂の街をてクリと散歩。



    普通ならばココで担々麺を食べて帰るとこ、今日はちょっと違うんだよなぁ…、とそれでアカサカサカス。トップスのカレーもいいかと思いながらも、かつてのリュクスな雰囲気をまるでかなぐり捨てたまるでカレースタンドみたいな雰囲気に、やっぱり気持ちがそそられぬ。
    その先、通路にマーライオンを見つけてそうだ…、「海南鶏飯」にしましょうと気持ちが決まって落ち着いた。
    ブラナカンスタイルのインテリア。カラフルにペイントされたゴチック様式の独特の景色がちょっとブギジャンクションに来てるみたいで気持ちがあがる。



    友人とふたりで2つの料理をとって分け合い食べようと、まずはハイナンチキンライス。
    鶏は揚げ鶏を選んでたのむ。
    先日、銀座でシンガポールからやってきた有名店に行ってきた。そこは蒸鶏とローストチキンの二本立て。おいしくはあり、けれど食べててボクはやっぱりココの揚げ鶏が好きだなぁ…、と思ってそれで今日、夢叶う。



    タレに薬味が3種類。こってりとした甘い中国風のたまり醤油に、チリソース。ネギと油の和物とチキンライスにつきもの3種。このチリソースは銀座のお店のがおいしかった。それとこれとをトレードできたら、ボクにとっては無敵の一品になるのになぁ…、と、そんなワガママ。しょうがない。
    ジャスミンライスがおいしいのです。
    生姜の風味がフワリと漂い、口の中でパラパラちらかるにぎやかさ。ご飯だけでも〆のご飯になりそうなオキニイリ。



    もう一品はプロウンミー。エビのスープ麺というシンガポール独特の麺。
    透き通ったチキンスープにチリの辛さとエビの旨みと香りが混じる。中太のストレート麺に茹でた豚肉。ゆでエビ、炒めた青梗菜と具材タップリ。
    フライドガーリックや揚げたネギが香りを添えて、食欲誘う。
    スープが本当に旨いのです。
    エビの旨みを邪魔せぬスープ。深くてしかもコクがあり、けれどスキッと後口がいい。飲んでるうちに徐々に辛さが重なって、汗をじんわりかくオゴチソウ。ちょっとぼそぼそする麺が食べごたえあり、お腹もほどよく満足します。


    関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅



    そして金曜…、今日から出張。まず東京駅からスタートで朝を蕎麦屋で軽めにすます。



    「江戸せいろう蕎麦」という店で、神田の藪の流れの商品。
    場所柄茹で上げにこだわることがむつかしく、運が良ければ「これからお茹でいたしますので、少々お待ちくださいませ」と待たされる。
    今日はススッと料理がでてくる。案の定、ぺっとりとした茹で置きそばで、すぐ食べられるということが決して雲がいいことじゃない…、食の世界の多彩なコトにいまさらながら感心します。
    お店も静かで、混んでいるならそばの回転もよかったのでしょう。ちと残念。



    えびおろしそばという冷たい蕎麦で、鉢の中に蕎麦に天ぷら、大根おろし。せいろうならば水気が切れてまだよかったのだろうけど、水気を吸わぬ陶器相手じゃそばも溺れてしまいそう。
    タレを上から注いでぶっかけ。みずっぽさをなんとかこれでカバーする。
    徳利の中にタレを少々残しておいて、そば猪口に入れ蕎麦湯で満たして〆とする。蕎麦湯もぬるくて、これまた残念。どこかで気持ちをリセットしましょと思案する。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 東京駅大手町駅二重橋前駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    秋模様 HOME 赤坂肉源
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]