忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はたのしい会食…、赤坂の韓国料理の「チョンギワ新館」。
    赤坂の街にチョンギワを名乗るお店が二軒あって、一つが本館、一つが新館…、どちらもよく似た商品構成で本館の方はちょっと気取った雰囲気の店。
    ボクはカジュアルで気軽な感じの新館の方が、料理の内容も含めて好きでそれで新館に予約をいれてやってきました。



    もう30年近くもずっとお付き合いを頂いているご夫妻と、互いの友人を誘い合って総勢6名…、個室をもらって昔話を花を咲かせる。
    座るとまずはおかずがやってくるのが韓国レストランの習わしで、おでんの煮物や大根ナマスに雑魚を飴炊きしたものをまず食べながら、軽く乾杯。
    ナムルにキムチ…、それぞれキチンとした味わいでとても上等…、料理をあれこれたのんで食べる。



    まずはチヂミを…、海鮮チヂミやキムチチヂミといろんな種類のモノが揃っているけれど、ここはひとつ、一番素朴でけれど一番味わい深い「緑豆チヂミ」。
    普通ジャガイモや小麦粉使って作るチヂミを、豆をすって粉にしてそれで作るというモノで、手間がかかるがもっちりとした食感と、豆がそもそも持っている旨みが口の中にジワッと広がる逸品。
    何より表面カリッと揚がったように仕上がり、噛むとジュワリと油の旨みが口に広がる、そしてほろりと生地がほぐれてネギの香りが口から鼻に抜けていく。
    やさしく素朴な味わいで、お腹がグーッとなってくる。



    メインを2つ…、ひとつはプルコギ。
    ジンギスカン鍋のような語りのプルコギ鍋に牛骨スープをタップリ注ぎ、そこに出汁に漬け込んだ肉と野菜をドッサリのっける。
    肉がジンワリ焼けてくと、脂と焦げたタレが鍋肌沿って下へ下へと流れ落ち、鍋の縁を満たしたスープの中に落ちて混じってスープをおいしくしてくれる。
    肉そのものはカリッと焼けて、野菜はシットリ。
    スープをタップリかけまわしつつ食べると甘くてすき焼きみたいな味わいがある。
    ご飯をおねだりするような、たのしいゴチソウ。



    それからホルモン鍋をグツグツ…、丁寧に下ごしらえしたぶつ切り丸腸、クニュクニュ歯ごたえたのしいハチノス、それにタップリ野菜をくわえて辛子味噌とスープで煮込む。
    内臓独特のコッテリとした匂いが鼻をくすぐって、それが食欲誘ってくれる。
    ホルモンから滲んだ脂の甘みと味噌の旨みと辛味、そこに野菜の風味が混じってハフハフ食べると体が芯からあったまる。
    豆腐やキノコにスープの旨みが移って味に深みがでてくる…、タップリお腹に収まっているはずなのに不思議とお腹が重たくならず、むしろ食べれば食べるほど食欲湧いてくるようなそのおいしさにウットリします。



    何かお腹に貯まるものを、スンドゥブチゲと麦飯たのむ。
    この店、味噌や赤唐辛子そのものがおいしく上等なんでしょう…、スンドゥブチゲも味わいぶかくて辛いだけじゃなく旨みがドッシリ。
    スベスベ、ホツホツした麦飯が口の中で転がるようなたのしさ食べはじめると、スプーンを持つ手が止まらない。
    頭のてっぺんから汗をかき、同時にお腹の中にも汗をタップリかいた。

    そしてココの名物料理の水冷麺。



    フランス料理で言うならばダブルコンソメとでもいいますか…。
    淡い茶色の透き通ったきれいなスープ…、これまたきれいな脂がポツポツ、小さな粒をなして浮かんでキラキラ光る。
    そこに極細のどんぐりの麺、薄切りきゅうりの酢漬けと牛すね肉のボイル、それに茹でた玉子が半分…、具材はそれだけ、とてもシンプル。
    はさみでジョキジョキ麺を切って、スプーンですくってチュルンと味わう。
    ところどころに氷が浮いてて、実はスープがシャーベット状に凍ったモノ…、それも一緒に口に含むと舌の上にてシャリッと溶ける。
    溶けるとたちまち口の中に牛肉スープの旨みと香りが広がっていく。
    お酢をちょっとだけ垂らすとそれが甘みを引き出し、溶いた芥子と一緒に食べるとツーンと鼻から芥子が抜けて、旨みをキリッとひきしめる。
    辛い料理で燃えてたお腹をスキッとなだめて蓋をする…、なんたるゴチソウ、オキニイリ。


    関連ランキング:冷麺 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    笑った夜と朝の飯 HOME ムーチョモダンメキシカーノ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]