忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    有楽町で朝食をとり、そのあと近所で打ち合わせ。
    ふたつ続けてテキパキこなし、それから朝を数寄屋橋にてパックンチョ。

    pc.jpgパブ・カーディナル」って言うお店。
    ソニープラザの一階にある、正統派の英国的なるパブレストラン。
    昔、六本木に本店があった。
    吹き抜けのあるニ層構造の、まさにロンドンのパブをそのまま持ってきたって感じのお店。
    革張りの椅子、ベル・エポック風ランプや壁の意匠がうっとりするほどゴージャスだった。
    一階と二階をつなぐ狭い螺旋階段を、足元をみずササッと降りるコトができたら、あなたも見事に六本木族!みたいな感じの店でもあった。
    お転婆女子と、やんちゃ男子が夜の社交を繰り広げる場所。
    残念ながら、先日お店があったところにいったらば、跡も形もなくなっちゃってた。
    大人の遊び場がなくなってくのはさみしい限り。
    銀座のココはこぶりながらもいまだ健在。
    ロンドンパブの特徴の一つのバーカウンターがどっかとお店の真ん中にある。
    ただカウンターがあるだけじゃなく、柱が四隅にたっていて棚が上に設えられてる…、一時期、このカウンターを家の中に置きたくってしょうがなかった時期がある。

    05c468e2.jpeg真紅のベルベットの椅子に真鍮の仕切り。
    ビールにつまみの皿をおいたら一杯になる程度の控え目なサイズのテーブル。
    お酒を飲んで親密になる。
    レストランとは違ったしつらえ。
    ランチの時間。
    外から光がタップリ注ぐ昼の時間はコージーコーナーみたいな雰囲気で、パブって名前がちょっと不似合い。
    まぁ、それもよし。

    サラダとスープがまずきます。
    サッパリ味のドレッシングでスッキリ食べれるシャクシャクサラダ。
    これは普通の味だったけど、ビックリしたのがスープのおいしさ。
    ミネストローネスープ的なるトマト風味のコンソメスープ。
    刻んだ野菜がタップリ入ってて、変わっているのがガーリック風味をつけて焼いたトーストバゲットをのっけて蓋にしているところ。
    だから熱々。
    しかもバゲットがスープを吸ってまるでオニオングラタンスープのようになってる。
    ちょっとした工夫がとても気がきいていて、なんだか期待が膨らんでくる。

    1ec62bd2.jpegメインに選んだエビフライ。
    シェフサジェスチョンというコトで、お店の外にも大きな看板がでてたモノ。
    いまどきエビフライを売り物にする…、って言うのが面白くってそれで選んだ。
    パブでどんなエビフライを出すんだろうって、ちょっとドキドキしてたんだけど呆気無いほど当たり前のエビフライがやってきた。
    大きなエビを3本よりそわせるように立たせた姿はちょっと奇抜で、でもエビフライそのものはあくまで普通。
    普通ですごくおいしいフライでビックリします。
    プリプリとしたエビの食感。
    サクッと揚がった軽い仕上がり。
    タルタルソースも甘酸っぱくてタップリで、尻尾までをもカリカリおいしく食べられる。
    見事なモノです。
    揚げ物に自信をもってる洋食屋さんとか、とんかつの店で食べるエビフライよりずっとココのがおいしく感じる。
    千切りキャベツに、キュウリのピクルス。
    ご飯に飲み物が一杯ついて、1050円っていう値段が不思議なくらいにおいしい。
    パブという姿。
    数寄屋橋交差点という一等地。
    不安を煽るほどに安い値段に損してるかなぁ…、って思ってしまうほどにおいしい。
    めっけ物。

    それにしてもさすが銀座であります。
    昼からビールを飲みに来る人。
    カウンターにチョコンと座って、ビールを飲んでサンドイッチを軽く食べそれでランチをすませる人がいたりする。
    ボクの前に座ったご婦人二人組。
    一人はコーヒー。
    もう一人はカンパリソーダを飲んでいたりする…、かっこいい。
    ginza.jpg銀座という街。
    東京の街の中でも路地が多い街だと思う。
    しかもただの路地じゃなく、奥へ奥へと歩いて行くとほとんどの路地が、隣の通りにつながっていく。
    風情があって、しかもいろんな香りをもってる。
    生活の匂い、人が働く気配や料理が出来上がっていく音に香りが小さな空間に充満している…、再開発ででっちあげられた街にはとうてい真似ができないステキなところ。
    銀座の街は紅葉のスピードよりも速く、クリスマス色に染まり始めているようで、ショーウィンドーや街角にホリデーデコレーションが出来始めてる。
    バーニーズにステキなホリデーメッセージ。
    「Give Good Gift」。
    気持ちがちょっとやわらかくなる…、さぁ、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    旨そう
    久しぶりに見る
    海老の大きさ
    食べたい・・・
    下の記事のサンドイッチ
    旨そうです
    どれをもても旨そう

    私は、本の少し元気に成りました。
    先生は元気そうで・・・・・
    今年中の東京え行くつもりです。あいたいな・・・・
    問題児(岩手)さん / 2010/11/20(Sat) /
    ぜひぜひ
    > 問題児(岩手)さん
    こうしたクラシックな洋食をクラシックな場所でいただく。
    なんだかとても気持ちがよくなります。
    ぜひ、東京にこられる際にはご連絡を。
    お待ちしてます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/20(Sat) /
    冬の夜 HOME 有楽町
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]