忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東銀座のフレンチの店、「ブションドール」で昼とする。

    bo.jpgリヨンの居酒屋と、サブタイトル的に併記されててなるほどリヨン。
    フランスの中でもおいしいモノを食べるのならば、パリじゃなくってリヨンに行け!っていわれるほどの美食の都。
    でもって、そのリヨンといえば「bouchon(ブション)」であります。
    ブションっていうのはリヨン風の、つまりちょっと田舎風の雰囲気の中で地元の料理をワインをたのしむコトができるレストランのコト。
    つまり日本語に変えると確かに「居酒屋」っていう言葉が一番しっくりするかもしれないそれで、リヨンの居酒屋。
    このお店は、Bouchon d'or、つまりbouchon of Gold。
    黄金のブションであります、最上級のブションというコトでしょう…、期待大!

    平日ランチは1000円からと気軽な値段。
    月曜日が休みのお店でだから今日がこの店にとっては週のはじまり…、昨日はタップリ休養をとり、今日は元気ハツラツ…、いいお料理が食べられそ。

    ワンプレートランチを選ぶ。

    66f6951b.jpegいろんなモノがひとつお皿にのってるのってなんだかたのしく、得な気がする。
    フランスのビストロやカフェ。
    パテやソーセージが自慢のお店でよく見るランチの定番料理。
    大人のお子様ランチみたいで、ボクは好き。

    すべてがドサッと一度に目の前にくる。
    これから自分のお腹の中に、収まるであろうすべてのモノを一度に眺めて、さて、どう平らげようかと、対策立てる時間がたのしい。
    日本の松花堂弁当なんかも同じたのしみ。
    キチッ、キチッと一枠ごとに異なる料理が整然と並んででてくる、弁当スタイルもうつくしいけど、こうしてワシャっと雑然と、盛り込まれているお皿もたのしい。
    心置きなく迷いつつ、心置きなくたのしむ所存。
    さぁ、いただきます!
    まずはパテ。

    鴨のローストを芯にしていて鴨とパテを一緒に食べれば、ねっとりとしたパテが、甘い脂を吐き出しながら、ムッチリ、歯ごたえ逞しい鴨胸肉にまとわりついて、まるでソースの役目を果たす。
    おのおの別に食べればそれはそれそのものの味に戻って、それもおいしい。
    ワインを飲みたくなるのが悔しい。
    豚のリエット…、ネットリむっちり。
    シャキシャキとしたサラダは野菜そのものがおいしくて、酸味がビビッと鋭いくらいのドレッシングが口をスッキリ、リセットさせる。
    丁寧に作り込まれたオニオングラタンスープも見事な出来栄え。
    感心しながら一口ひとくち味わった。

    3c4fbc55.jpegそれはそうと、キッシュというコレ。

    なんておいしい。
    なめらかにして濃厚で、舌にのせるとトロンととろけてうま味シットリゆきわたらせる。
    和食のお店のランチタイムの商品に、茶碗蒸しをつける、つけないで売り上げが2割は違う…、って言う人がいる。
    シットリしていてなめらかで、しかもフワッと軽い食感。
    口の中で出汁やスープに戻っていくような食べ心地って、人の心をやさしくさせるご馳走なんでしょう。
    キッシュも同じ。
    しかもここのキッシュは炒めたオニオンがタップリ入って、それが甘い。
    フルフルでなめらかなフィリングに、そのオニオンのシャキシャキが混じって食感、鮮やかにする。
    細かく刻んだベーコンが、舌にさわって脂の香りを吐き出していく。
    それもゴチソウ…、堪能す。

    b749ccc5.jpegデザートをなすショコラのムース。
    なんたるおいしさ。
    スプーンですくって舌にのせると、ブシュッとこわれる。
    舌が重みを感じぬほどに空気を含んで、しかもたちまち消えていく。
    儚くって、切なくて。

    少年の頃の恋はカルピス。
    大人の愛はムースドショコラ…、かもしれないね、どうだろう。
    甘い癖してほろ苦く、最後に酸味を残して消える。
    ほんのちょっとで酔っ払ったように気持ちが高ぶり、舌触りがなめらかだと調子に乗って過ぎてしまうと胸焼けをして後悔しちゃう。
    おいしい愛でございます。

    食後のコーヒーがついて1500円という値段は妥当。
    残念なのが、ココのコーヒーも泡がたったタイプのコーヒー。
    落としたてを瞬間冷凍して固めたコーヒー。
    それに熱湯を注いで瞬時に溶かすというモノで、最近、かなりのお店で出会うようになってしまった。
    料理にこだわってるお店がこうしたコーヒーを出す…、なんだかちょっと悩ましいけど、忙しいからしょうがない。
    そう思いましょう…、そうしましょう。
    ちなみに同じ値段で「パペットのステックフリッツ」がメニューに用意されていたのが、かなり気になる。
    ひいきにするのもいいかもしれない…、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    最近
    フレンチの記述が増えていますね。
    それもカジュアルな・・・。

    カジュアルなフレンチ大歓迎!です。
    ああ、最近ちょっと、手の込んだ食べ物から遠ざかっています。
    おいしいリエットとか、食べたいなぁ・・・。
    というか、ワインが飲みたいなぁ・・・。
    (残業中の現実逃避・・・苦笑)
    tonamさん / 2010/10/19(Tue) /
    もともと
    > tonamさん
    もともと、フランス料理は大好きなんです。
    中国料理とフランス料理が、ボクの中では好きな料理の双璧で、特にカジュアルフレンチは毎日だって大丈夫なほど。
    気持ちを前向きにしてくれる、心のご褒美って感じがしますよね。
    ここのカウンターは目の前にワインのボトルが置いてあって、目の毒でした。
    今度は夜、本当の居酒屋使いでなんて思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/19(Tue) /
    無題
    ほんと東京のランチってお得。
    ロスの友達は日本のランチの安さに感激しておりました。広島は東京に比べたらコストパフォーマンスはそれほどよくない感があります。
    キョーコさん / 2010/10/19(Tue) / URL
    おいしい競争
    > キョーコさん
    多くのお店が犇めき合って、一生懸命、競争してくれている結果だと思います。
    1000円台で本物のフランス料理が食べられる国。
    なかなか他には内容に思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/19(Tue) /
    武田そば HOME 300円の朝マック
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]