忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、赤坂で仕事があって、それでついでに赤坂で朝。

    ir.jpg一龍別館という韓国料理店。
    昔からある韓国料理のお店の中には24時間営業の店がたまにある。
    焼肉屋さんで24時間営業の店はほとんどない。
    韓国料理屋。
    肉を焼かない専門店の中にはいくつか。
    中でもこの店は、開業当時からずぅっと一年365日、24時間。
    休まずやってる。
    いつ、掃除をしてるんだろうって、心配になるほどそれでもお店の中はキチンとしてる。
    チェーン店で24時間営業っていう店は結構ある。
    けれど家業としてやっている店では、眠らずお店を守る仕組みがなかなか出来ず、それで休まずするのはむつかしい。
    このお店。
    名物おばぁちゃんがいつもいて、もしかたらココに住んでるのかもしれないネって思ったりする。
    今朝も「いらっしゃいませ」っておばぁちゃんが笑顔で出迎え。

    名物料理はソルロンタンです。
    牛骨や牛肉、あるいは臓物を鍋にいれてコトコト煮込んだ白スープ。
    実は昨日、ちょっと疲れて、今朝もスッキリしなかった。
    滋養に満ちた食べ物を食べたい…、って起きた瞬間思ってしかも幸運なコトに赤坂仕事。
    それでココにやってきた。

    e4c79af8.jpeg近所にサムスン電子の日本事務所があることもあり、朝から結構、にぎわっている。
    ときには二日酔いっぽい赤い顔をした、キレイなおねぇさんたちが朝からスープをすすりにきている。
    ココぞというときの栄養補給に適した料理というコトでしょう。

    少々、値が張る。
    けれど丁寧に作られたスープにご飯に、キムチ、カクテキ、それからおかず。
    おかずがズラッと並ぶのは、韓国料理店では普通なんだけどココは種類に量にクオリティと、どれをとっても赤坂髄一。
    韓国海苔に、モヤシのナムル、スープをタップリ含んだふんわりした玉子焼き。
    野菜炒めや、イリコの煮たのとあれこれたくさん。
    中には甘いジャガイモサラダや、煮た黒豆と甘い料理があって程よい箸休めになる。
    これらのおかずで、十分ご飯が食べられて、それでお腹いっぱいになるボリュームで、だから決して高くはないか…、と思ったりする。

    ほどなく、スープがやってきます。

    35bf9f7e.jpegうつくしき、真っ白なスープが見事。
    「雪濃湯」という当て字をあてる、そのワケがわかるほどに雪の如き白い色。
    しかも香りがとてもよい。
    骨を煮こんで作るスープには、獣の匂いが大抵つきもの。
    例えば九州の豚骨スープなんかはお店に入った途端に臭う。
    けれどココのこのスープ。
    動物臭さがまるでない。
    無臭か?というと、たしかに匂いはあるのだけれど、何の匂いか?と聞かれると少々戸惑う。
    抽象的な「おいしい香り」。
    お店の中に入ったときにも、嫌な匂いがしなくって、だから朝にもふさわしい。
    目を凝らしてみるとやっとわかるほど、小さな油がポツポツ浮かぶ。
    ネギがタップリ。
    スープの中に肉色をした物体が、沈んでいるのがみてとれる。

    5d882e54.jpeg一口、すする。
    うま味が口にひろがります。
    うま味以外の味の手がかりがほとんどなくてつまり調味料をまるで使わぬただ純粋な肉のうま味がずっしり舌にのっかってくる。
    しかもスルスル、スープがすべって喉に向かって流れこむ。
    コラーゲン効果というか、ゼラチン効果とでも言うのでしょうか?
    もうこの瞬間に、体の中の傷んだ部分が修復されてくみたいでウットリ。
    これに塩や胡椒を足しながら、味をととのえ食べ進む。

    ほんの少しの塩が甘味につながっていく。
    沈んだ肉を引き上げる。
    スネとか肘とか、良く煮込まないと硬くてけれど旨味をもった部位で当然、繊維が粗い。
    繊維の間にゼラチン質の層が混じって、噛むとクチャっとそれがほぐれる。
    ピトッと舌に貼りついて、まるでキスをしてくるような肉の食感。
    肉感的で、味わい深い。
    ソルロンタンには麺がつきもの。
    大抵のとこでは茹でた素麺をいれるのだけど、ココは韓国冷麺の麺。
    どんぐり使った透き通ってて、ムチッと食感豊かな麺をタップリいれてユッタリ煮込む。
    そのツルツルが、またたのしい。
    カクテキを入れ味を変えます。
    かなり浸かって酸味をもったコリコリとした大根が、スープで軽く熱を持ちムニュんとなるのがまたゴチソウ。
    お腹があったか、しかも体を満たす肉のうま味とエネルギー…、昨日の疲れもこれでサッパリとれたよう…、今日も一日、ガンバル、力をありがとう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スカイでランチ HOME サバのご飯にビーフンスープ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]