忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    銀座で朝を始める今日、地下鉄銀座一丁目の駅の近くにある「銀座みゆき館」っていう喫茶店。
    bec54405.jpegテントにテントを重ねて張った、不思議な迫力に満ちた外観。
    この界隈はもともとオフィスビルばかりが並ぶ銀座のはずれというよりも、八重洲の始まりみたいな地味な街並みだった。
    沖縄物産館や高知の県産品を扱う店が出来て、ずいぶん色気も出来はしたけど、パリな感じのコノ店のこの外観はかなり異色で、待ち合わせの場所には結構、重宝いたす。
    ちょっと価格が高めの設定、だから余程のことが無い限り必ず座れる安心感がココを待ち合わせの場所にするいい口実になってたりする。
    朝ははじめて、今日のコト。

    6ee8b464.jpegお店の中は、厚化粧のカフェラミルとでもいいますか。
    あるいは、コージーコーナーからギラギラを引きパステルカラーのベイルをかけた、とでも言いますか。
    パリにないパリ…、それはそれでヨシでありましょう。
    ビロード貼りのピンク色した椅子に座ると、座面は浅めで自然と背筋が伸びるようになっている。
    さて朝ご飯。
    クロワッサンが朝の売り物。
    …、のようではあるけど、昨日、ほぼ完璧なクロワッサンのサンドイッチを食べてしまった。
    それで今朝は別のモノ。
    スクランブルエッグがメインの朝食にする。

    ちょっと待ちます。
    ヨーロッパ的なる時間軸にて支配されてる店なんでしょう…。
    急いだ朝には向かぬ店。
    今朝はタップリ時間があって、ボンヤリ、銀座の朝を眺めて待たせていただく。
    有楽町に電車が着く度、人がザザっとこちらに向かって迫ってやってくる。
    間欠泉のごとき規則をもった人の流れに、街が活きてるってコトを感じる。
    オモシロイ。

    やってきたのが、この一皿です。
    大きなお皿に、スクランブルエッグ。
    厚切りベーコンとグリーンサラダで一揃え。
    サラダの上に赤いトマトをいろどりにして、まずうつくしく食欲そそる。

    e2d5c121.jpegフライパンの中でやさしく、流した玉子のかたまる端をたぐって寄せて、そして固めたスクランブルエッグ。
    玉子の芯まで熱が入って、外はカッチリ。
    中はフックラ。
    上手にやけてる。
    ところどころにこげ色がつき、そこが甘くて香ばしい。

    基本的に塩の味だけ。
    そこにケチャップをポテンとのっけて、酸味と甘みをくわえて食べる。
    朝の味が口の中へとやってくる。
    厚切りベーコンは日本的なる焼き加減にて、脂がジュワッと口に広がる。
    それを野菜がぬぐってスパッと、朝の口をさわやかにする。

    そしてトースト。
    ほんの少しのシナモン臭がふんわりただようバタートースト。
    モッサリとして粘りけのある甘いパン自体は得意じゃない。
    しかも生焼け。
    食べてるうちにネトネト歯茎にからみつく。
    耳が硬くて、絶望的においしくないのがなさけなく、だから最初に外して食べる。
    お行儀悪くてごめんなさい…。
    パンの中まで染み込んだ、ひんやりとしたバターの風味にちょっと救われ、なんとか一枚、食べきった。

    2f645fcc.jpegそれにしてもこのお店。
    テーブルの上がとても賑やか。
    ナイフフォークにシュガーポット。
    ナプキン、オシボリ、グラスの下にはオリジナルデザインのコースター。
    かつて喫茶店に入れば必ずこれだけのモノが当たり前のように出てきた。
    今では稀。
    それをキチンと守ってる…、だからこうして生き残っていけるんだよね…、って思ったりする。

    特にアイスティーにレモンをしぼるための道具。
    鳥の形で尾っぽの部分を押すとジュワッと、レモンの汁がたれだしてくる。
    昔、喫茶店で唐揚げなんかをたのむとこうしてやってきた。
    最近、まるで見かけなくなり、なのにこんなところでこうしてシッカリ、生き残ってる。
    紅茶にレモンを入れる習慣はない…、けれどなんだかうれしくてお水にチュチュっと搾って飲んだ。
    ちょっとオシャレな味がした。

    もともとコノ店。
    モンブランで有名な店。
    ボクのあとにやってきたアラ還紳士が、モンブランにカフェオレたのんで、新聞片手に朝としていた。
    モンブランは苦手なボクも、そのかっこよさにウットリしました。
    しかもモンブラン。
    朝の頭に必要な糖分、それから良質の食物繊維が豊富でもある。
    案外、朝のご飯として理にかなってるかも…、って思ったりした、さて、仕事!



    関連ランキング:カフェ | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ローヒールとモンブラン
    私、みゆき館のクロックムッシュが大好きなのです。
    ですが、なぜかこの店のクロックは味が違う……。
    店がオープンした時に頼んで不思議に思い
    「他の店と違うレシピですか?」と尋ねたところ
    尋ねたのですが「同じです」との答え。

    それから2回続けて食べましたが
    やはり完全に別物のような……。
    他の店のクロックはほのかにマヨネーズなのか、
    それともマスタードか、ほんのり酸味があって
    それがとろりととけたチーズと相まって
    一口食べるだけで、気分があがるんですけどね。
    この店のは、それがないんだな〜。
    レシピが違うとしか思えないんだけど、七不思議。

    ってなわけで、この店では
    クロックムッシュを
    頼まないことにしております。

    でも、
    和栗のモンブランは
    美味しいですよね〜。

    このあたりよく通るので
    ちょっと甘い物が欲しい時
    ここでモンブランを食すか
    もう少し歩いて歩いて、
    ウエストでシューを食すか
    大いに迷います。
    ヒールが高い日は、モンブラン、
    低い日は、シュークリーム。
    そんな感じでしょうか。

    garpさん / 2011/09/06(Tue) /
    他のお店
    > garpさん
    そのクロックムッシュ。
    食べてみたいです。
    他のお店を訪ねてみます。
    どうしても目立った場所で待ち合わせしやすいもので、この店ばかりを使ってしまうのですけれど、他のお店。
    ぜひぜひ。
    ステキな情報、どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/06(Tue) /
    無題
    このお店、ルミネ立川にも入っていて、母のお気に入りです。
    モンブランが有名とは知りませんでした。
    モンブラン大好きっ子なので、今度行ってみようかな(*^o^*)
    lovekuma69さん / 2011/09/07(Wed) /
    モンブラン
    > lovekuma69さん
    一時期、銀座で一番おいしいモンブランを売り物にしていた記憶があります。
    モンブランは苦手な食べ物なので、確かめることができないのがちょっと悔しく、ぜひ、食べてどんなだったか教えてください!
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/07(Wed) /
    ケンタッキー HOME ハッピーに…、夜!
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]